【感動しかないわ】未来の姿が見えるフェス『J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2018』に行ってきた!

2018 / 10 / 12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2018』

テクノロジーと音楽の祭典『J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2018』が開催されました。音楽はもちろんのこと、最新テクノロジーから見る未来予測や、現代においてテクノロジーは人々の生活に何をもたらしているのか等、豪華なスピーカー達による熱いセッションが繰り広げられました。今回はそんな『J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2018』の中でも、20代目線でシビれたものをピックアップしました!

『J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2018』

AR開会式

m-floのVERBALさんや落合陽一さんを始めとする豪華な面々がステージに登場。『J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2018』は最新テクノロジーを駆使した、テープカットから始まりました。ステージスクリーン上に巨大なQRコードが出現。それをスマートフォンで読み込むことで、それぞれの端末に紅白のテープが映し出される仕組み。
AR三兄弟の川田十夢さんの号令でカウントダウンが始まり、お客様を含む会場メンバーの手元にあるテープが一斉にカットされ『J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2018』は開幕を迎えました。

Tommy

人工知能AIアーティストTommyによるステージ。ダンサーの体に取り付けられたモーションキャプチャーによりTommyは軽やかに動き出しました。更にTommyは楽曲に合わせて自らで詞を考え歌いだします。AIが音楽を奏でる時代になったことに、驚きを隠せないといった視線がステージに向けられました。

崎山蒼志

SNSや各メディアで話題騒然、16歳の高校生シンガーソングライター崎山蒼志さんが登場!
「〜samidare〜 五月雨」を含む3曲を披露。ギターを弾き語る姿は16歳とは思えないほどの堂々たるステージング。崎山蒼志さんの情感を表現するコード使いと、弾き語りならではの熱のこもった歌声に会場は異様な雰囲気に包まれました。

1 2 3 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP