達成感がクセになる!編み物はじめたら色々はかどりそうじゃない?

2019 / 02 / 25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

丸安毛糸株式会社 ヤーンアドバイザー 織田 博史さん、大久保 千聖さん

皆さん、編み物ってやったことはありますか?「お母さんがやっていたなぁ」と懐かしく思う方も多いかもしれません。編み物って、既製品ではなかなかできない、自分の好きな色、好きな柄を自分で作れちゃうと思うと、素敵な趣味だと思いませんか!?
今回は、丸安毛糸株式会社の織田さんと大久保さんに、編み物の面白さについてインタビューしてきました。

”手編み愛”から生まれたブランド『60ろくまる』

『60ろくまる』とは、どんなブランドですか?

大久保さん
丸安毛糸は、アパレルブランドに糸を卸しています。ブランドや百貨店のお客様とお付き合いをさせていただき、創業60年を迎える、2015年に立ち上げたブランドです。
織田さん
丸安毛糸の中でも、この『60ろくまる』というブランドは、大久保が突然「手芸のブランドを作りたい!」と提案してくれたアイデアなんですよ。手編みが好きな人のために丸安毛糸の毛糸を使ってもらうことで、手芸好きの方にも注目していただきたいという思いと、面白そうだからやってみたいというチャレンジ精神から立ち上げに至りました。

そのアイデアは、どこから沸き上がったのですか?

大久保さん
私は幼少期に、母親や祖母と手編みを一緒にやっていました。そういった経験を、もっと多くの人にしてほしいという思いが強かったんです。
織田さん
今の10代や20代の親御さんは、手編みをはじめとする手芸を経験していない方もいらっしゃると思います。若い世代にも手編みの楽しさを知ってほしいですね。
大久保さん
手編みとか手芸って、教えてくれる人が近くにいないこともありますよね。興味はあるけれどやったことがないという人も、『60ろくまる』を使って編み物に触れてほしいですね。

「世界が認めた毛糸」を使っているんですね。

大久保さん
丸安毛糸はこれまで、高級ブランドに取り扱っていただいていたことから「世界が認めた毛糸」として打ち出しています。
『60ろくまる』についてはこちら

編み物初心者大歓迎!『60ろくまる』の編み物教室

編み物教室も開催されているんですね!

大久保さん
そうなんです。これも『60ろくまる』の活動の一部です。編み物をやったことがない初心者の方も、手ぶらで参加していただけるコースから、上級者向けのコースもあります。
織田さん
上級者向けのコースでは、編みかけで分からないことがあったときに利用される方もいらっしゃいますね。

どんなきっかけで参加される方が多いですか?

大久保さん
趣味の一環として始めたいという方が多いです。糸と道具だけで、場所を取らずにいつでもできるので、編み物は始めやすい趣味だと思いますよ。
イベントや店舗で材料を見て使ってみたいという方もいらっしゃいます。
また、クリスマスシーズンなど誰かにプレゼントしたいという理由で始める方もいらっしゃいますよ。

やはり、女性の参加者が多いのですか?

大久保さん
ほとんど女性ですね。一人で参加される方が多いです。
織田さん
一度「男子会」をやったことがあるんです。コースターを編んで、出来上がった人からその場でビールをグラスに注いで、コースターを使ってもらうというユニークな会でした(笑)。
編み物は女性がやるもの、というイメージが強いのですが、男性も楽しんでやってくれたのが嬉しかったです!
『60ろくまる』編み物教室についてはこちら

毎日コツコツ、大切な人のために。

編み物って、結構時間がかかりますよね…。

大久保さん
例えば、マフラーを編むとしても毎日1時間ずつやれば1ヶ月かからずに作れちゃいます。毎日、空いた時間にコツコツやると完成するので、空いた時間に何か新しいことを始めたいな、と思う方にはピッタリだと思いますよ!
織田さん
編み物だと、柄や色、サイズなどオリジナルのものができるので、完成したときの喜びは大きいですよね。自分や贈る相手のための、オンリーワンの作品を作ることができます。
自分で作れるようになってしまえば、もしかすると既製品を購入するよりもお得かもしれないですね(笑)。

誰かのために作ることも、編み物の魅力ですよね。

大久保さん
そうですね!私自身も、最初は母親に編んでもらった物がお気に入りだったこともあって編み物を始めました。小学生の頃からとにかく編み物が好きで、友達から「こんな物を作ってほしい!」とお願いされて編んであげたりしていましたね。専門学校も服飾の学校に行き、ニットの勉強をしていました。
同じように、ご家族からやお友達、恋人など…人に編んでもらうことで編み物の良さがどんどん広がっていくんじゃないかと思っています。

編み物文化を届けるために、他にどのようなことに取り組んでいますか?

織田さん
手芸のイベントに参加したり、自分たちでキットを作って販売しています。
大久保さん
他にもブログで編み物やニットについて紹介しています。編み物をしていない人も、知っておくと「なるほど」と思える情報がたくさんなので、是非ご覧ください!
丸安毛糸株式会社 ブログはこちら

取材を終えて

若者の趣味としてあまりイメージがなかった編み物。自分にしか作れない物をコツコツ作れるのは、ちょっとした時間で何かを始めたい人にとってはピッタリですね!
「どんなものが作れるんだろう?」気になったあなたは、『60ろくまる』の公式サイトをチェックしてみてください!

【今回お話を伺ったのは】
丸安毛糸株式会社
ヤーンアドバイザー 織田 博史さん
ヤーンアドバイザー 大久保 千聖さん

所在地:東京都墨田区両国3-21-5
丸安毛糸株式会社 公式サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP