裏表はっきりさせようよ。あのチップスターだってちゃんと表があるんだからさ。

2019 / 03 / 27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヤマザキビスケット株式会社 マーケティング部 商品開発課 臼田 拓史さん

円柱型の赤いパッケージに、なんだかクセになる味…皆さん小さい頃から一度は食べたことがある、チップスター。パッケージや美味しさの秘密は、こだわり抜いた”シンプルさ”にありました!
今回はヤマザキビスケット株式会社の臼田さんに、知っているともっと美味しくなる、チップスターの魅力をインタビューします!

40年のロングセラー、チップスター

チップスターは成型ポテトチップなんですね。成型ポテトチップってどんなものなのですか?

臼田さん
皆さんが普段良く食べているポテトチップは、ジャガイモをスライスして作っているものが多いですよね。成型ポテトチップは乾燥した粉末ジャガイモをシートにして、型抜きをして形を作っています。イメージとしては、クッキーの作り方と似ていますね。
2016~2017年の北海道台風の影響で、ジャガイモの供給が激減しポテトチップの生産ができなくなったのは覚えていますか?チップスターは原料を輸入しているので、あの時も安定した供給ができ、近年では皆さんの目に留まる機会が多くなったと思います。

チップスターって、なぜ円柱型のパッケージなんですか…?

臼田さん
チップスターの特徴である形の揃ったきれいなポテトチップスを保つ、つまりかたくずれを防ぐためです。さらに、円柱型の紙箱とアルミパックの二重包装にすることで、湿気と紫外線を防ぐことができ、高品質を維持することができるんです。
また、カバンに入れてもかさばらないし、車のドリンクホルダーにも入るので携帯性に優れていて、お出かけの際のおやつとしてもいいですよね。

誕生から約40年、チップスターの「転機」のようなものはありましたか?

臼田さん
僕が思う転機は、パッケージが紙製に統一したことだと思います。以前はキャップがプラスチック製だったのですが、環境への配慮からすべて紙でパッケージを作りました。

チップスターにしかない魅力って、何だと思いますか?

臼田さん
シンプルさ、ですね。先ほどお話したパッケージも含めて、今のチップスターはシンプルさを追求した形だと思います。シンプルだからこそ、飽きない味が愛されて40年のロングセラー商品になっているのではないでしょうか?
その分、日本で初めて成型ポテトチップを開発するにあたって、余分なものを入れずに作ろうと思うと、かなり苦労したのではないかと思います。
よく見ると分かるのですが、パッケージデザインも中身のイメージが湧くようにシンプルにしていますよ。

知って楽しい、食べてもっと楽しい!

臼田さんの“推し”チップスターは何ですか?

臼田さん
『のりしお』です!袋ポテトチップは、表面に味を付けているので歯に海苔がついちゃいますよね…チップスターは、生地に海苔を練りこんでいるので、食べても歯に海苔がつかないんですよ。

それは嬉しいポイント!

臼田さん
僕はチップスターに限らず、のりしお味のポテトチップが好きなのですが、チップスターは一番気軽に食べられます(笑)。チップスターは、フレーバーを生地に練りこんで作っているので、袋ポテトチップと比較して手がベタベタせず、食べやすいのもポイントです!
臼田さん
実は…チップスターには表裏があるってご存知ですか?
チップスターは、型抜きしてあげた後、片面に味を付けています。カーブの内側に味がついているんですよ。

そうなんですね!知らなかった…

臼田さん
そうなんです。どちらを上にして食べるかで少し風味が違いますよ。面白いですよね!

このパッケージだと、食べきらなくても蓋ができますよね!

臼田さん
そうなんです。開けた後もしっかり蓋を閉められるような構造を開発するのが大変だったようです。しっかり蓋がついているので、ちょっと開けにくいかもしれませんが…(笑)。

期間限定の味など、色んな味を発売されていますよね!

臼田さん
若い方にも「食べてみたい!」と思っていただけるように、ポテトチップに関わらず今流行しているお菓子や料理のフレーバーを取り入れています。
色んなフレーバーも美味しくて楽しいですが、やっぱり『うすしお味』『のりしお』『コンソメ』のシンプルな美味しさに帰ってきちゃうんですよね(笑)。それもチップスターの良いところだと思います。
成型ポテトチップの市場が大きくなっていて、以前は食べていたけれど最近離れてしまった人や、これまで購入したことのない人も手に取ってもらえるようになりました。だからこそ、新しい味でチップスターをより楽しんでほしいと思っています!

目指すは“お菓子界のスター”

今後も様々なスナック菓子が販売されるにあたって、チップスターはスナック菓子業界の中でどんな存在でありたいですか?

臼田さん
「ポテトチップのナンバーワンになりたい」という思いのもと、チップスターは生まれました。これからも、ポテトチップ界のスター的存在を目指していきたいです!
お菓子を食べるときって、楽しい気持ちになりますよね。チップスターと一緒に楽しいひと時を過ごしてほしいです!

取材を終えて

小さい頃から、ふとした時に家に置いてあったチップスター。何故だかクセになる特徴的な味には、シンプルさを追求したこだわりが詰まっていました!
お友達と集まる時、お出かけするとき…チップスターと一緒なら、きっと気分も弾むはず◎

【今回お話を伺ったのは】
ヤマザキビスケット株式会社 マーケティング部 商品開発課 臼田 拓史さん
所在地:東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル40F
ヤマザキビスケット株式会社 公式サイトはこちら
チップスター 公式ページはこちら

ライター・カメラマン/日原多瑛子(ひーちゃん)

BUMP OF CHICKENとディズニーを愛する、“関西弁と標準語のハイブリッド”なWIZOOM編集部のお姉さん。よさこいとライブにかける情熱は学生時代と変わらず今も健在です。
日常生活の中で疑問に思ったことを解決し、皆さんにシェアします!

【日原多瑛子(ひーちゃん)】の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP