【音楽好き必見】2018楽器フェアで、編集部が楽器と遊んできた!

2018 / 11 / 01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヤマハミュージックジャパン×WIZOOM編集部

ヤマハミュージックジャパンで、楽器と防音室レンタルについてインタビューした編集部ひーちゃん。久しぶりに楽器に触れたくなってきた!
今回は、2年に一度東京ビッグサイトで開催される「2018楽器フェア」に潜入!ヤマハミュージックジャパンのブースで最新の面白い楽器をチェックしてきました。

2年に一度の、音楽好きのための最大イベント

幼稚園~小学校でピアノ、中学校~高校は吹奏楽と…学生時代のほとんどを楽器と共に過ごしてきた筆者。楽器から離れた今でも音楽は大好きですし、時々「楽器やりたいなぁ」なんて思うこともあります。
そんな私にピッタリのイベントを、ヤマハミュージックジャパンの広報担当の方が紹介してくれました!それが…
東京ビッグサイトで開催された、2018楽器フェア!今回は、2018楽器フェア内のヤマハミュージックジャパンのブースで、久しぶりに楽器に触れてきました!

楽器フェアとは?
2年に一度開催される、日本最大の楽器総合イベント。国内外の一流ブランドが、楽器や最新技術を駆使した新製品をブース形式で出展。楽器の最新情報と音楽情報を提供する世界最大のコンシューマー向け楽器ショーです。
普段楽器屋さんではなかなか触れることができない、憧れの楽器から新製品まで…実際の楽器を見て、触って、聴いて、体験して、そして購入もできるんです。
2018楽器フェア 公式サイトはこちら
ヤマハミュージックジャパンも、以前取材させていただいた「音レント」サービスを始め、弦楽器や管楽器など…様々な楽器を展示。

ヤマハミュージックジャパンの「音レント」サービスについては、こちらの記事をチェックしてくださいね。

こちらの取材の時に、気になっていた防音室も展示されていました!もちろん中に入って防音性能を確かめることもできます。記事で紹介させていただいたセッションケーキや、サイレント™シリーズも展示されていました。今回は、編集部ひーちゃんが2018楽器フェアで遊んでみて、「これは…!」と感動したポイントをご紹介します!

触ってみたい楽器がすぐそこに!

普段楽器屋さんでは、楽器はショーケースに入った状態で展示されています。なので近くで見ることができなかったり、「ちょっと触ってみたいな」と思っても店員さんに声をかける勇気が必要…。

でも、2018楽器フェアでは、ショーケースがないんです。なので、気になった楽器を間近で見て、触れることができます。
初めて楽器を触る時はかなり緊張しますが、各楽器にスタッフさんがいらっしゃるので安心。「触ってみますか?」と気軽に声をかけてくださったのが嬉しかったです!久しぶりにピアノ弾きました…。ピカピカの楽器に触れる機会なんて滅多にないので、ここぞとばかりにいろんな楽器を触ってみましょう!楽器を演奏できなくても、ちょっと音を出してみるだけでも、とっても楽しいです。
なんと、管楽器のエリアでホルンを演奏させていただきました!
楽器フェアでは管楽器の試奏もできるので、マウスピースを持っている方は持参されることをおすすめします。学生時代は、学校の備品楽器をずっと使っていたのですが、今回色んなホルンを試してみてびっくり、品番や個体によって音質や吹き心地が全然違う!たくさんの楽器に触れられるなんて、楽器屋さんじゃなかなかできないですよね…。

そして、本日いちばん興奮したのが…憧れのアレキサンダー(単価約100万円)のホルンが演奏できたこと!!スタッフさんと、「こんなの一生に一度の経験ですね!」と大盛り上がり。見てください、ニヤニヤが抑えきれていない私を。
新品のアレキサンダー…重みも音の重厚感も全然違いました。これは語りだすと本当に止まらなくなってしまうので、気になった方はぜひ2年後の楽器フェアに行ってみてください。元吹奏楽部は感動が止まらないですよ!

