使いやすさ お墨付き◎これ持ってる女子絶対料理できるでしょ!

2019 / 01 / 31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

AGCテクノグラス株式会社 平山恵子(ひらやまけいこ)さん

皆さん、作り過ぎた晩ごはん、お弁当のおかず、どうやって保存してますか?
最近インスタでも注目を集めているガラスの保存容器。見た目のシンプルさと機能性に、一度使ったら手放せないという方が多いようです!
今回は、そんなガラスの食器を作っているAGCテクノグラス株式会社の商品を紹介していただきました!

135年の歴史と技術

“iwaki”のブランドはどのようにしてできたのですか?

平山さん
“iwaki”は、2018年で135年の歴史を持つブランドとなりました。
日本では、一番古い洋式ガラスを製造する民間企業として岩城滝次郎という人物が、東京の京橋で操業を開始しました。

当時は、信号のレンズなどの光学ガラスを作りながら、食器を作っていました。
1970年に耐熱ガラスの製造・販売を開始した頃は、ベーキングウェアと呼ばれるケーキ型やボウルなどをメインに販売していました。
1980年代に入り、食のスタイルが変化してきたこともあり、電子レンジで温められる耐熱ガラスの商品が人気となってきました。
現在は、AGCテクノグラス株式会社の中の “iwaki”というブランドとして商品を展開しています。

長い歴史の中でその時代に合わせた商品を作りだしているんですね!

平山さん
そうですね。その時代によって必要とされる商品は変わります。
これからも日常の中にで生活を楽しめる、少しでも明るくなるような商品を届けていきたいです。

保存容器をうまく使いこなしてかしこく便利に◎

保存容器の『パック&レンジ』のシリーズについて教えてください!

平山さん
はい!『パック&レンジ』のシリーズは約30年前くらいの1988年に登場し、ロングセラー且つとても人気の商品です。
名前の通り、パックもできてレンジもできる商品で、シンプルなデザインになっています。
実は、発売当初は売れていなかったようで、テレビ通販をきっかけに多くの方に知っていただけるようになったんです。

そうなんですね!確か実家で使っていました!

平山さん
ありがとうございます!実は若い方だと「実家で使ってました!」という方が多いんです。そこから一人暮らしや結婚を機に買い足す方もいらっしゃいます。ご家庭でそれぞれオリジナルの使い方をしていただけていると思います。

パック&レンジにはどんな魅力がありますか?

平山さん
まず何よりはその名の通り、保存もできてレンジでもOKな点です。また、角型の容器はオーブンにも使えるのでレンジで温めてからオーブンやトースターで焼き目をつけて時短料理を作ることも出来ます。
iwakiでは、“2段階調理”と呼んでいます。

また、パック&レンジは日本人のライフスタイルに合っているのかなと思います。
海外では4点を固定する、密閉式の保存容器をよく見かけますが、日本人にはあまり好まれない傾向があります。iwakiのパック&レンジは簡易的な蓋で洗いやすくなっています。
日本人は他の国と比べても清潔感を大切にしたり、衛生面を気にしたりするところがあると思います。
iwakiの商品は日本人が開発しているので、日本人が気になる部分を解消できる商品として、支持していただけているのかなと思います。

なるほど~確かに衛生面はすごく気にします!簡単に洗えるのはとても助かります。でも保存容器っていろんなものを入れるので匂いや汚れが気になるところですよね…

平山さん
そうですよね。でもiwakiの保存容器は、「耐熱ガラス(ホウ珪酸ガラス)」と呼ばれる理科の実験などでも使われるガラスを使っているので、匂いや汚れが付きにくく落ちやすいんです。
カレーやニンニクなどの匂いが落ちにくいものであっても大丈夫です!

意外と知られていないのですが、iwakiのパック&レンジは冷凍もできるんです。なので食べ残ったカレーをごはんの上にかけてそのまま冷凍し、食べる際はレンジで温めるだけでお皿に移すこともなく、手間を省けます。

冷凍できるのであれば、余り物の保存の仕方も工夫できますね!

平山さん
そうなんです。皆さん働かれていたり、育児をされていたり「忙しさ」からなかなか逃れられないですよね。生活の中を少しでも楽に出来たら何よりだと思うので、うまく活用して普段の生活に少しでもゆとりができればいいですよね!

アレンジ+レンジでチン!

パック&レンジ以外に簡単に使える商品を教えてください!

平山さん
はい!
2012年に販売をスタートした“アレンチンシリーズ”は調理器具としても使えて、そのままお皿としても使えるので20代の忙しい方にもおすすめです!
この商品は、2000年代に入って核家族化が進み、料理本のレシピも4人分から2人分に自然と変化していったような時代に、パパっと2~3人分の料理を作れる商品があればというところから始まりました。
開発メンバーも若手が中心となっており、「洗い物を増やしたくない!」「手間はかからないけれど、おもてなしの料理も作りたい。」といった要望をすべて詰め込み、調理~食事までこれひとつで完結できる商品になりました。

普段使いもできて、お客様が来た際のおもてなし料理も作れる、とっても便利な商品です。
また、底が深めのタイプはお米も炊けるので、ショウガやニンニクなどの炊飯器ではなかなか炊けない、ご飯も炊けちゃいます!

蓋や取っ手がシリコンになっているので、ガタつきにくく、シリコンの部分は加熱後でも取り出しやすいです。

なるほど!これひとつで完結できるって忙しい方にはもってこいですね◎
個人的にアレンチンシリーズのスープマグが気になっていました!

平山さん
スープマグはオフィスで使うことも想定していて、お弁当にプラスでお味噌汁が飲めたらいいなと思い、おすすめしています。
蓋つきなのでラップを使わずに、そのまま電子レンジで温めることができます!

取材を終えて

忙しく過ごしている社会人には、こういった商品が欠かせないなあとお話をお聞きしていて感じました。
生活に欠かせない食シーンだからこそ、おいしくゆとりをもって過ごせたらいいですよね!
まずは、パック&レンジを上手く使いこなして冷蔵庫をきれいにしてみようと思います!
取材のご協力ありがとうございました。

【今回お話を伺ったのは】
AGCテクノグラス株式会社
平山恵子さん
本社 静岡県榛原郡吉田町川尻3583番地の5
亀戸事務所 東京都江東区亀戸1丁目42番20号
電話番号 03-5627-3870(iwakiお客様サービスセンター:月~金 10:00~12:00、13:00~16:00
※祝祭日は除く)
iwakiのHPはこちら

ライター・カメラマン/小宮しほり(しほりん)

都会育ちのミーハーガール!スキマ時間はひたすらインスタ。でも好きな食べ物はカリカリ梅。
WIZOOM編集部の末っ子しほりんです!

【小宮しほり(しほりん)】の記事一覧

PICK UP