初心者でも壁紙マスターになれる!壁紙以外のアイテムも使ってお家をリメイク♡

2018 / 08 / 23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

株式会社ジュブリー 代表取締役 笹川亜由菜(ささがわあゆな)さん

今回は前編に続いて、貼ってはがせる壁紙の貼り方やポイント、その他のDIYグッズをご紹介します。また、素人はなかなか知らない、「建材」についての知っておくべき豆知識もご紹介します!
これであなたも壁紙マスター!

初心者でも大丈夫!貼って剥がせる壁紙でお部屋のDIY

壁紙を貼ったことがない方でも、できますか?

笹川さん
もちろんです。初めての人に「トライアルセット」もご用意しています。
皆さんシールタイプの壁紙もよくご覧になると思いますが、意外と糊で貼っておくタイプの壁紙の方が微調整が出来て簡単だと私は思います。シールタイプは間違えたら、一度すべて剥がさなければならないですが、糊タイプは乾く前であれば、動かせます。また、例えば6畳の長手の壁一面を貼るのに大体5回~6回、作業を繰り返しますが、貼っているうちに慣れてきて、最後の方はだいぶ上手く貼れると思います。

初めての方はこれ!58種類の中から、壁紙1本を選び、施工道具もついてきます。
トライアルセットの詳細はこちら

フリース素材の壁紙は、基本的には横幅が50センチ前後で、10メートルひと巻きが基本です。
大体6畳のお部屋で壁の広さが360×240だったら、2本~3本の壁紙のロールを使います。2本~3本という幅がある理由は、「柄のリピート」があるためです。横の壁紙の柄に、はまるように貼っていくので、余ってしまう壁紙が出てきます。余った壁紙は小物に使ってもらったり、リメイクするために使ったりできます。
壁紙の材質によりますが、両面フリース素材であれば約2時間程度、表面ビニール素材だと約1日半程度乾かせば完成です。触っちゃいけないというものもではないので、普段通り過ごしている間に完成していると思います。
▼詳しい説明動画はこちら▼

壁紙マスターへの道!押さえておくべきポイント

これはおさえておくべき!というポイントを教えてください。

笹川さん
まずは、「いきなりトイレから挑戦しない」事です!トイレは家の中で、一番入り組んでいるといっても過言ではないところです。結構まずはトイレからやろうかな、と始める方もいるんですが、一番簡単に貼り方を体験して、習得するのにちょうどいいのは、障害物のない広い壁一面です。

また、「難しいところは貼らない」というのも一つの手法で、入り組んでいる壁は避けてアクセントとして部屋4面に貼らず、1面だけに貼るなど、工夫次第で楽におしゃれができると思います。

壁紙のチョイス

たくさんある壁紙から選びきれず、迷ってしまう気がします…。

笹川さん
そうですね。私たちの会社で取り扱っているだけでも常時約3000種類の壁紙をご用意しています。
でも、意外と選べます!持っている家具、床の色など、「変えられない色」が家の中にあると思います。その色と合う壁紙を探していくといいかもしれません。また、一番は初めに「カワイイ」と思った、壁紙を選ぶのが最終的に後悔しないのかなと思います。
他には、柄と柄を組み合わせるのもカワイイので、おすすめです。柄と柄を組み合わせるのが難しいという方には、同じブランドの中から選ぶといい組み合わせが見つかるかもしれません。
ジュブリーおすすめの壁紙はこちら

安全に暮らすために

壁紙と聞くと「ホルムアルデヒド」などの有害物質が気になります。

笹川さん
フリース壁紙を買うとなると、ネットショップになると思うのですが、住宅を建てるときに用いられるいわゆる「建材」と呼ばれるものに、有害物質など人体に影響のあるものを日本の規定内でクリアしている商品にのみ、「F☆☆☆☆」というマークがあります。日本の法律には、使ってはいけないという法律はあっても、販売してはいけないという法律が無く、グレーゾーンなんです。ネットショップだと、日本の規定をクリアしていないものも中にはあリます。その理由は、輸入商品が多いところにあります。海外と日本の住宅は規定が違います。海外に比べ、日本は密閉性が高い家が多く見られます。そのため、規定が異なりますが、そのまま販売してしまうという流れです。

ジュブリーで販売している壁紙は、「F☆☆☆☆」をきちんとクリアしている商品しか、販売していないので安心してご購入いただけます。また、他の販売店さんで買うときは、「F☆☆☆☆」をぜひ気にかけてみていただきたいと思います。
最近流行ってきたとはいえ、まだまだDIYの浸透も薄い日本では、楽しむためにも重要視しなければならないことなのではないかと思いました。

壁紙マスターになったら次はこれ!

壁紙以外のアイテムにはどんなものがありますか?

タイルシール


笹川さん
まずはタイルシールです。はがせるタイプ、はがせないタイプの2種類です。本物のタイルを使っているので、立体感が出ますし、今流行のモロッカンタイルのシールもあるので、ぜひ使ってほしいです。
タイルシールを剥がす際に、剥がし材があると綺麗に剥がせるので、おすすめしています。

クッションシール


笹川さん
レンガと木目とタイルの3種類あります。
やわらかい素材を使用しており、カラーバリエーションもあります。壁のアクセントにおすすめです。

ウォールステッカー


笹川さん
白黒は自社オリジナルのもので、私がデザインしています。
「すまいるん」という壁の端から出てくる姿をイメージして描いた、キャラクターもデザインしています。

取材を終えて

壁紙以外にもお部屋を可愛く、素敵に変身させるアイテムがこんなにたくさんあるとは、DIYは本当に奥が深いなと思いました。
また、安全に暮らすために、もっともっと多くの人に「F☆☆☆☆」を知ってほしいなと思いました。取材のご協力ありがとうございました!
関連記事はこちら

【今回お話を伺ったのは】
株式会社ジュブリー 笹川亜由菜さん
所在地 東京都港区麻布十番3-3-5
お問合せ 050-5837-7483
株式会社ジュブリーのネットショップ~壁紙革命~はこちら
壁紙革命のTwitterはこちら
壁紙革命のFacebookはこちら
壁紙革命のinstagramはこちら

PICK UP