ここでしか見ることができないレア楽器が!

こちら、今から46年前に販売されたエレクトーン。ヤマハの本社から今回のイベントのために出張してきてくれました。もちろんこちらも演奏できます!ボタンやフットペダルなど、思わず色んな所を押してみて音はどう変わるのか…「触ってみたかった!」をたくさん叶えていただき、夢中になってしまいました(笑)。エレクトーンのボタンがレトロでかわいい!
そしてその隣には…最新のエレクトーン!ボタンの数が全然違いますよね。こんなにボタンや動かせるパーツがあると、楽器が演奏できなくてもちょっと触ってみたくなりませんか?「さっきの楽器とこんなところが違う!」なんてスタッフの方と盛り上がりました!
約50年前の楽器と最新の楽器。両方とも触って、見比べてみて、音を聴いてみて…違いを体感できるのも楽しいですね。

見たことない!?最新楽器が登場

楽器フェアでは、先ほどのエレクトーンのようなレア楽器はもちろん、最新の楽器も展示されています。

Venova(ヴェノーヴァ)

こちら、ヤマハの最新楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」。サイズも運指もリコーダーとほぼ同じですが、鳴る音はサックスという不思議な楽器。吹奏楽やオーケストラの楽器とは雰囲気の違う、まさに「遊べる楽器」ですね。マウスピースとリードがあるので、吹き方はサックスやクラリネットと同じです。これまで木管楽器を演奏したことがなく、音が鳴らせるか不安でしたが、スタッフの方に教えていただくとすぐに音が鳴らせました!コツをつかむと楽に吹くことができますし、サイズも値段もお手頃なので、「音楽やってみたいな…でも楽器買うにはちょっと早いし…。」というあなたに超オススメの人気商品です。

これ一本で「ボカロP」になれる!?ボーカロイドキーボード

そして、こちらはボーカロイドキーボード。歌詞を入力すると、楽器のサウンドではなくボーカロイドの声で演奏ができます。ビブラートなどの効果や、ボーカロイドの声も変更できるので、ボカロ曲がこれひとつでできちゃう!ブース内のステージでは、このボーカロイドキーボードのデモンストレーションが行われていました。作詞はできるけれど、メロディーを作ることができない、楽器が演奏できない…という方でも、これがあればメロディーを作ったり、ボーカロイドの声で作曲ができます。

2018楽器フェアで遊んでみて…

楽器って、教室に通うなどして練習した人が触れるものというイメージがありましたが、今の楽器って本当に誰でも触れて、演奏ができるものなんですね!楽器フェアではそれを肌で感じることができるので、楽器未経験の方でも気軽に遊びに行ってほしいです◎
私も、2年後は音楽好きの友達を連れていってみようかな…!
楽器の展示はもちろん、ステージでのライブや最新楽器のデモンストレーションなどもあるので、音楽好き必見のイベントです。実際にイベントに来られている方も、触ったことのない楽器を触って、音楽で遊んでいる様子がとっても印象的でした。
「楽器にまた触りたい」と思った元吹奏楽部員の皆さん、2年後の開催を要チェックですよ!

【取材にご協力いただいたのは】
株式会社ヤマハミュージックジャパン
所在地:東京都港区高輪2丁目17-11
ヤマハミュージックジャパン公式サイトはこちら
ヤマハ楽器・防音室レンタル 音レント公式サイトはこちら

ライター・カメラマン/日原多瑛子(ひーちゃん)

BUMP OF CHICKENとディズニーを愛する、“関西弁と標準語のハイブリッド”なWIZOOM編集部のお姉さん。よさこいとライブにかける情熱は学生時代と変わらず今も健在です。
日常生活の中で疑問に思ったことを解決し、皆さんにシェアします!

【日原多瑛子(ひーちゃん)】の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP