みんなで釣ってなんぼでしょ!あなたも「アングラ―」の仲間になってみる?

2018 / 08 / 24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

株式会社スミス 商品部広報課 課長 笛木大二郎(ふえきだいじろう)さん

休日のリフレッシュにアウトドアを趣味にされている方、多いのではないでしょうか?最近、女子も男子もハマる人続出!?という「釣り」。
その魅力と初心者向けの基礎知識を伺ったのは、釣りに使うルアーを製造する株式会社スミスの笛木さん。ご自身も釣りが大好きという笛木さんに、釣りのイロハについて聞いてきました!

「アングラー」って何???

サイトを見ると、聞きなれない言葉が多いのですが…。

笛木さん
ルアーフィッシング(ルアーを使う釣り)は、アメリカやヨーロッパから入ってきた釣りのため、使う用語も外来語がとても多いんです。いくつか基本的な用語をご紹介します。

ルアーフィッシング用語
アングラー :釣り人。
ルアー   :疑似餌。
フライ   :(洋式の)毛針。海外の釣りでは疑似餌のルアーとは区別される。
ロッド   :竿。
タックル  :釣り道具一式。

どんな道具をそろえればいいですか?

笛木さん
基本のパーツはルアー、竿、リール、糸です。消耗品のルアーは購入する必要がありますが、初めから全部そろえるのは金額的にも大変なので、初心者の方には管理釣り場(釣り堀)をおすすめします。管理釣り場の多くは、貸道具があったり、初心者向けに釣りを教えてくれるところがあります。

道具を借りて使ってみて、面白ければ自分でも買い足していけばいいと思います。釣りに使う竿は数千円~5万円、リールも、数千円~10万円と様々なので、初めは竿とリールを合わせて2万円くらいから入って、釣りを楽しむうちに少しずつアップグレードしていくといいと思います。

スミスの管理釣り場用竿。パーツをつなぎ合わせて使う。

笛木さん
また、初心者はマス釣りやバス釣りがおすすめです。マス(トラウト)は養殖が発達していて、供給がしやすいため、ほとんどの管理釣り場がマスをメインで使っています。冷たい水を好むマス釣りのシーズンは、秋から春の初め頃です。

いろいろそろえたくなる!ルアーについて

カラフルでかわいいですね!

笛木さん
ルアーと言っても、重さや形、色など、かなりのバリエーションがあります。
こちらは「プラグ」。かわいいものからリアルな魚の形のものまであります。
笛木さん
「スプーン」という、金属の板を曲げたルアーもあります。一見、魚には見えませんが、水の中で引くと魚が反応して食いつくんです。
管理釣り場には、釣った魚を持ち帰ることができる場所もあれば、また返さなければいけない場所もあります。リリースしやすいように、管理釣り場用の釣り針には「返し」がありません。

初めにそろえるルアーはどんなものが良いですか?

笛木さん
まずは、5種類ほどをそろえていただきたいですね。同じ釣り場の魚でも、放流したての魚は派手なルアーに反応します。ところが、一度釣られた魚は、学習して派手なものを食わないようになります。そうすると、地味なルアーやコントラストのはっきりしたルアーを使わなければ釣れません。それも楽しみのひとつですね。

マス釣りに使える!初心者がそろえると便利なルアー

プラグ
①光りもの
②地味系、底にいる魚を釣る
③地味系、中層~表層にいる魚を釣る
スプーン
①赤と金。放流したての魚に使う
②派手なもの
③裏面が地味なもの
④地味系
⑤小さいもの

なんだかかわいく見えてくる…!ブラックバス釣り

笛木さん
初心者にも釣りやすい魚として人気があり、かわいい竿や派手で種類も豊富なルアーなど、見た目にも楽しめます。バスも釣りやすい種類ですが「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」(通称、外来魚法)の関係で、取り扱いが難しく、管理釣り場でバスを扱えるのは全国でも10か所ほどです。外来魚であるバスは、地域ごとの規則も多いので、事前に確認してくださいね。シーズンは夏場です。

実際の釣りで使える基本の動作/知識

竿の持ち方

笛木さん
右利きの人は竿を右手で持ち、左手でリールを巻きましょう。利き手で竿を持つ方が、ルアーをコントロールしやすいです。
釣り糸は、人差し指の腹で押さえておきます。糸を投げるときは、糸を放すことでルアーが落ちます。止めたい場合は糸を押さえると止まります。

