ツボにおいてじんわりほわーっと。お灸でカラダのめぐりを良くしよう。

2019 / 03 / 15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

せんねん灸 銀座ショールーム 福森智代(ふくもりちよ)さん

生理痛、頭痛、肩こり、冷え症。女性特有のこんな症状や悩み、ありますよね。でも薬に頼らず、病院にもできれば行かずに行けるのであればいいなあ…。なんて思うことありますよね!
今回はそんな悩みをもしかしたら解決してくれるかもしれない救世主を紹介します◎
皆さんも一度試してみる価値ありです!

お灸でこころもからだもほっと一息

お灸ってそもそもなに?

福森さん
お灸は、“もぐさ”と呼ばれる乾燥させたヨモギの葉っぱの裏にある、綿毛を集めたものから出来ています。“もぐさ”は、火をつけても炎を上げずにゆっくりと燃える性質を持っています。この火持ちの良さが“もぐさ”の特徴でもあります。ゆっくりとじんわり温め、カラダの治癒力を高めてくれます。
また、お灸の温熱はツボに置くことでより効果的にカラダに働きかけます。

なるほど!でも、若い世代がお灸を使うイメージがあまりないです…。

福森さん
実は、今は若い女性の方にとても人気なんですよ!昔と比べて、仕事をされている女性の方が多いので、カラダの不調を感じる方も多くなっている印象を受けます。女性の方ほど冷えを感じやすかったり、生理痛などの特有の悩みを持っていると思います。ただ、病院に行ったり、薬に頼るのではなく、なるべく自然のものでケアをしたいという方も多く、そういった点からお灸が注目されているように感じます。

確かに、女性としては病院や薬に頼らずとも症状が改善されるのはうれしいです。

福森さん
お灸はそもそも東洋医学に基づく治療法です。東洋医学には「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」という考え方があり、「気」は生きて、動かす力のことです。「血」はその名の通り血液や血流を指しますが、そのものを指すのではなく血液や、血流の機能を含めたはたらきを言います。「水」は水分と水分がもたらす機能を含めたものをいいます。私たちは意識しなくとも、呼吸をしたり、食べたものを消化できるのは、「気」が「血」と「水」を動かしてカラダをめぐり、内臓を動かしているからです。

この3つのバランスが上手く整えられている状態を東洋医学では「健康」と言います。

お灸のHOW TO

お灸の使い方を教えてください!

福森さん
かしこまりました。初めての方でも簡単にできるので、やってみましょう!
せんねん灸からは2タイプのお灸が出ていて、火を使うタイプか使わないタイプがあります。今回は両方試してみましょう。

火を使わないタイプ

こちらは中に発熱材が入っています。

シールをはがすと発熱して、温熱がもぐさのシートを通してじっくりと皮膚に伝わります。

シールタイプなので簡単にポンと貼るだけでOKです。

今回は肩井(けんせい)と呼ばれる肩こりや上半身の血流を良くするツボに貼ってみましょう。
約42度の温熱が3時間続きます。体肌質によっては、低温やけどの可能性もあります。初めての方は20~30分程度で別の場所に貼り替えてください。また、汗をかいている時、寝ている間は使用を避けてください。

火を使うタイプ

1.まずは自分の好みのお灸を選びましょう。

初めての方には、「はじめてのお灸moxa」か「せんねん灸アロマきゅう」をおすすめしています。
温熱レベルが一番低いので、初めてで、自分に合う温度が分からない方にまず使っていただいて、温度を確かめる意味でも初めはこれらの種類をおすすめします!

2.ツボを探す

今回は万能のツボと言われる合谷(ごうこく)にお灸をおいてみましょう。
合谷は、人差し指と親指の骨と骨つなぎ目の部分になります。触った見て少しくぼんでいるところがツボです。

3.火をつける

台座のウラのシールをはがし、指先にのせます。ライターを縦に持ち、お灸の方から炎に近づけ、火をつけます。※ライターを近づけてしまうと、火がつきすぎてしまう恐れがあります。

4.火が消えるのを待つ

火をつけ、ツボにポンとおき、火が消えるのを待ちます。途中で熱くなったり、ピリピリと感じる際はすぐに外してください。

5分ほどじんわりとした温かさを感じた後、台座が冷め触れるようになったら、台座を指先でつまみ、台座をひねるように回しながら取り外します。

先ほど言っていた温熱レベルというのは効果が変わるのですか?

福森さん
先ほどお灸には温熱レベルがあると申し上げましたが、温熱の感じ方は人ぞれぞれ違いますし、気候や季節によっても違うため、すべてのお客様にお使いいただけるよう、様々な温熱レベルをご用意しています。そのため、温熱レベルが違うからと言って効果が変わるというわけではありません。

基本的につけて気持ちいいと感じる温度が最適な温熱レベルです。お灸は1日1回。ツボの数は3箇所程度から始めてください。
注意事項としては、ご入浴の前後、食事の前後は避けていただき、お灸をつけている最中に熱さを感じたらすぐに外してください。

まずは、心地よい暖かさを探すところからですね!


福森さん
そうですね。お灸も初めての方でも使いやすいように、どんどん変化していっています。
よくカイロと何が違いますか?と聞かれるのですが、お灸はツボに置くことで、表面上だけでなく深部まで温め、カラダのめぐりを良くします。血流の滞っている部分をピンポイントで温めることができます。
どのツボに置けばよいか分からないという方には、せんねん灸のHPで紹介しているので、参考にしていただけたらと思います。
とっておきの13のツボ
つらいときはこんなツボ

取材を終えて

生理痛や頭痛など、女性が特に悩まされる症状も薬を使わずとも、改善できるのであればうれしいですよね!皆さんもお灸でココロもカラダも健康になりましょう!

【今回お話を伺ったのは】
せんねん灸 銀座ショールーム
福森智代さん
銀座ショールーム 東京都中央区銀座5丁目10-9 銀座YKビル1F
お問合せ 0120-78-1009(受付時間 午前9:00~午後5:00※土・日・祝日は休みとさせていただきます)
せんねん灸のHPはこちら

ライター・カメラマン/小宮しほり(しほりん)

都会育ちのミーハーガール!スキマ時間はひたすらインスタ。でも好きな食べ物はカリカリ梅。
WIZOOM編集部の末っ子しほりんです!

【小宮しほり(しほりん)】の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP