からだ一つで街中を駆け巡る「パルクール」、実は誰もが経験していた!

2018 / 10 / 19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

パルクールアスリート 泉ひかりさん

皆さんは、「パルクール」をご存知でしょうか?

からだ一つで街中の障害物をアクロバットに乗り越える姿は、すごくかっこいいですよね!
しかし、この「パルクール」。危険ではないのか、また一体どのようなスポーツなのか気になりませんか?

今回、WIZOOM編集部は「忍者女子高生」で一世を風靡したパルクールアスリート・泉ひかりさんにパルクールの歴史や文化、そして魅力について迫ってみました!

泉ひかりさんプロフィール
大阪府出身。現在22歳。
パルクールアスリートとして、これまで「サントリー」「TOYOタイヤ」など、さまざまなWebCM、MVに出演。 また、TBS「KUNOICHI」では完全制覇に最も近い存在として注目を集める。2016年からアメリカのカレッジに学位留学し、Media Artの学位を取得し、現在は日本を拠点に活動中。

関連記事
【頑張る20代シリーズ】パルクールで一世を風靡した「忍者女子高生・泉ひかりさん」に迫ってみた!

心と体を鍛えるトレーニング、それが「パルクール」

パルクールとは、そもそもどういうものなどでしょうか?

泉ひかりさん
パルクールはフランスの軍事トレーニングから発展しました。
自分の体ひとつで、目の前の障害物を乗り越えるとき、いかに安全に効率よく身体を鍛えたり、障害物に対する恐怖心を克服するという心を鍛えることができるトレーニングになります。

恐怖心に向きあったときの壁を乗り越える自分の精神力を鍛えるということですね。
心も身体も、パルクールを通じてコントロールができるように鍛えていくというイメージです。

ちなみに、パルクールをする人たちのことを「トレーサー」といいます。

フランスから日本にパルクールが輸入されたきっかけは何ですか?

泉ひかりさん
日本にパルクールが入ってきたきっかけは2002年頃で、日本でDVD発売された「YAMAKASI」(やまかし)という映画がきっかけです。

created by Rinker
Jvc

最初、パルクールという言葉よりかは、パルクールの動き=「YAMAKASI」でしょ?みたいな感じで徐々に浸透して言った感じになりますね。

今実際にパルクールをやっている人はどれぐらいいるのですか?

泉ひかりさん
はっきりとはわかりませんが、海外に比べると日本はトレーサーの数が少ないです。

しかし最近では女性がダイエット目的であったり、少し体を動かしたいからパルクールをするという人が増えてきました。
さらに、小さい子供がいる家庭では、体の動かし方を覚えてほしいという想いからパルクールを習ってみようという傾向になってきています。

パルクールは危険なスポーツではない!

1 2 3 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP