【20代初めての株】知っておかなきゃもったいない!「株は儲かる」という事実。

2018 / 08 / 20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

株式会社One Tap BUY 代表取締役社長 CEO 林和人(はやしかずと)さん

20代の皆さんは「投資」と聞くと、なんだか難しそうなイメージありませんか…?「スマホ片手に、気軽に株が買えたらいいのに…。」という20代の私たちにぴったりで初めて株を運用する人向けにサービスがあると聞きつけ、お話を伺ったのは株式会社One Tap BUYの林さん。「株と言っても、何が何だか分からない!」という初めての方に知っていただきたい、お金の話です!

投資とは、就労所得に対して、不労所得を稼ぐこと。

投資って何ですか?

林さん
簡単に言うと、働いて稼ぐ「就労所得」(給与)に対して、働かずともお金が入ってくる「不労所得」というお金があり、「不労所得」の代表が「投資」になります。教科書にそうは書いていませんが、20代の株が初めての方に説明するなら、一番わかりやすいのがこの説明だと思います。

投資の種類について教えてください。

林さん
投資には、株や不動産、債券などの対象商品がいくつかあります。私たちが扱っているのは株という「金融商品」と呼ばれるものです。世の中では、株と不動産が2大不労所得となります。
世界で一番お金持ちのビル・ゲイツや、日本で一番お金持ちの孫正義。彼らは、現金をたくさん持っているわけではなく、自社株の評価で資産を築いているんです。世の中のお金持ちは全員、投資でお金を稼いでいる人たちなのです。
投資の世界では、長期でものごとを見なければいけません。短期で株を売買するのは、「投機」にあたります。資本を長期で持ち、経済活動の実態が育つときにお金も育つ、それが投資です。市場にはアップダウンの波がありますが、それを予測して短期的に株を売買するのは投機。FXやデリバディブ、デイ・トレーダーと呼ばれる人たちは、投資家ではなく「投機家」になります。

全く知らなかったです…。

林さん
日本では、お金や投資についての教育がありません。アメリカでは、お金に関する教育が若いうちからあり、世帯や個人資産のなかで株が占める割合は全体の30%。日本では、個人金融資産が1,800兆円あると言われているにもかかわらず、株が占める割合は10%程度で、ほとんどが預金にまわっています。
投資の対象や株の売買のタイミングで、株取引の性質が変わります。株や債券を長期で持つのが投資。基本的に投資は、実体経済が大きくなるうえでは、銀行預金よりも収益が上がるというのが、マクロ経済のロジック上明らかになっています。市場が暴落しても、ずっと株を保有していると、必ずオーバーパフォーマンスをするのが株の特徴です。

株は、必ず儲かる!

林さん
お金は自然界のものではなく、各国の中央銀行が発行した人工的なものです。人口が増えるとともに、お金の量も増えないと、物価が上がってしまうので、中央銀行はお金を印刷します。人口が増えるとお金も増えて、税金によってインフラが整備されます。そうして、より住みやすい社会になり、企業がそこで経済活動をしてお金がまわり、また税金が入ってくる、というのが資本主義のしくみです。
そのなかで、人口増の社会では企業の活動が拡大していくはずなので、企業が出資した株の価値が上がるというしくみになっています。
なるべく若いうちに購入した株は企業の成長と共に大きくなるため、利益が出やすいのです。それは、20代のうちから知っておくべきことです。できるだけ早いうちから少しずつ投資をして、お金を運用しておくと、将来何よりも恩恵を受けるというのが私の持論です。日本の若い方たちには、一刻も早く株式投資を始めて欲しいです。

投資には、デメリットもあるのではないですか…?

林さん
株には、メリットしかありません。株が下がるときがデメリットになりますが、株数単位ではなく、金額指定の1,000円から株を買えるのがOne Tap BUYの最大の特徴です。例えば毎週木曜や毎月25日といったように決まった日に1,000円や10,000円といった同じ金額の株式を買うと、株価が下がったときには購入できる株数が増えますよね。これを、「ドルコスト平均法」と言って、投資のなかで一番効率のいい取引になります。
例えば、毎週月曜に、1,000円ずつ株を買うと月4,000円です。飲み会を1回我慢して株を買っておけば、3年後、株価が上がっていれば儲かっていると思うんですよね。安全志向の人ほど、少額を積み立てる方法が一番いいと考えています。

日本の人口減少社会では株式投資は儲かるの?

林さん
日本でも、海外展開している企業は、国内だけで市場を構える会社に比べて株価が伸びています。
世界人口は2030年に80億まで増えると言われていて、今より10億人増えるということは日本の国がまるごと8個できるくらいの人口が増えることになります。日本は人口が減っていますが、世界を見ると人口は増えているので、海外進出している企業や、これから海外展開をすれば強いと考える企業の株を買っておくと、将来の楽しみが増えるのではないでしょうか。

次ページでは、スマホで簡単に株取引ができるOne Tap BUYのサービスについて質問してきました!

1 2

PICK UP