仕事を頑張る女子たち!ニホンドウ漢方ミュージアムで自分のカラダと向き合おう

2018 / 12 / 07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

薬日本堂株式会社 ニホンドウ漢方ブティック 副店長 小林 綾子さん、広報担当 鈴木 咲絵さん

「仕事が忙しくても、毎日健康でキレイな自分になりたい!」そう思っている女性、多いのではないでしょうか?私もその一人です。そんな私たちにピッタリなのが、漢方。漢方は、心と体のバランスを整え、体を本来の健康な状態にする手助けをしてくれます。
「でも、漢方って何だか難しそう…」そんな方に行ってほしい、漢方を身近に感じられるお出かけスポットがあるんです!

まずは漢方について知ろう

漢方ギャラリー

ここでは漢方薬に使われる生薬と、漢方の考え方がパネルで展示されています。とても分かりやすく漢方理論などが説明されています。漢方についてあまり知らなくても、理論や特徴を簡単に理解することができます。 ここで漢方の考え方を二つ、簡単にご紹介します!

陰陽論
この世の中に存在するすべてのものは、「陰」と「陽」の2つに分けられるという考え方。
この2つが依存したり対立したり、助け合うことでバランスを取り存在しているという理論で、このバランスが崩れると、不調が発生すると考えられています。
五行説
もうひとつの漢方理論が五行説。
漢方のベースとなる自然観であり、自然界のすべてのものは「木」「火」「土」「金」「水」の5つの元素から成り立っているという考え。それぞれの元素が特徴をもって対立したり助け合うことでバランスを保ちます。何だかちょっと占いみたいですよね!

もっと勉強したい方は、漢方スクールへ!

自分や家族の健康を支えたい、資格を取りたいといった方が通われています。土日や連休中に集中して講義を受けられるコースもあるので、平日は仕事で忙しい方も受講することができます。
1回完結の「はじめての漢方」というレッスンもあるので、漢方について知りたい方はまずこちらのコースから始めてみてはいかがでしょうか?

漢方ブティックで、自分に合った漢方をチョイス!

漢方相談

漢方ギャラリーの展示で、漢方について学ぶことができるというものの…漢方はその人の体質や体調に合わせて考える必要があります。漢方ブティックでは、漢方専門の相談員が、自分の体調や悩みに合った漢方薬や、食事や運動といった生活習慣の見直しを提案してくれます。

編集部ひーちゃんが漢方相談を体験!
ひーちゃん
私、小さい頃から冷え性に悩まされていて、毎年冬になるとしもやけになってしまいます…。社会人になってから、生理痛も重くなってきたのが気になります。
相談員の小林さんが、普段の食事や運動量といった基本的なことから、睡眠についてや、トイレの回数、生理の周期や生理前後の様子まで…普段意識しないような生活の部分まで聞いてくださいます。
ひーちゃん
普段こんなに自分の生活について考えたことがなかった…。聞かれてみて初めて「そういえば気になるな」といったことが多いかも。

なんと、普段の生活についてお話しているうちに…!
小林さん
漢方では、人の体は「気」「血」「水」の3つの要素から構成されます。これらのバランスが崩れると不調が起こるとされていて、日原さんの場合は生きる力のもとになる「気」のトラブルがあるの可能性があります。

血じゃないんですね…。

小林さん
「気」は「血」「水」を動かす原動力になっているんですよ。冷え性、生理痛となると「血」の巡りが悪いのでは?と思われるかもしれないのですが、「気」が不足していることで体を温めたり守る力が不足してしまうんです。
また、「気」の不足により血の巡りが悪くなると老廃物が溜まりやすい状態になり、生理痛等の痛みも出やすくなってきます。

全部が繋がっている!

小林さん
そうなんです。「気」のトラブルの延長で「血」や「水」にも影響が出てくるので、まずは「気」を整えることから始めていきましょう。
小林さん
食生活も、社会人になってからバランスが崩れてきているようなので、体を温める生姜やネギ、温かい食べ物や飲み物を取り入れていきましょうね。
今回は、手足の末端まで血の巡りをよくし、「気」を補うという考え方で、漢方薬をお選びしました。おすすめは煎じ薬ですが、日原さんのライフスタイルに合わせて粉薬で処方しています。お湯に溶かして飲むとより効果的ですよ。

ひーちゃん
小林さん、ありがとうございます!普段の生活を見直して、体質改善頑張ります!

NEXT>>自分に合った漢方が分かったら、漢方グッズと薬膳料理をチョイスしよう!

1 2

ライター・カメラマン/日原多瑛子(ひーちゃん)

BUMP OF CHICKENとディズニーを愛する、“関西弁と標準語のハイブリッド”なWIZOOM編集部のお姉さん。よさこいとライブにかける情熱は学生時代と変わらず今も健在です。
日常生活の中で疑問に思ったことを解決し、皆さんにシェアします!

【日原多瑛子(ひーちゃん)】の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP