【応用編】海外移住の本当。酸いも甘いもある。だって海外だもの。

2018 / 09 / 21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「海外移住.com」トリップキャラクター 「イジュ―」&「エミ―」

海外旅行に行くと、「あ~いつか海外に住んでみたいな~」「このまま永住したい…(笑)」なんて思う事ありますよね!
そんな夢をかなえる「海外移住」について、海外移住に特化したWEBサイト「海外移住.com」でたくさんの情報を紹介してくれている、「イジュ―」&「エミ―」にお話を聞きました!
基礎編に続いて今回は海外移住ランキングと題して、おすすめの国を教えてもらいました!

海外移住先ランキング!

イジュ―!エミ―!おすすめの海外移住の国を教えて!

イジュ―
OK!ただね…海外移住は何を目的にするかですごく変わるから、一概には「この国がいい!とは残念だけど言えなくて…。でも、20代の元気な人たちを対象にして、過去にも現在にも日本人長期滞在者が多く住んでいるという情報をもとにすると…

  • 1位アメリカ
  • 2位中国
  • 3位オーストラリア
  • 4位タイ
  • 5位カナダ
になっているよ!人気には、それぞれ理由があるんだ!

それはどんな理由?

イジュ―
人気な理由と合わせて、注意した方がいいポイントも教えるね!
まずはアメリカから!

アメリカ

イジュ―
アメリカは、日本人移住者・永住者・留学生数が全て1位!日本人にとって最も移住しやすい国だと言えるよ!日系企業、学校、日系マーケットの充実度も一番高いので、まさに日本のお友だちのような国だよ!住む場所によって、好きな気候を自由に選べる点も良いポイントかも知れないね!

エミ―
ただ、国際結婚や学生ビザはともかく、ビザの取得はとってもハードルが高いの!
労働ビザは、専門職や特殊技能者だと取得しやすいけれど、一般職だと中々取りづらいかも知れないわ…。他にも、永住権にあたるグリーンカードというものがアメリカにはあるんだけど、トランプ大統領が規制するとの噂もあるので、取得困難になる可能性があるから注意してね!

中国


イジュ―
中国は、アメリカに次いで、日本人が2番目に多く暮らしている国だよ!
その理由として、日系企業が多く進出していて、仕事の関係で移住している人が多いんだ!
日本からも近く、食も中華で食べ慣れているため、そちらも過ごしやすさの要因になっているよ!

エミ―
リスクとすれば、日中関係悪化時の反日運動の影響等は、頭に入れておくべきだわ。
また、ビザに関しては労働ビザで移住している方がとても多いけれど、2017年に大きく制度が変わり、ポイント制になったの。
企業での年収、勤続年数、中国語の取得レベルなどによってポイントが付けられ、以前よりも労働ビザの取得が難しくなってはいるわ。

オーストラリア


エミ―
留学やワーホリの国として人気が高いのがオーストラリア!
過去、オーストラリアに留学やワーホリで行ったという日本人はかなり多いと思うわ!
日本から近い国の中でも、英語が使えるのが大きいポイント!
気候や自然に恵まれているのも、人気が高い理由の一つかな。

イジュ―
ワーホリや留学以外でのビザ取得となると、労働ビザか永住ビザだけど、もはや初めからの永住ビザを狙うと、富裕層向けのビザしかないんだ…。
その状況でも永住ビザを取得する方法としては、労働ビザから永住ビザを取得する方法が挙げられるよ!結婚or事実婚という手もあるけれど、通常は労働ビザの取得を目指したほうが現実的。ただ、こちらも各先進国同様に、かなり労働ビザの取得が難しくなってきているので、注意が必要だよ!

タイ


イジュ―
ここ近年、日本人に大人気なのがタイ!
ここ10年でかなりの日系企業がタイに進出しているし、物価も安いので快適に暮らすことができ、年中暑い国なので、寒さで困ることはないよ!(笑)

エミ―
タイの場合は、最も簡単なビザの取得方法として観光ビザ(60日間)があるわ。
この観光ビザは、移住前の視察やテスト移住に利用するにはとても良いと思うわ。
実はこの制度を利用して、期限が切れる前に近隣国に出国、入国を繰り返して、タイに滞在し続ける「ビザラン」という違法な方法があったの。現在は、政府も規制を強めていて、治まってきてはいるみたい。基本的に観光ビザで就労するのは違法なので、労働ビザを取得するようにしましょう。
タイは先進国に比べて、働く企業母体がしっかりしていれば、ビザは取得しやすいと思うわ。

カナダ


エミ―
オーストラリアと同様に、留学地やワーホリの場所として人気なのがカナダ。
冬は寒さが厳しい時期が来るけれど、年中涼しいので、暑いのが苦手な人にはとても良いと思うわ。
意外と気候や気温はとても大切で、見極める判断にはいいと思うわ。

イジュ―
カナダの特徴としては、日本人の場合、ビザ無しで最長6ヶ月滞在をすることができるところかな!
視察やテスト移住に利用するのに最適だし、カナダが留学地として人気な理由のひとつだよ!
また、途中からワーホリや学生ビザに切り替えることができるところもプラスのポイントだね!最初から労働ビザを取るのは、ハードルが高いから、ワーホリ→労働ビザ→永住ビザに繋げるのはひとつのゴールデンルートかも知れない!

1 2

PICK UP