竿の握り方

笛木さん
リールとの連結部分を中指と薬指で挟むようにして握ります。安定して竿が握れて、なおかつ落としにくいですよ。ぎゅっと握らず、軽く握っておくと、慣れてきたときにいろいろな応用ができます。

リールの巻き方

笛木さん
利き手でリールを巻きたいと思う方が多いですが、左手巻く癖をつけておくと、竿を持ち替える手間が省けて、魚がかかったときにすぐに対応できます。

ルアーの投げ方

笛木さん
水面に垂直に、まっすぐ投げるのが基本です(オーバーヘッドキャスト)。ルアーが真っすぐ飛び、距離もつかみやすくなります。
また、釣り針を使う釣りには危険がつきまといます。安全に、確実に投げて、針が周囲の人に引っ掛かってしまうといった危険を抑えるために、投げる前に、前後左右の確認を心がけましょう。

あったら便利な持ち物はありますか?

笛木さん
必ず持って行っていただきたいのが、帽子とサングラス(メガネ)です。頭や目に針をひっかけてしまうのが一番恐いので、思わぬ事故を減らすために着用していただきたいです。
小物系では、ペンチ、ハサミ、クリッパーを持っておくと便利です。魚にかかった針を外したり、釣り糸を切るときに使用します。

釣った魚の持ち方に決まりはありますか?

笛木さん
ブラックバスのあごを持っている写真をよく見かけますが、魚によって持ち方が異なります。ブラックバスは歯がするどくありませんが、歯が鋭いマス類や太刀魚のあごを持ってしまうと、大けがをしてしまいます。
管理釣り場で魚を逃がす場合、魚は触らずに針を抜いて逃がしてあげてください。「リリーサー」という針を抜くための道具が便利です。また、ラバーネットという網を使えば、魚を傷つけることなく逃がしてあげることができます。

針を抜くためのリリーサー

ラバーネット。軽くて持ちやすい。

釣りにお天気は関係ありますか?

笛木さん
天気はとても大事ですね。夏の時期だと、暑い日よりも曇っている日や小雨の日のほうが魚にとっていいことが多いです。また、人間と同じで、魚も暑い日は夏バテ気味で食欲が落ちてしまうので、夕立で雨が降って水温が下がり、酸素が供給されると、魚たちが元気になります。

真冬の寒すぎる日も、あまり釣りに向きません。夏とは異なり、冬の雨は水温を下げてしまいます。そうなると、魚も活動しなくなってしまいます。ただ、雪の日はそんなに冷えないので案外よく釣れるのですよ。
一方で、人間にとって雨の日は釣り道具が扱いづらくなるので、初心者の方は、晴れの日に外で気持ちよく釣っていただくのもいいですね。

釣りを始める人たちへ。知ってほしい大切なこと

釣りの楽しみって何ですか?

笛木さん
魚と接することですね。魚が大好きで、魚の動きを手で感じることができる釣りも大好きです。自然の釣り場の景色がいいことも魅力のひとつです。
また、釣った魚を無駄にせず、おいしく食べるのもいいと思いますよ。釣って帰る魚を家族が楽しみにしてくれているのも嬉しいですね。
私は釣りが大好きで、会社の仕事とは別に、釣りのインストラクターもやっています。他にも、釣り大会の審査員や検定も持っているんですよ。

スミス桜祭りの様子。桜に囲まれて釣りなんて素敵ですね!

スミスさんは、環境への取り組みもされているんですよね?

笛木さん
釣りをされる方には、釣り場にごみを残さないことを心がけていただきたいです。細かい釣り糸でも、魚や水鳥に絡まってしまいます。
自分が出したごみより、ひとつでも多く持ち帰っていただければ、釣り場はきれいになっていきます。
ごみ袋の配布や、掃除の手伝い、「53up(ごみアップ)」という取り組みのスポンサーとして協賛をすることで、環境保護の取り組みを企業でサポートしています。
釣りに携わる企業として、私たちも環境に還元できることができればと思い、取り組みを続けています。

取材を終えて

釣りのことを楽しそうにお話される笛木さんを見て、私も釣りにチャレンジしてみたくなりました!
釣り具メーカーとして、環境を守る取り組みにも積極的に参加されているスミスさん。釣りに関する基礎知識だけでなく、釣りをする際の注意点や守りたいマナーについてのお話も大変勉強になりました。笛木さん、ありがとうございました!

【今回お話を伺ったのは】
株式会社スミス 商品部広報課 課長 笛木大二郎さん
所在地 東京都世田谷区上馬 4-23-1
電話番号 03-3412-0075
■株式会社スミスの公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP