新海誠監督の聖地。下北沢トリウッドとの関係について迫る。

2018 / 09 / 20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

下北沢トリウッド 山本達也(やまもとたつや)さん

皆さん下北沢トリウッドという映画館をご存知ですか?
下北沢の南口にある小さな映画館なのですが実はあの「新海誠」監督のデビューした場所だったのです。
今回は下北沢トリウッドの山本達也さんに、お話を伺いました!
下北沢トリウッドと新海監督の関係について紐解いていきます!

新海映画の聖地

新海監督のデビューの地として有名な下北沢トリウッドですが、どんなきっかけがあったのですか?

山本さん
もともと、うちの映画館は短編映画専門の映画館でした。そんな中、新海監督の短編映画『彼女と彼女の猫』をうちの代表がたまたま目にしたことがきっかけだったんです。
それは2000年のことでした。
『彼女と彼女の猫』の上映期間中に、お客様があまり入っていない日があったんです。ただ、一人ぽつんと座って見に来られている方がいて、それがまさかの新海監督だったんですよね(笑)。
自分の映画の様子を見に来たのに、お客さんが誰もいなかったという…。
その時に新海監督が代表に、「次の映画も制作している」という風な話をしていて、では次もトリウッドで上映させてください。となり、それが商業デビュー作の『ほしのこえ』で、そこから新海監督とのお付き合いが始まったんですよね。

そんな裏話があったんですね…!映画館に一人で様子を見に来られるなんてなんだかチャーミングですね!

山本さん
そうですね。その時に映画館に来ていなくて、話をしていなかったら、こうして新海監督との関係もなかったわけですし、本当に巡り合わせなのかなと思います。

それ以降新海監督の作品はすべて上映されているのですか?

山本さん
はい。それ以降、新海監督の作品はすべて上映しています。『君の名は。』の時は、今までの作品をすべて上映する「新海誠作品特集」を行いました。

今まで全部となると何作品でしたか?

山本さん
全部で7作品ですね。
『彼女と彼女の猫』と商業デビュー作の『ほしのこえ』、この2作品は短編映画で、『雲のむこう、約束の場所』『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』『言の葉の庭』『君の名は。』この5作品も特集上映で組ませていただきました.

新海監督の活躍はこれからも期待されていますが、トリウッドとしてはどのように応援していきたいですか?

山本さん
本当にたまたま、うちでデビューをしていただいたというご縁で、トリウッドとしては陰ながらずっと応援していければと思います。
大きな映画館だとなかなか短編の映画を上映するのが難しい部分もあるので、トリウッドで上映することで、昔の作品にも触れていただけたらと思います。

アニメ特集

今年の夏休みにアニメ特集と題して上映されていましたが、あれにはどんな意図があったのですか?

山本さん
当初から、夏休みということで、映画を見る機会も増えるだろうし、何か特集をやろうとはなっていました。
そんな時、特集の中にも組まれていた『はちみつ色のユン』というメディア芸術祭大賞を受賞した作品が国内最終上映になるタイミングだったので、この作品も含めてアニメ特集をしようとなりました

反響はどうでしたか?

山本さん
上映した中に、『DEVILMAN crybaby』という作品があったのですが、全10話のアニメを映画館で1~5話、6~10話と分けて上映しました。もともとのファンの方も多かったのですが、映画館で見ることができるという情報をもとに来てくださった方も多かったです。

全10話のアニメを映画館で上映する!というのは斬新ですね!

山本さん
47席しかないミニシアターが、大きな映画館と同じことをやってもそんなに意味がないので、うちの映画館だからこそ味わえるもの、できることをやろうとこれからも思っています。

今、話題の『カメラを止めるな!』

今話題になっている「カメラを止めるな!」ですが、山本さんはどう見られていますか?

山本さん
実はまだ見ていなくて…ただ、すごい反響ですよね。
今は、大きな映画館でも上映されるくらいになっていますし、『カメラを止めるな!』を作った上田監督は、数多くいるまだ芽を出せていない映画監督たちの、ある種の希望だと思います。

まさに下克上というか…夢を与えてくれていますよね!

山本さん
そうですね。『カメラを止めるな!』のおかげで、私たちのような小さな映画館も人の目に触れる機会が増えるのではないかと思っています。
実は、『カメラを止めるな!』の上田監督の奥様も監督で、ふくだみゆきさんというのですが、『こんぷれっくす×コンプレックス』という面白い映画を去年トリウッドでも上映していて、舞台挨拶にも来ていただいていました。

本当に色々な繋がりがトリウッドにはありますね…!

山本さん
そうですね。これからも、素敵な作品を上映できるようにトリウッドらしくありたいと思います。

取材を終えて

あの新海監督とこんな秘話あったなんて…素敵なお話を伺えました。
ブレイク前の監督たちを支える映画館。なんだか可能性を秘めているとしか思えませんでした!これからも注目していきたいと思います。

【今回お話を伺ったのは】
下北沢トリウッド 山本達也さん
所在地 東京都世田谷区代沢5丁目32-5
シェルポ下北沢2階
電話番号 03-3414-0433(電話受付:営業時間内)
定休日 火曜日定休
営業時間 上映スケジュールによって異なる
下北沢トリウッドのHPこちら
下北沢トリウッドのTwitterはこちら

ライター・カメラマン/小宮しほり(しほりん)

都会育ちのミーハーガール!スキマ時間はひたすらインスタ。でも好きな食べ物はカリカリ梅。
WIZOOM編集部の末っ子しほりんです!

【小宮しほり(しほりん)】の記事一覧

PICK UP