これなら今すぐマネできそう!マナー講師が教える、冠婚葬祭マナー

2018 / 09 / 01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

NPO法人 日本サービスマナー協会 マナー講師 上田由佳子(うえだゆかこ)さん

20代になって、冠婚葬祭のシーンに出席することも増えてきましたよね。そんなとき、正しいマナーが分からず困ったことはありませんか?今回は、マナー講師の上田さんに、最低限知っておきたい「大人の冠婚葬祭マナー」についてお話を伺ってきました!

できたらふるまい美人♡ワンランク上のマナー

ふくさを使ったご祝儀の包み方

上田さん
ご祝儀は、必ず包んで持参しましょう。紫色のふくさは、慶弔どちらの場面にも使えるので便利です。
慶事:万歳のイメージ

① ご祝儀袋を左に寄せる
② 左を折る
③ 上を折る
④ 下を折る
⑤ 最後に右をから包む

弔事では、すべてこの反対に包みます。

ご祝儀を渡すときのマナー

上田さん
ご祝儀を渡す際にもポイントがありますよ。

① 受付に行き、「本日はおめでとうございます」と一声かけ、新郎か新婦、どちら側の友人かを伝えます。

② 芳名帳に名前を書く(会場によって順番は前後します)。
どれだけ字が汚くても、自分で書きましょう!

③ ご祝儀をカバンから出す。

④ ふくさの包みを開けてご祝儀を取り出す。

⑤ ふくさを軽くたたむ。

⑥ふくさの上にご祝儀を置く。

⑦ 「こころばかりのお祝いです」などと言いながら、袋の文字が相手に読めるように向け、ご祝儀を渡します。

お辞儀のマナー

上田さん
腰から背中、頭の後頭部が真っすぐになるようにお辞儀をします。頭だけを下げるのではなく、腰から折り曲げることを意識してください。「おめでとうございます/ありがとうございます」とはじめに言ってから、お辞儀をしましょう。

① 会釈(15°)
相手の腰を見るくらいに目線を下げましょう。
② 敬礼(30°)
一般的なお辞儀です。
③ 最敬礼(45°)
最も深いお辞儀。「ありがとうございます」という感謝の気持ちを表します。

【これも大切!】SNSのマナー

上田さん
SNSにアップする際は、写っている方に一言、「SNSにアップしてもいいですか?」と声をかけましょう。勝手に載せないという、SNSでのマナーも守っていただきたいですね。

次ページでは、失敗できない【弔事のマナー】についてお話を聞きました!

1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP