ゲーム感覚でトライしたい!One Tap BUYの新サービス「10倍CFD」について聞いてきた!

2018 / 09 / 28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

株式会社One Tap BUY 代表取締役社長 CEO 林和人(はやしかずと)さん

株のエキスパート、One Tap BUYの林さんに聞く、お金のお話第2弾です!
株に少し慣れてきて「もう少しチャレンジしてみたい…。」と思っている、そんな20代におすすめの新サービスがこの度One Tap BUYからリリースされました!CFDって何?という新サービスについての質問や、知っておきたい株価予測のポイントなど、とってもためになるお話を伺ってきました!

CFDって何?

CFDとは、何ですか?

林さん
CFD(Contract For Difference、差金決済取引)は、モノがない世界です。
普通、お金を出してサンマを買うと、「サンマ」というモノが手に入りますよね。それを「対価」と呼びます。お金で価値を決め、「モノとお金を交換する」というのは、資本主義社会の根底にある貨幣経済のしくみです。

たとえば、お金の実態がないパチンコにも、「玉」というモノがあります。玉自体に価値はありませんが、玉をお金に置き換えて取引をしているのです。競馬も、お金と馬が紐づいていますが、馬そのものの価値とお金の価値は結びついていませんよね。
一方、お金というのは、そのもの自体に「価値」があるものです。
林さん
CFDは、お金の対価となる「モノ」が存在せず、それが、例えば「日経平均」と呼ばれる株価になります。それは、自然界に存在するものではありません。
CFDは、「今売っておいて、後で買う」ということができる商品なのです。
現在と将来の時間差で、価値が異なるものにお金をかけるのが、基本的なCFDの考え方です。

うーん、難しいですね…。

林さん
そうですね。時計を見るとき、その時計がソーラーなのか、ネジ式なのかは関係ありませんよね。時間を見るために時計があるんです。
CFDも、しくみは考えず、株価が上がるか下がるかだけで考えたほうが分かりやすいと思います。
シンプルに言えば、株価の変動そのものに、お金の価値を見出そうとする商品なんです。

例えば…

林さん
去年のサンマと今年のサンマは値段が違ったり、同じ年でも7月と8月と9月でサンマの値段は違います。
安いときは一尾90円くらいなのに、今では200円くらいの値段が付いています。これが、来月くらいにはまた100円くらいに下がってくると予想するとしましょう。
林さん
「10月は9月よりサンマの価格が下がる」と予想したら、値段が「下がる」にお金をかけます。そこで、実際にサンマの価格が下がれば「予想が当たった」ということで、投資した金額が増えます。

林さん
つまり、CFDはその値段の上がり下がりに価値を見出して、お金をかける商品なんです。
「今月は値段が上がるだろうな」「来月は下がるかな」と予想し、商品の価格の上がり下がりに投資をして、予想が当たれば儲かるというしくみです。
One Tap BUY10倍CFDのサービスでは、差額に10倍のレバレッジをかけています。1万円を投資すれば、その10倍の10万円分の利益を差額として受け取ることができます。

CFD用語解説①
レバレッジとは?
「レバレッジ」とは「てこ」の意味で、少ない資金で大きな金額の取引ができることを「レバレッジ効果」と呼んでいます。

通常の株式取引との違いは何ですか?

林さん
1日に何度でも売買取引ができることです。株は、口座の中にあるお金でしか取引ができないので、株資産が上がっても、実際に持っているお金以上の取引は法律で禁止されています。
ただ、CFD決済の場合は、1日の市場の動きのなかで複数回の取引ができます。

「One Tap BUY10倍CFD」ってどんなサービス?

一般的なCFDとの違いは何ですか?

林さん
従来は最低でも20万円ほど必要だったCFDですが、One Tap BUY10倍CFDは1万円からの少額取引で、プロの投資家と同じことができてしまうんです。

ハイリスクハイリターンですが、少額からゲーム感覚で取引に挑戦できるので、一獲千金を狙ってみたい人にとっては魅力的なのではないでしょうか。
ゲームのガチャやパチンコをしない層にとっては、あまりメリットを感じない人も多いかもしれませんが、市場を毎日見ることによって経済に対して敏感になってくることは確かだと思います。

プロの投資家に挑んでいくので、初心者には厳しいかもしれませんが、舞台が市場なので、素人でも勝てるときは勝ててしまうのがおもしろいところだと思います。

One Tap BUY10倍CFDで取り扱っている商品はどんなものですか?

林さん
「日本225」と「米国500」の2種類です。日本やアメリカの経済が上がるか下がるかにお金をかけることができます。

日本225
シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)に上場された日経225先物の株価指数先物の市場価格に連動したCFD商品。
米国500
シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)に上場されたE-miniS&P500の株価指数先物の市場価格に連動したCFD商品。

次ページ:もっと知りたい!CFD

1 2 3

PICK UP