「゛」無いけど大丈夫!?待望の2回目開催「テサインフェスタ」が本物だった。

2018 / 09 / 26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「テサインフェスタ」主催 福留 茜さん きくちゆうきさん/GMOペパボ株式会社 SUZURI事業部 鈴木 翔太さん/デザインフェスタギャラリー 井坂 隼さん 

待望の第2回「テサインフェスタ」が2018年10月13、14日の2daysで開催。今回、「テサインフェスタ」を主催する福留さん、きくちさんに加え、クリエイターたちのグッズ制作をサポートするSUZURIの鈴木さん。更には原宿デザインフェスタギャラリーの井坂さんまで、「テサインフェスタ」についてアツく語ってくれました!

待望の第2回が開催「テサインフェスタ」とは!?

どういった経緯で開催が決定したのですか?

きくちさん
実は今回が2度目の開催で、1回目から2年の月日が流れているんです。なぜこのタイミングかというとシンプルに「またやりたい!」という気持ちが再燃したことが大きな理由です。
僕たちのような個人で活動しているクリエイターにとってファンの方と直接会話ができるイベントは貴重なんです。

「やりたい」という気持ちだけで開催ができるものなんですね。

きくちさん
やりたい気持ちだけではできません。場所や内容、出展者などをどうするか、決めなくてはいけません。それらをどうするか福留と相談している時に、以前別のイベントでお世話になったSUZURIの鈴木さんの名前が挙がり「ちょっと相談してみよう!」と鈴木さんに声を掛けたところ、SUZURIもなにかイベント事をしたいと考えていたようで、そこで初めて開催が決定しました。いやー言ってみるものですね!

鈴木さん
もともと原宿デザインフェスタギャラリーの広い敷地を使って「SUZURIで出しているアイテムのプロモーションが出来ないかな」と考えていたところだったので、僕たちSUZURIとしても「テサインフェスタ」の開催は嬉しいことだったんですよ。
クリエイターの皆さんがどのようにしてイベントを回しているのかを現場で見て知っておくことは、サービスを展開するヒントにもなりますからね。

デザインフェスタだと思ったら「テサインフェスタ」なんですね。なぜ「゛」を取ったのですか?

福留さん
デザインフェスタみたいなイベントがしたくて、更にそれを超えるようなイベントを目標としていたんですが、第1回目をやる時に、出展者を集める時点で5人しか集まらなくて、「こりゃ全然だなぁ」と思って、デザインフェスタのパロディ的なノリと、物足りなさを感じるという意味で「゛」を取って「テサインフェスタ」にしました。
「デザインフェスタ」と「テサインフェスタ」紛らわしいけど今では愛着があるイベント名ですね。

1 2 3 4

ライター・カメラマン/宮脇雄士(うしお)

好きなものは映画、漫画、ファッション、カフェ!WIZOOM編集部のサブカル男子、ユウシです。
皆さんの疑問を緩やかに解決します!

【宮脇雄士(うしお)】の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP