コンドームの会社って思ってたでしょ?女子の気持ちを徹底的に代弁した商品がオカモトにはあるんです。

2019 / 02 / 07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オカモト株式会社 女視プロジェクトメンバー

「女性の視点・消費者の立場でモノづくりをしたい。」そんな思いから発足した“オカモト女視プロジェクト”
2012年から活動を開始し、計8点の商品が女視プロジェクトから展開されています。オカモトというとコンドームのイメージが強いですが、女性に向けた商品にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は女視プロジェクトのMさん、Hさん、Kさんにお話をお聞きしてきました!

オカモト女視プロジェクト

“オカモト女視プロジェクト”とは…?
オカモトでは、女性の視点・消費者の立場からものづくりを行う、女性社員(本社・工場)で構成されたプロジェクト“もっとGood!女視プロジェクト”という活動をおこなっています。内部マーケティングの位置づけとして、2012年12月に当プロジェクトは発足。当プロジェクトは“女視会”とも呼ばれ、月2回活動し、女性ならではの悩みや現行商品の改善点の意見を出し合い、商品開発のサポートを行っている。
オカモト株式会社HPより引用

“オカモト女視プロジェクト”が発足したきっかけは何だったのですか?

Mさん
“オカモト女視プロジェクト”は当時の社長(現・会長)の、「女性のための商品は女性の目線で作るべきなのでは」という声から話が進み、20代~40代の有志により、発足しました。
現在は、12名で活動しています。

オカモトさんは男性が使う商品のイメージが強いですが、女性へ向けた商品もたくさんあるんですね!

Mさん
そうなんです。女性に向けた商品も多数あります。これからもお客様に喜ばれる商品、改良品をお届けし続けていきたいですね。これまでの6年間で8点、女視プロジェクト企画品を発売しています。

女性に向けた商品は、女性目線で。消費者の立場からみると安心感があります!“女視プロジェクト”という名前なんですが…どのような由来があるのですか?


Mさん
その当時から女子会が流行っていて女子プロジェクトの“子”を“視”にすることで、モットーである「女性の視点」という意味を込めています。オリジナルのロゴマークもあります。

じんわり、ほんわか、あったかいアイテム

“女視プロジェクト”として発売している商品を紹介してください!

Kさん
ではおすすめを紹介していきますね!
まずは、今年発売したばかりの温熱シート『温女子』を紹介します。

Hさん
こちらの商品はもともと当社の商品に貼るタイプのカイロがありますが、四角い形状だと貼った時にショーツからはみ出てしまったり、熱くて途中ではがしてしまったという声や、不満点を改良し、ショーツの内側面にピッタリ貼れてはみ出ず、温度も39℃という女性の視点から生まれた商品です。

Mさん
『温女子』は、女性のお腹のふくらみや、子宮と卵巣のあたりをカバーできるような構造になっています。

Kさん
『温女子』はショーツからはみ出ず、アンダーヘアーを巻き込みません。ただ、この形状に至るまでには試作を何度も繰り返し、“女視プロジェクト”のメンバーで試してみたり…。
ここまでたどり着くまで2年ほどかかりました。

Hさん
「女性のおなかは丸みがあるので、三日月のような曲線形状にすることでよりフィット感が出る」と女性は自分のことなのですぐに納得できますが、この形状を男性に理解してもらうには本当に苦労しました。
社内の中でも、どうしてこの形でなければならないのかを説明するために模型を作って、実物を見せることで納得してもらったりと色々試行錯誤を繰り返しました。

商品化するにはまず社内の方の賛成を得ることが大きなハードルだったのですね…

Kさん
そうですね。工場からは、三日月のような形状を2つに折って袋詰めするのが難しく、「もともとある四角い形状でいいんじゃないの?」なんて声が挙がったり、説明し納得してもらうのにだいぶ苦労しました。

今まで、女性のおなかをカバーしてくれるような専用のカイロはあまりなかったと思います。

Mさん
ここまでに2年かかっているので、商品化ができた時は本当にうれしかったです。温熱シート「温女子」は、全国のドラッグストアーや量販店で通年販売しているので、オールシーズンお使いいただけます。

気になった時に!使い切りビデ

使い切りビデ。初めて聞きました!

