【救世主あらわる】糖質を軽減したケーキが普通に美味くて感動しました。

2019 / 04 / 04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

株式会社ドンレミー 企画課 友原 裕子(ともはら ゆうこ)さん/土屋ひろ美(つちや ひろみ)さん

皆さんは糖質を気にしたことがありますか?ダイエットをしている方に取ってはよく耳にする成分かもしれませんが、糖質を過剰に摂取することは、健康面においても糖尿病や生活習慣病の原因になるそうです。ただ、ダイエットや健康のためと言っても、食べたいものを我慢しすぎるのは苦しいですよね。「甘いものを食べたいけど、糖質が、、、」そんなことを考えている方に朗報です!スーパーやコンビニでお馴染みのドンレミーが糖質を軽減したケーキを開発。これがあればもう無駄な我慢は不要!今回は、糖質を軽減した「糖質コントロールシリーズ」について、開発までの経緯や味わいについて伺ってきました。

糖質10g以下のケーキ

「糖質コントロールシリーズ」とは、どういったものなのですか?

友原さん
ご自身で糖質をコントロールしながら召し上がっていただけるデザートです。本来、ケーキは小麦粉や砂糖を使っているので、糖質は非常に高いです。
そこで「糖質は気になるけれども、甘いものは食べたい」という方に向けて、糖質をわかり易く明記し、ご自身で糖質をコントロールしながら召し上がっていただきたいというコンセプトを持っています。もちろん糖質を明記するだけではなく、全スイーツ糖質10g以下で提供させていただいております。

それは画期的ですね!なぜ10g以下に設定したのですか?

土屋さん
糖質を摂りすぎると、血糖値がグッと上がり、インスリンが分泌され、体に脂肪を蓄えてしまう原因になるのですが、10g以下であれば緩やかな上昇に抑えることが出来るため、10gという数値を1つの目安とさせていただきました。

ダイエットしをている方には強い味方ですね。ケーキと糖質は切り離せない関係にあると思うのですが、開発には物凄い苦労があったのですか?

土屋さん
そうですね。いくら糖質を抑えたとしても、ケーキとして美味しくなければ、リピートして購入いただけないですからね。美味しさを追求しつつ、糖質を抑えることには時間がかかりました。基本的に、砂糖、小麦粉、は糖質の塊のようなものなので、甘さをしっかりと担保しつつ、作り上げることって結構難しいんですよ(笑)。

どのようにして作り上げていったのですか?

友原さん
体に吸収されにくいエリスリトールという糖を代替として使用させていただいております。ただ、一番苦労したのがスポンジ部分です。こちらの糖質コントロールシリーズは小麦粉を極力減らしてはいるのですが、そうすると物流にのせてお客様の手元に届くまでに形をとどめておくことが難しいんですよ。

土屋さん
糖はデザートにおいて甘さを付け加える他にも、デザートの形状を維持する上で大切な役割を果たしています。形状をキープさせるためにも、専用の材料を使用し、その分量を調整したりと試行錯誤を繰り返しました。

その試行錯誤を繰り返すだけでも、物凄く開発に時間がかかりそうですね。

友原さん
通常の製品であれば、最短で1カ月もあれば、開発を終えスムーズに販売まで進みますが、しっかりとした味わいに仕上げるだけで数カ月要しました。その後、形状を崩さず量産が可能かどうかを工場でテストを繰り返したので、糖質コントロールシリーズの開発には長い時間を費やしてきました。

糖質カットでも本当に美味しい

様々な困難を乗り越えて開発された糖質コントロールシリーズですが、やはり味わいには自信がありますか?

土屋さん
もちろんです!弊社では通常のケーキももちろん販売しているのですが、味わいは通常のケーキと遜色ないレベルに仕上げています。クリームのくちどけやスポンジのしっとり具合も糖質が抑えられていることを感じさせない程の完成度なので、是非1度召し上がっていただきたいです。

近年、健康に対する機運が高まってきているように感じるのですが、糖質コントロールシリーズの販売数も同様に伸びているのですか?

友原さん
こうした製品はある程度、ターゲットを絞って販売しているので、「大ヒットする」ということはなかなか難しいのですが、それでもジワジワと販売数が伸びてきています。1度召し上がられた方がリピートをしてくださっているようで、少しずつ口コミでも広がってきています。
健康ブームは一過性のものが多いということもあって、こういった定番と言い難い製品は、スーパーやコンビニでも1カ月で陳列が終了になる場合が多いです。しかし、こちらの糖質コントロールシリーズは、月をまたいでも販売してくださっているので、単なるブームだけでなく市場に定着してきたように感じます。

どういった方がこの製品を購入されているのですか?

友原さん
スーパーで手に取ってくださる方は30~40代の女性が多いです。ただ近頃、SNSを見ていると20代など若い世代も購入してくださっているようで、世代問わず健康に対する意識が向上してきている結果のような気がします。

今後、糖質コントロールシリーズどういった展開をしていくのでしょうか?

友原さん
糖質コントロールシリーズとしても、ケーキのバリエーションを増やしていきたいです。他にも、糖質だけでなく、筋力アップを目指している方に向けて、プロテイン配合のケーキを作ってみたり、腸の働きを整えたいという方には乳酸菌を含んだケーキを作るといったようにお客様のニーズに合わせて、ドンレミー独自の製品を開発して、更に差別化を図っていきたいと考えております。

取材を終えて

糖質がカットされたケーキということで、食べてみる前は「本当においしいの?」と不安を抱いておりましたが、実際に食べてみると、しっかり甘く、口どけも滑らかで驚きました。開発までにも相当な時間と技術を要したということで、今後のシリーズ展開も楽しみでなりません!

【今回お話を伺ったのは】
株式会社 ドンレミー 友原 裕子さん/土屋ひろ美さん
所在地 〒120-0034 東京都足立区千住 3-40-2 ホテルココ・グラン内
ドンレミーの公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP