東京下町の問屋街に世界中の旅人が集う!「囲炉裏」を囲めるIRORI HOSTEL and KITCHEN

2018 / 10 / 01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

IRORI HOSTEL and KITCHEN サブマネージャー 藤岡美波(ふじおかみなみ)さん

国内外から多くの人が集うホステル。ただ宿泊するだけではなく、多くの出会いや発見があるのが魅力ですよね。
今回お邪魔した、東京の下町・馬喰横山にあるIRORI HOSTEL and KITCHENには、初めて会う人たちと仲良くなれそうな「囲炉裏」があるそうな…。そこで働く藤岡さんに、ホステルの魅力やホステルのお仕事について、お話を伺ってきました!

ホステルとは?
正確にはユースホステル(Youth Hostel)。青少年旅行者へ安全かつ安価な宿泊場所を提供しようという趣旨で始まった宿泊施設の世界的なシステム。
基本的に全てのホステルはユースホステル協会などの組織に加盟し、組織の指針に基づき運営されている。 3000円程度と安価で宿泊出来るが、男女相部屋、トイレ、お風呂は共同でセルフサービスが基本。(ホテリスタ[hotelista.jp]より引用)

囲炉裏に集うホステル

IRORI HOSTEL and KITCHENのコンセプトを教えてください。

藤岡さん
「囲炉裏の周りに集う人たち」というのがコンセプトです。
囲炉裏には、実際に炭で火を起こして、お魚や野菜を焼くことができます。ここでは朝食提供の際にも囲炉裏を使うのですが、スタッフやゲストの方々が一緒に囲炉裏を囲んで「どこ出身なの?」「今日どこ行くの?」と話したりしています。

囲炉裏には、まだ火が残っていました。

藤岡さん
夜には自由に囲炉裏を使える時間帯があるので、ゲスト主催のイベントをしたりすることもあるんですよ。
知らない人と交流できる楽しみがあることが、ホテルとは一味違う良さだと思います。

海外からのゲストも多いと思いますが、IRORIホステルさんが選ばれているポイントって何だと考えられていますか?

藤岡さん
キッチンが広く作られている点は喜ばれていますね。
一般的なホステルのキッチンって、狭かったり簡易的な電気コンロであることが多いので、IRORIホステルの宿泊者に長期滞在の方が多い理由も、このキッチンにあると思います。
藤岡さん
囲炉裏も、床に作るのではなく、テーブルタイプにすることで使いやすくして、日本らしさはあるけど便利さも兼ね備えています。また、デスクワークができるように囲炉裏テーブル以外にもデスクテーブルやカウンターを用意したりと工夫しています。
利用者の皆さんには、「居心地がいい」と言ってもらえるので、囲炉裏はもちろんですが、キッチンやそれ以外のスペースも含んだ空間全体が喜ばれるポイントなのかなと思います。

ラウンジはゲスト以外の人も利用できるのですか?

藤岡さん
シェアオフィスのように、自由に使っていただけます。1日500円でWi-Fiや電源を使い放題のプランも用意しています。
いつでも気軽に立ち寄ってくださいね。

個性を活かして働く。ホステルのお仕事って?

藤岡さん
このホステルで働きだして、もう少しで半年になります。今は全般業務をしていて、部屋の清掃やチェックインの対応、予約管理や目標設定もしています。入ったばかりですが、ホステルのサブマネージャーとしての役割を果たしながら、長く働いているスタッフのみんなに支えてもらっています。

ホステルのお仕事には、憧れがあったのですか?

藤岡さん
もともとは教育学部だったのですが、バックパックを担いで国内を旅行するのが好きで「休みになったらどこ行こう?」と考えていました。就活で東京に来る際にも「どこ泊まろう?」とゲストハウスに泊まれることが楽しみでした。

就職先で、IRORIホステルを運営する株式会社R.projectが教育事業をスタートさせることもあって、今まで勉強してきた教育と、好きだったゲストハウスのお仕事が両方できるところが、自分に合うなと感じて入社しました。

次ページでは、ホステルのお仕事について、気になる【語学力】や【職場の雰囲気】について聞いてきました!

1 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP