スイーツ好き女子集まれ!スイーツのテーマパークが夢のような場所だった

2018 / 10 / 13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自由が丘スイーツフォレスト プロデューサー 齋藤 未来さん

スイーツ好きな女子の皆さん!自由が丘に“スイーツのテーマパーク”があるのはご存知ですか?
そんな夢のようなスポットに、スイーツ好き女子を代表して編集部ひーちゃんが潜入、プロデューサーの齋藤さんにインタビューしてきました!ここでしか味わえないスイーツもレビューしますよ。

日本初の“スイーツのテーマパーク”

自由が丘スイーツフォレストのコンセプトを教えてください。

齋藤さん
2003年11月にオープンした、日本初のスイーツのテーマパークです。「ハピネス・オブ・スイーツ」をコンセプトに、スイーツを通して幸せな時間や体験をしてもらう場所です。
スイーツというのは、お腹を満たすだけでなく、心を満たすものです。「幸せになりたい」という思いや、良いことがあったときの喜びを倍増させたり、何か辛いことがあったときでも元気になれるような場所を目指しています。齋藤さん
また、自由が丘のまちづくりのために作られたという背景もあります。自由が丘は女性が多く、和洋問わずスイーツの発祥となったお店が存在していたという歴史があることから、女性のためのスイーツのテーマパークを作りました。

自由が丘スイーツフォレストのこだわりは何ですか?

齋藤さん
スイーツにも、作りたてや出来立てだからこそ美味しいものがあります。
例えば、「ル スフレ」というスフレ専門店では、焼き上がりまで20~30分かかるのですが、焼きあがってから30秒でしぼんでしまいます。「ル スフレ」の本格スフレは、“瞬間”をお楽しみいただく繊細なスイーツであり、目の前で作ったものをその場で楽しめることがとても重要なんです。
また、デパ地下などではできない、スイーツの食べ比べや、皆で購入したスイーツをシェアすることができます。美味しいスイーツと共に、楽しい時間を過ごしてください!

どういったお客様が利用されますか?

齋藤さん
やはり20~40代の女性グループが多いです。スイーツは年代問わず好まれるものなので、年齢としては幅広い世代のお客様がいらっしゃいます。
土日にはファミリーやカップルでいらっしゃる方も多いですね。

土日、空席はありますか?

ソファー席もあるので、ゆっくりくつろぐことができます。

齋藤さん
館内が100席、テラス席が100席あるのですが、土日だと満席になることもあります。
午前中は比較的空いていることが多いので、午前中にお越し頂くことをオススメします!

どういったシーンで利用される方が多いですか?

齋藤さん
ティータイムを楽しんだり、スイーツを楽しむといった、カフェ的な利用をされる方が多いです。ランチタイム後には、ここでママ会なども開催されますよ。
また、自由が丘のお出かけスポットとして、お越し頂くお客様もいらっしゃいます。
自由が丘スイーツフォレスト 公式サイトはこちら

人気スイーツを実食!

メルシークレープ

日本の洋菓子界を築いてきた、マルメゾンの大山シェフ監修のお店。通常のクレープとは違い、ケーキを作る上質な材料でクレープを作っているため、モチモチとした食感がポイントです。本場フランスと同じく、ナイフとフォークでいただく皿盛りの本格派クレープが楽しめます。注文すると、その場でクレープを焼いてくれます。こちらの店舗は自由が丘スイーツフォレスト限定ショップ。訪れたら必ずチェックしてください!

「丘ばちカスタード」
自由が丘では、町の緑化活動の一環で、「丘ばち」と名付けられたみつばちを飼っているそうです。「丘ばち」が採ってきてくれた蜂蜜を使用したスイーツです。
季節ごとに採ってくる蜜の種類も異なります。春は桜から始まり、つつじや藤、樹木の蜜など…自由が丘の季節を楽しめます。
町を飛んでいるみつばちをクリームとアーモンドで表現していたり、バターでお花を表現した、とても可愛いスイーツです。グラハムビスケットを砕いた、グラハムが全体にトッピングされていて、食感も楽しい!パティシエの腕が現れるカスタードクリームと蜂蜜、グラハムの香ばしさを感じてください!
まったりとしたはちみつの味が、モチモチ食感のクレープと合わさって、甘党にはたまらないスイーツ。まさにケーキのようで、一皿でかなり満足感があります。

HONG KONG SWEETS 果香

こちらは、アジアンスイーツの専門店。台湾や香港のレシピをベースとし、日本人の味覚に合うように独自の味付けが特徴的。定番の杏仁豆腐やオーギョーチだけでなく、オリジナルのスイーツも楽しめます!ドリンクも、ホットのタピオカドリンク等の様々なアレンジメニューがあります。
ここでは体に良いものや美容に良い、美味しい「美活」スイーツを提供しています。

「九龍(クーロン)」
インスタ映えで人気の商品。実は、10年以上前から販売されている人気スイーツです。こちらは、ショップのオリジナルスイーツで、寒天ゼリーの中に9種類以上のフルーツが入っています。
龍が手に持っている宝玉をイメージしており、季節によってフルーツも変化するそうです。シロップは金木犀がほのかに香ります。寒天と、フルーツの食感が楽しい!シロップも甘すぎず、さっぱりとしているので夏にもオススメのスイーツ。あっという間に完食!

お気に入りのスイーツを探そう

今回紹介した2店舗以外を含め、館内には8つのショップが並んでいます。どれも各ショップならではのスイーツがあるので、ショーケースを見ながら食べたいスイーツを探しましょう!ピンクとチョコレートブラウンを基調とし、泡立て器をモチーフにした照明やウサギのオブジェなど、スイーツのテーマパークらしい女子好みのデコレーションが施されているので、是非チェックしてみてください。

取材を終えて

自由が丘スイーツフォレストは、スイーツ好きにはたまらない、夢のような場所でした…。どのショップも個性豊かな本格スイーツが並んでいて、全制覇したくなっちゃいますね。
「今週頑張ったし、甘いものでも食べたいな!」そう思ったら、お友達を誘ってスイーツ食べ比べを楽しんでくださいね!
自由が丘スイーツフォレストでは、期間限定のイベントも多数開催されています。ハロウィン限定スイーツのレポート記事も要チェック!

【今回お話を伺ったのは】
自由が丘スイーツフォレスト プロデューサー 齋藤 未来さん
所在地:東京都目黒区緑が丘2-25-7「ラ・クール自由が丘」1~3階
お問い合わせ:03-5731-6600
自由が丘スイーツフォレスト公式サイトはこちら
自由が丘スイーツフォレスト 公式Instagramはこちら
自由が丘スイーツフォレスト 公式facebookページはこちら

ライター・カメラマン/日原多瑛子(ひーちゃん)

BUMP OF CHICKENとディズニーを愛する、“関西弁と標準語のハイブリッド”なWIZOOM編集部のお姉さん。よさこいとライブにかける情熱は学生時代と変わらず今も健在です。
日常生活の中で疑問に思ったことを解決し、皆さんにシェアします!

【日原多瑛子(ひーちゃん)】の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP