【真面目に語る】「いいこと言うつもりはない!」SCHOOL OF LOCK! とーやま校長が8年間を振り返る。

2018 / 08 / 30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SCHOOL OF LOCK! とーやま校長

10代から根強い人気を誇り、数々の芸能人やアーティストの出演するラジオ番組「未来の鍵を握るラジオの中の学校」『SCHOOL OF LOCK!』 (SOL!)。20代の皆さんの中にも、この番組の生徒(リスナー)だった方も多いはず。そんなSOL!から番組のフィロソフィをつめた書籍「SCHOOL OF LOCK!DAYS」が8年ぶりに登場!今回は、SOL!二代目校長であるとーやま校長に、元生徒として取材に伺ってきました!とーやま校長の生徒に対する想いや、8年間を振り返って印象に残った出来事、元生徒の20代の皆さんに向けた黒板メッセージまで、盛りだくさんでお送りします。

そこで生徒たちと向き合えるようになったんですね。

とーやま校長
向き合うというよりは、本気で思っていることじゃないと、言葉にしてはいけないんだなと感じました。

今でもそれを出来ているかはわからないけど、SOL!は生徒たちのリアルな相談や悩みが集まる場所だからこそ「こういうシーンでは、こういう言葉を返す」定型文みたいな言葉で済むようなものではないんだなと思います。
定型文は話題を変えたり、段落を切るためには必要かもしれないけれど、たぶんそれはラジオではいらないし、言ったところで生徒たちと距離ができるだけです。

時代によって10代の考えることに変化はあったりするんですか?

とーやま校長
時代が変わっても根本は変わってないと思います。生徒たちが書き込んでくれてる掲示板をみると、Twitterやインスタとか、流行っているアーティストの名前に違いはあっても、10年前も今も、書き込んでくれる内容はそんなに変わってないんですよ。
だから、僕もずっと同じこと話してるような気がしますもん(笑)。それがLINEなのかメールなのか手段が変わるだけで、「なんで好きな子に連絡しないんだよ!?」みたいなこと8年間ずっと言ってる。

8年以上校長をやっていても、会話の引き出し増えなさそうですね…(笑)。

とーやま校長
ほんとですよ(笑)。大きく分類したら3つくらいの話題で回ってる気がしますね…。だから、いくら便利なものが世の中に出てきたりしても、10代の根本はいつの時代も変わらないんだと思います。
38局ネットで全国の色んな人が聴いている中、個人の生徒との会話をさせていただけるって、すごいことだなとつくづく感じます。スポンサーの事とか、尺のこととか、本来は考えなくちゃいけないのかもしれないですけど、それを「考えなくていい、思ったことだけをぶつけてくれ」と言ってくれる職員にも感謝しています。

僕がもっと番組を回すのが上手くて、器用だったらスポンサーのこととか考えちゃうかもしれないんですけど、器用なことができないところを見て、僕は校長に選ばれたんですよ。

え、そうなんですか?

とーやま校長
先代のやましげ校長からバトンを渡されたときにも、候補の中で「1番器用じゃないから選んだ。」と言われました(笑)。

これからも友達のように生徒たちと話していかれるんですね。

とーやま校長
そのつもりです!だからあまり仕事だとも思ってないです。8年以上にわたりラジオ局で毎日、生放送させていただいてますが、友達と2時間かけて話してる感覚ですね。

次のページでは、とーやま校長がSOL!の思い出を振り返る

1 2 3 4 5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP