ゲーム感覚でトライしたい!One Tap BUYの新サービス「10倍CFD」について聞いてきた!

2018 / 09 / 28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

株式会社One Tap BUY 代表取締役社長 CEO 林和人(はやしかずと)さん

株のエキスパート、One Tap BUYの林さんに聞く、お金のお話第2弾です!
株に少し慣れてきて「もう少しチャレンジしてみたい…。」と思っている、そんな20代におすすめの新サービスがこの度One Tap BUYからリリースされました!CFDって何?という新サービスについての質問や、知っておきたい株価予測のポイントなど、とってもためになるお話を伺ってきました!

株価の変動は「4つの視点」で予測できる?

株、やってみているのですが…。株価の変動を予測する力を鍛えるコツはありますか?

林さん
短期の変動を予測することは不可能なので、割り切ってトライしてみればいいと思います。
大事なのは、長期の変動です。人が増えるとお金が増えて、経済が良くなっていき、株価も上がっていきます。その中で、個別の株は上がったり下がったりするので、銘柄選びは大切になってきます。「株価の変動を予測する力=銘柄を選ぶ力」です。
縦(株価の上下)を見る力が必要なのは、CFDなどの投機で、投資は横(銘柄選び)で見るものです。

株価を予測するために見るべき指標は4つあります。それらを見ることで、銘柄選びの参考になるのではないでしょうか。

株価予測に必要な4つの指標
① 企業業績
研究して分かるのは企業業績です。「アナリスト」と呼ばれる人が日々研究し、再来年までの企業業績予測を出しています。
※「会社四季報」に過去の業績と未来の業績予想が出ているので、是非参考にしてみてください。
② 金利
金利を決めるのは中央銀行です。日本の場合は日銀が金利を決めているし、アメリカの場合は「Fed(連邦準備制度。Federal Reserve System)」と呼ばれる連邦準備銀行を統括する中央銀行制度が金利を決めています。ヨーロッパでは 「ECB(European Central Bank)」欧州中央銀行が決定しています。
金利の上がり下がりによって、〇か✕をつけることができます。金利が上がった場合は✕、下がった場合は〇です。日本は低金利政策によって〇がついている状態です。

③ 需要と供給
お金の需給は季節によって変わります。金融機関が持っているお金の増減で、お金の需給は変わってきます。

④ 市場心理
市場心理それ自体が市場の価格を形成することはありませんが、株価が一方向にぶれるのを増大させる作用があります。

林さん
この4つが〇か✕かを考えて、3つ以上〇がつけば、株価は必ず上がります。逆に、✕が3つ以上つけば株価は下がります。〇と✕が2つずつの場合は同じ範囲で上がり下がりを続けます。
これら4つを見る視点を持っておくと、相場を長期で予測する力がつくと思います。

そんな視点があったんですね…!日々のニュースは見ておいた方がいいですか?

林さん
見る方は多いですが、上の4つのポイントを押さえておけば、長期の投資は難しくありません。
年に1、2回、その4つを決定付けるニュースが出てくるので、それらを見逃さないようにしておけばいいと思います。例えば、「中央銀行が金融緩和を決定しました」と報道されれば、株価は上がると言えます。
特に、世界の金融政策はアメリカのものに連動することが多く、アメリカのFedの金利政策が株価を決定するのに大きな影響力を持っています。

関連記事
『【20代初めての株】知っておかなきゃもったいない!「株は儲かる」という事実。』
『【#FinTech】One Tap BUYで口座開設!編集部、スマホひとつで株主になる。』

取材を終えて

前回は投資のお話をお伺いしましたが、少額長期の投資はコツコツ資産を増やしたい方向け。ゲームをするようにお金に触れながら、経済の勉強ができるのも魅力的だと感じました!
株はご自身の判断で。林さん、ありがとうございました!

【今回お話を伺ったのは】
株式会社One Tap BUY 代表取締役社長 CEO 林和人さん
所在地 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
■One Tap BUYの公式サイトはこちら
1 2 3

PICK UP