【プレゼントキャンペーン実施】養命酒製造のお酒で、簡単温活はじめよう!

2018 / 12 / 06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

養命酒製造株式会社 マーケティング部専門課長 結城 雅史(ゆうき まさし)さん、 主任 熊谷 卓彦(くまがい たかひこ)さん

「別に病気ではないけれど、なんだか今日は元気がない」皆さんはそんな経験をしたこと、ありませんか?元気がないと、気持ちもどんどん落ちていく…。毎日頑張る皆さんにオススメしたいのが、養命酒製造株式会社のハーブのお酒。
今回は、薬酒(やくしゅ)でおなじみ養命酒製造株式会社の結城さん、熊谷さんにセルフケアについてインタビュー!養命酒はちょっとハードルが高い…といった方にオススメの商品も教えていただきましたよ。

何となく元気がない…それ、「未病(みびょう)」かも。

「未病」とは何ですか?

結城さん
未病とは、東洋医学の病理概念のひとつです。病気と言うほどではないけれど、健康でもない状態のことを指します。「何となく元気がない」といったところですね。人間は「健康」「病気」の2つの状態を生涯行き来すると言われています。未病の状態を放置すると病気になってしまうので、免疫力や自然治癒力を高めることで、病気を防ぐことができると言われています。

未病って、防ぐことはできないのですか?

熊谷さん
西洋医学では、腹痛ならば腹痛を押さえるといったそれぞれの症状を改善するための治療を行いますが、東洋医学では「養生(ようじょう)」と呼ばれる、食生活や生活習慣を整え、体のバランスを整え、私たちの体に備わる免疫力や自然治癒力を高めることを目的とし、それにより未病を防ぐと考えます。

少し体調が悪くても、「放っておけば治るだろう」と思っていました…。

結城さん
若い方のほとんどはそうですよね(笑)。実際に、年齢を重ねると自分の体調変化に気が付きやすいということもあります。
しかし、投資と同じように、20代などの若い頃からセルフケアをしておくことで、年齢を重ねても健康な状態を維持することができます。就職や結婚など、環境の変化が多い20代だからこそ、自分の体としっかり向き合うことが大切です。

なるほど…そこで「養生」の手助けをしてくれるのが、養命酒なんですね!

結城さん
そうなんです。養命酒は生薬(しょうやく)とアルコールの効能で、血行を良くすることで体本来の免疫力や自然治癒力を高め、体を本来の健康な状態に導きます。
養命酒は、1602年に長野県で誕生した薬酒(やくしゅ)です。14種類の生薬を原酒である“本みりん”に漬け込んでおり、胃腸虚弱、食欲不振、冷え症、血色不良、肉体疲労、虚弱体質、病中病後の滋養強壮に効能があります。

生薬をお酒に漬け込むのは何故ですか?

熊谷さん
生薬は、水よりもお酒に漬け込んだ方が、成分が抽出されやすいという理由からです。また、お酒に含まれるアルコールは、胃から吸収されるため、体内に薬効成分が浸透しやすいんです。
アルコール自体にも血行促進や保温といった作用があるので、これに生薬の作用がプラスして、より優れた薬効がもたらされると考えられています。
結城さん
生薬は効き目が穏やかなので、食前や就寝前に飲んでも大丈夫ですよ。空腹の時に取り入れた方が、少ない量で大きな効果を発揮することができます。

アルコールに弱いのですが、飲んでも大丈夫でしょうか…

熊谷さん
養命酒には日本酒やワインと同じくアルコールが14%含まれています。水やお湯などで割って飲むこともできるので、ご自身の体調を考慮して飲んでください。

実際に、20代で養命酒を始める人はいますか?

結城さん
20代でも、冷え症や貧血などに悩んでいて、養命酒を始められる方はいらっしゃいますよ。
全体の割合で言うと、1~2割程度ですね。若くて元気もあって「まだ早い」と思われる方が多いかもしれませんが、そういった方におすすめなのが“フルーツとハーブのお酒”や“ハーブの恵み”といった商品です。

養命酒製造の「ハーブのお酒」で温活しよう

これって、養命酒製造株式会社の商品だったんですね…!

熊谷さん
見た目が養命酒と違いますが、製造方法は養命酒の技術を活かしています。
薬酒と聞くと、若い人にはハードルが高く感じてしまうと思いますが、こういった気軽に飲んで楽しめるお酒のラインナップも用意しています。
結城さん
フルーツやはちみつ、紅茶などをハーブと組み合わせている商品なので、飲みやすい味になっています。

色んな種類があるから、アレンジも楽しそうですね!

熊谷さん
そうですね!お好きなドリンクやソーダでカクテルにしても楽しんでいただけます。
これからの寒くなってくる季節には、温かい紅茶やお湯で割って、温活カクテルを作ってみるのもオススメですよ。公式サイトやInstagramにレシピも掲載しているので、是非チェックしてみてください。
養命酒製造 ハーブのお酒公式Instagramはこちら
結城さん
また、2018年12月25日(火)まで、ハーブのお酒を使った温活カクテルを投稿、いいね!すると抽選でルームウェアがプレゼントされるInstagramキャンペーンも行っているので、お気に入りのカクテルができたら是非キャンペーンに参加してくださいね。
ハーブのお酒で温活カクテル
Instagramキャンペーン 公式ページはこちら

今話題の“機能性のど飴”が養命酒から登場!

この秋に、のど飴を新発売されましたよね?

クロモジの楊枝。見たことがある方も多いはず。

熊谷さん
そうなんです。2018年10月1日(月)に、冬のケア商品としてのど飴を発売しました。
これは、クロモジという和製ハーブのエキスを配合しています。クロモジは和菓子に添えられる高級楊枝として利用されることで有名ですが、養命酒製造では長年クロモジの研究を進めてきました。そのクロモジの恵みを一粒に込めた商品です。

これからの季節にピッタリな商品ですね!

結城さん
そうですね! のど飴だと手軽に摂取ができるので、冬のケアとしてぜひ取り入れてほしい商品です。

養命酒製造のど飴を抽選でプレゼント!


WIZOOM公式Twitterをフォロー&RTで、養命酒製造のど飴1ケース(6袋)を10名様にプレゼントします!

応募方法
①WIZOOM公式Twitter(@wizoom.20)をフォロー

②キャンペーン応募ツイートをRT(アカウントを非公開設定されていらっしゃる方は、公開に設定をお願いいたします。)
③当選された方10名様に、WIZOOM公式TwitterよりDMを送信いたします。
※その際、合言葉「養命酒製造にZOOM」が必要となります!
募集期間
2018年12月6日(木)~2018年12月21日(金)
※募集の開始、終了につきましてはWIZOOM公式Twitterにてご案内いたします。

皆様のご応募、お待ちしております!

取材を終えて

多少元気がなくても、とりあえず寝ておけば大丈夫!なんて思っていましたが…それって身体からのヘルプサインだったのかもしれないですね。
健康は一日にしてならず!まずは、養命酒製造のハーブのお酒で、美味しい温活を始めてみます!

【今回お話を伺ったのは】
養命酒製造株式会社
マーケティング部
専門課長 結城 雅史さん
主任 熊谷 卓彦さん

所在地:東京都渋谷区南平台町16-25
養命酒製造株式会社 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP