「同棲したい!」そんなカップルに捧ぐ、同棲するお部屋探しのポイント

2018 / 09 / 17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

株式会社リクルート住まいカンパニー 「都心に住む」編集長 SUUMO副編集長 江原 亜弥美(えはら あやみ)さん

同棲を考えているカップルの皆さん!同棲するお部屋、どんなお部屋にするか決まっていますか?せっかく同棲するのであれば、二人が楽しく暮らせるお部屋がいいですよね。
でも、同棲するお部屋のエリアってどこがいいの?どんな間取りが良いんだろう?名義人は?様々な疑問を解決するべく、「都心に住む」編集長でもあり、SUUMO副編集長の江原さんに、初めてのお部屋探しのポイントを聞いてきました!

同棲するお部屋の条件は?

同棲する際、部屋探しのエリアはどのように決めれば良いですか?

江原さん
お互い勤務先まで乗り換えなしで行ける場所をオススメします。そのうえで、より多く家事をする方の勤務地に近い方が良いでしょう。
大体同じ時間に仕事から帰ってくるとすると、どちらかが家事をしている間、もう一人はずっとTVを見ていたり、くつろぐことになりますよね。それって、家事をする人にとってはだんだんストレスを感じるかもしれません。
最初から家事の負担を決めたうえで、勤務時間などを考慮して住むエリアを決めると、お互いにストレスが溜まりづらいと思います。

同棲する部屋の選び方を教えてください。

江原さん
同棲するときには、収納が足りなくなる可能性が大きいので、まずはどれくらい荷物があるのかを確認しましょう。それから十分に収納が確保できる部屋を選びましょう。あとは寝室は別にするのかどうかもポイントですね。

同棲する部屋のオススメの間取りは何ですか?

江原さん
絶対に喧嘩しない!というのであれば1Rか1Kでも大丈夫だと思います。しかし、初めての同棲となると、喧嘩をする可能性はゼロではないので、できるかぎり逃げられる場所のある間取りがいいと思います。1DKまたは1LDKですね。2DK、2LDKでお互いに寝室を別にするのも良いです。実際に、1K、1DK、1LDKを選択するカップルが4割程度、2K、2DK、2LDKを選択するカップルは3割近くいます。間取りを決めるときも、お互いの価値観をしっかり話し合うことが重要ですよ。
江原さん
どちらかの家に彼氏または彼女が引っ越す場合は、必ずその家が二人以上の入居ができるのかを確認してください。
同棲するときに探す部屋も、同じく二人入居できるかを確認しましょう。1Kだとほとんど1人用の部屋なので、勝手に2人入居しているとオーナーさんや管理会社さんから退去するように求められる場合もあるので注意が必要です。

同棲する際のお部屋探しのポイント、内見のポイントは何ですか?

江原さん
二人で決めた条件に当てはまるかどうかを確認することが第一です。ひとり暮らしを始める前よりも、内見で見ておくべきポイントなどの準備を十分にしておいた方がいいですよ。

★ポイント★
同棲するお部屋は…
・お互いの勤務地に、乗り換えなしで行けるエリアがオススメ!
・家事をより多くする方の勤務地に近いと◎
・お互いの荷物がどれくらいあるのかを確認しよう。
・どんな生活をするかを話し合って、間取りを決めよう。
・二人入居ができるか、必ず確認しよう。

費用や名義人、保証人…ひとり暮らしの時よりも慎重に考えよう

同棲する部屋を探す前に、必ずしておかなければならないことはありますか?

江原さん
新しく部屋を契約して同棲する場合、保証人が必要なので、ご両親の了承を得ておくことが必須です。

初期費用(敷金礼金、引っ越し費用)はどれくらいかかりますか?

江原さん
想定している家賃の6か月分が目安です。もともとお互いがひとり暮らしをしている場合は引っ越し費用もかかったり、家具を処分する必要があるので、実家から引っ越すよりもお金がかかる可能性があります。なので、ひとり暮らしを始めるときよりも余裕をもっておくと安心ですね。

契約の名義人は、どちらが良いのでしょうか?

江原さん
特に規定はないのですが、収入が多い方が良いでしょう。部屋を契約する際は、2人で住む場合も片方が名義人になって審査を通すことが多いので、収入が多い方がオーナーさんや管理会社さんも安心すると思います。

★ポイント★
同棲の準備の時は…
・必ず両親の了承を得ておく!
・収入が多い方が名義人になると安心。
・初期費用は、家賃の6か月分が目安!ただし、引っ越し費用や家具の処分にかかる費用も計算しておこう。

しっかり準備して、素敵な同棲生活を始めよう

同棲の良い点は何ですか?

江原さん
結婚前の同棲には賛否両論あると思いますが、お互いの価値観や生活リズムが分かるので、私はオススメします。
間取りにもよりますが、ひとり暮らしよりも家賃の負担は小さくなりますし、また、家事の分担もうまくできれば半分にもなります。同棲する前に、家事はどうするのか、家賃は折半にするのか、荷物はどれくらいあるのか、寝室はどうするのかなど…しっかりお互いでどんな生活をするのか、条件は何かを話し合いましょう。そのうえで間取りや家賃を決めると、同棲を始めた後も楽しく暮らせると思いますよ。

同棲する前に喧嘩しそう…(笑)。

江原さん
それも良いと思いますよ。もし結婚するとなると二人での共同作業も増えますし、同棲を通してお互いのライフスタイルをしっかり理解することは重要ですね。
「同棲したい」と思ったら、まずはお互いがどんな生活をしたいのかをしっかり話し合いましょう。そのうえで、二人の生活に合ったお部屋を探しましょう!ぜひ、SUUMOも使ってくださいね!
SUUMO でお部屋を探してみる

取材を終えて

ひとり暮らしの部屋を探すときは、自分が気に入る部屋を探せば良いのですが、同棲の場合は全く違いますね。お部屋探しをする前に、二人でしっかり話すことが大切です。
憧れの同棲生活…二人がどんな生活をしたいのかを話し合う時間も、大変ですがきっと楽しいですよね!

ひとり暮らしのお部屋探しのポイントを教えていただいた記事もありますよ。ぜひチェックしてみてください!

関連記事
初めてのお部屋探し、いつから?予算は?間取りは?SUUMO副編集長に聞いてきた!

【今回お話を伺ったのは】
株式会社リクルート住まいカンパニー 「都心に住む」編集長 SUUMO副編集長
江原 亜弥美さん

所在地:東京都港区芝浦3-12-7 住友不動産田町ビル
株式会社リクルート住まいカンパニー コーポレートサイトはこちら
SUUMOはこちらから
「都心に住む」のページはこちらから
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP