時間のプレゼントをしてみませんか?WEDGWOODで最高の“家時間”を。

2019 / 02 / 12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フィスカースジャパン株式会社 芦田直子(あしだなおこ)さん

普段使うティーカップや、マグカップ。そこまで気にしないという方はたくさんいると思います。でも…いつもの日常をマグカップを変えるだけで少し気分を変えられるとしたらとてもうれしいですよね!そんな明るい気分にさせてくれるブランドWEDGWOODについて、お話を聞いてきました。

憧れのブランドであり、愛され続ける

WEDGWOODはどのようにして生まれたブランドなのですか?

芦田さん
WEDGWOODは、イギリスで生まれたブランドで、ジョサイア・ウェッジウッドという人物が設立したブランドです。実は、このウェッジウッドという天才が、ブランドを立ち上げただけでなく様々な活動にも尽力した人物なんです。陶器を作る職人としての才能だけでなく、科学者であり、実業家であり、奴隷解放運動などにも貢献した人物です。ちなみに孫はあの進化論の立役者チャールズ・ダーウィンです!

歴史を作ってきた人だったのですね…。


芦田さん
そうなんです。2019年はWEDGWOODの260周年になります。ただ、この重ねてきた年月はただ長いから素晴らしいのではなく、そこで培ってきたものを皆様に届け、愛されていることが素晴らしいのだと思います。そのため、変わらないようで、時代によって変化もしてきているんです。

ずっとあるブランドだけれども、変わらずに愛されていることがやはり素敵ですよね…!

芦田さん
そうですね。「大人の女性の憧れ」とおっしゃっていただきありがとうございます。いつ見ても素敵だなと思える柄だったり、フォルムだったり、そういったデザインがWEDGWOODの名前と共に愛されているのだと思います。

WEDGWOODでは、「タイムレスラグジュアリー」という表現を使ったりしておりますが、時を経ても変わらなく、現代の人が見ても見劣りしないようなところがWEDGWOODの揺るがない部分です。

最高の”家時間”が見つかる

ウェッジウッドの商品をどんな風に使っていただきたいなと思いますか?

芦田さん
まずは、自分の気に入ったデザインを手に取ってください。ウェッジウッドショップでは、販売員にお気軽にご相談いただけますよ。基本的には室内で使っていただく商品なので、洋服のように人の目に触れるわけではありませんよね。ただ、WEDGWOODを使うことによって、背伸びした気持ちだったり、わくわくした気持ちだったり、単なる機能だけではなくて、気分まで味わっていただける楽しみがあります。
忙しい日常では、ゆっくりしたり、ほっとできる時間がなかなか作れないと思います。そんな中で、WEDGWOODを使っていただければ、最高の”家時間”を見つけることができるのかと思います。

最高の”家時間”。日常にほっとした時間が作れると心に余裕が出来て、すごくいい気がします!

芦田さん
家で紅茶を飲む時間を作るだけで、ほっと出来ますよね。そんな”家時間”を誰かに何かをしてあげたい時に、プレゼントできることはもっと素敵だと思いませんか?WEDGWOODは、デザインのプレゼントだけでなく、時間のプレゼントでもあるのかなと思っています。

WEDGWOODとして、商品を必要とされていないとお客様の価値ではないと考えております。何が必要なのか考えたのですが、私たちができることは、最高の”家時間”を提供することなのではないかと思っています。

最近当社が行った夫婦を対象とした調査で、家でリラックスできる時間が足りている女性の方がパートナーに対して評価点が高かったり、夫婦仲に対する評価も高いことが分かりました。
この調査の背景には、弊社の社員で仕事で疲れて帰ってきているのに「家事をやって」と言われるのが辛いと言った男性がいます。そんなストレスを解消する方法を考えた時に、「奥さんにいい思いをしてもらったらいいのでは?」という仮説を個人的な体験から立てました。

「いつもありがとう」を伝えたいあの人に、ティータイムを贈ろう。

なるほど…確かに家に帰ってお互いイライラするのって嫌ですよね。これは夫婦に限らず世間のカップルにも当てはまりそうですね!

芦田さん
そうですね。夫婦だけでなくカップルの方にも、親子や友達にも当てはまるかもしれません。
普段なかなかきっかけがなくできない事でも、WEDGWOODの食器をあげるだけでなく、お茶を淹れてあげるといった行為も自然と発生するので、そこにも価値が生まれてくると思います。言葉で伝わらなくても、行為を通して伝えられると思えると嬉しいですよね。

もっともっとたくさん使ってほしい

WEDGWOODを使う時少し緊張してしまいます…(笑)

芦田さん
そうなんですね…。こちらとしては、しまい込むのではなく、毎日使い倒してほしいと思っています!毎日クローゼットとにらめっこして服を変えるのと同じように、気軽に「今日はこの気分」と思う風に日常的に使っていただきたいです。

意外と知られていないのですが、WEDGWOODの食器はとても丈夫なんです。マグカップよりももっと小さいエスプレッソカップ4つで高級自動車1台を支えられるくらいなんです!
こういった点ももっと知っていただいて、WEDGWOODだったら間違いないと言っていただけるようにこれからもお客様に様々なご提案をしていけたらと思います。

取材を終えて

私自身、WEDGWOODのマグカップを愛用させていただいています。最高の“家時間”を過ごせるアイテム。皆さんもWEDGWOODで見つけてみては?

【今回お話を伺ったのは】
フィスカースジャパン株式会社
芦田直子さん
電話番号 03-6380-8159(土日祝日を除く、平日10:00〜18:00)
ウェッジウッドのHPはこちら

PICK UP