Hさん
そうなんです。まだまだ使い切りビデの認知度が低いんです。
“ビデ”と言うと、トイレの温水便座についているビデ(=外陰部の洗浄用)と認識している方が多数。膣内を洗浄してケアできるということが意外と知られてないんです。生理の終わりかけや、おりものが気になる時などにお使いいただけるのですが、まだまだ知らない方も多いのでこれから知っていただける機会を増やしていけたらと思っています。
膣内は自浄作用があるので、毎日洗浄することはおすすめできないですが、「気になったら膣内を洗えて、ケアできる」ということをぜひ女性に知っていただきたいです。

確かに生理の終わりかけとかすごく気になります…使ってみたいです!

Mさん
きっとそんな女性の方が多いのではないかなと思います。ただ、なかなか手を出しにくいのではないかと考え、今までは4本入りだったものを、気軽にお試しができるように1本入り携帯用を発案しました。
また、使うシーンが水回りになるので、紙製の箱ではなく、プラスチック製のパウチパックにし、プールや海にも持って行けるように改良し、パッケージに大きく書かれたボトル形状も「レジに出すのが恥ずかしい」との意見から、お店で買いやすいデザインにリニューアルしました。

そうなんですね!でも使ったことが無いので少し怖い気もします…。

Kさん
現在プロダクトサイトでも分かりやすく紹介しているので、ぜひご覧になってみてください!
リニューアルに際して、洗浄液を弱酸性にしたので、膣内環境に近いものになっています。基本的にはトイレやお風呂場などで、説明書に沿って洗浄していただければOKです。
そんなに難しい使い方ではないので、どなたでも簡単にお使いいただけます!
携帯用 使い切りビデ プロダクトサイト

他にもこんな商品が!

カシニーナ(炊事用手袋)


Mさん
炊事用手袋の消費者不満の1つである“手袋の袖がずれ落ちて水が入ってくる”という点を解消した商品です!
機能性はもちろんですが、普段から使うものこそ、デザイン性を高めて使いたくなるような商品にしようと、今までオカモトで発売したことのない色や柄付の手袋にも挑戦しました。

水とりぞうさん®(除湿剤)


Hさん
こちらの除湿剤はロングセラー商品なのですが、洋服をしまう場所も時代とともに変化し、今まで主流だったタンスからクローゼットへ変わりつつあります。開発にあたっては、営業から商品について意見を求められた際、太いポールにも対応できる大きめのハンガーにしたらどうかと提案し、採用されました。さらに、使用開始日が一目でわかるように記入欄を設けました。

女性が購買してくれる商品をこれからも

これからの“女視プロジェクト”の目標を教えて下さい!

Mさん
最終的には、オリジナル商品を作れたらと思っています。1から開発した商品を世に出すことが“女視プロジェクト”の目標です。お客様に喜んでお使いいただける商品企画を今後も心がけていきます。

Kさん
発足当初は、女視プロジェクトの意見や提案に半信半疑だった方々からも、今では“女視プロジェクト”の意見はどう?などと多くの部署から意見を求められたり、新商品開発のサポート依頼が増えてきたので、これからも女視プロジェクトが活躍できる場を増やしていきたいです。

Hさん
オカモトはコンドームで興味を持っていただくことが多いですが、“女視プロジェクト”を知っていただくことで「オカモトってこんなこともしているんだ!」と違った角度から見ていただけるので、これからも女性の視点を大切にしていきたいと思います。

取材を終えて

後日…編集部女子で使い切りビデを体験しました!

あいりーん
気になったときに使えて、すごくすっきりする!お風呂場で使うのがオススメかも!
ひーちゃん
初めて使ってみたけど、全然痛くなかった!生理の時のムズムズ感もなくなった気がする◎
しほりん
アルミパウチだったらお風呂が終わった後に捨てられるし、持ち運びも出来て便利!

今回、“オカモト女視プロジェクト”の商品を紹介していただき、『こんな商品あったんだ!』という驚きがありました。女性の生活をよりよく“オカモト女視プロジェクト”だからこそ発案できる商品をこれからも楽しみにしています!取材のご協力ありがとうございました。

【今回お話を伺ったのは】
オカモト株式会社
女視プロジェクト メンバー3名
所在地 東京都文京区本郷3丁目27番12号
電話番号 03-3817-4226(お客様相談室:月~金9:00~17:00)
オカモト株式会社のHPはこちら

ライター・カメラマン/小宮しほり(しほりん)

都会育ちのミーハーガール!スキマ時間はひたすらインスタ。でも好きな食べ物はカリカリ梅。
WIZOOM編集部の末っ子しほりんです!

【小宮しほり(しほりん)】の記事一覧

PICK UP