【20代の結婚意識改革】結婚式の地図を作る!今からできることはたくさんあるんです。

2018 / 09 / 10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Wedding Design Luce 代表 新矢ヒカル(しんやひかる)さん

結婚。まだまだ先のことだと思っていませんか。ただし、準備は今からするべきなんです。
今回は、ウェディング業界に携わって30年近く、さまざまなカップルを見てきた、Wedding Design Luce(ウェディングデザイン ルーチェ)の代表を務める、新矢ヒカルさんにお話をお伺いしました。

子育て卒業式

他に結婚する前にやっておくべきことは何かありますか?

新矢さん
親孝行はしてほしいなと思います。私の今まで担当した新郎新婦のお話のイメージだと、今の20代は、10代の頃の親御さんとのお写真は多くあるけれど、20代に入ると少なくなっているように感じます。

以前、お互いの兄弟の中で1番最後の結婚式になった、長男長女の新郎新婦が、両家のご両親への「感謝」と「お疲れ様」の気持ちを込めた家族旅行を、結婚式と一緒に行いたいというご依頼がありました。式の中に「子育て卒業式」のプログラムを組み、それぞれのご両親に卒業証書を渡したりしました。
そして両家のご両親が退場するときに、自然と両親が腕を組んでいたんです。
きっとお父さん、お母さんから、子どもが生まれる前の男性と女性に戻り、親にとっても立ち位置が変わるきっかけになるんだと思いました。
そして「これはもしかしたら結婚式のあるべき姿なのかな」と感じました。

結婚をするカップルも、そのご両親も、結婚式を境に生活を変えて行く必要があると思っています。新郎新婦は新しい家庭を2人で、両家のご両親はまた夫婦に戻り、第2の人生として歩むきっかけにしてほしいなと思います。
なので、親御さんと過ごす時間を、もっと大切にしてほしいなと感じます。自分たちがいざ結婚してこれからの人生を歩んでいくとなると、親の偉大さが染みると思いますよ!
ただ、結婚しても親と子は変わらないので、ひとつの親孝行のきっかけとして、感謝の気持ちを伝えてほしいなと思います。

フリープランナーは結婚式の地図を作ってくれる

結婚はまだですが結婚式の準備の順序は知っておきたいです…。

新矢さん
皆さん大前提として、結婚式の準備は何をしていいか分からなくて当然だと思います。
今は、結婚が決まったら、まず会場探しから始めるのが主流かもしれません。ただ、何のイメージもなく、ドレスも会場も分からないという方は、プランナーから探すのもひとつの方法だと思います。
どんな結婚式をしたいか、どんなゲストを呼びたいかという軸で考えると、必然的に、会場から探すのか、プランナ-から探すのか、ドレスから探すのか、決まってくると思います。

ただ、ひとつ気をつけていただきたいのは、フリープランナーの経歴を必ず見ていただきたいということです。プランナーには資格は無いので、今日から宣言すればフリーウェディングプランナーになれます。そのため、しっかりと実績と経験のある人を選んで欲しいです。
ウェディングプランナーは必要なものを手配していく、「手配屋」ではなく、結婚式の地図を作る役割があります。お客様がイメージされているものを起こしていき、形にしていきます。

その方の、人生に一度の大切な瞬間に、責任を持つ意識がある方でないと嫌ですよね?
最近友達のように接するプランナーも多いですが、気が合うから等ではなく、自分たちの結婚式を一緒に創り上げることができるかどうかで判断してほしいと思います。

1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP