星がみたいときはどうすればいい?「そうだ、プラネタリウムにいこう」

2018 / 07 / 24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

多摩六都科学館 パブリックリレーションズグループリーダー 石山 彩(いしやま あや)さん

「都会には星がない」とよく耳にします。特に地方から都会に出てこられた方は、夜空に星が瞬いていないことに驚く方も多いのではないでしょうか。
しかし、安心してください。西東京市にある多摩六都科学館には、世界屈指の大きさを誇るプラネタリウムがあります!
今回、多摩六都科学館の石山さんに、世界屈指のプラネタリウムと、科学館の大人でも楽しめるくらいの豊富なコンテンツについてお話を伺ってきました。


世界が認めたプラネタリウム

多摩六都科学館のプラネタリウムは何がすごいのですか?

石山さん
世界的に見ても大規模なプラネタリウムで、直径27.5メートル、客席数234席の大きさをほこるドームが特徴です。ドームが小さいと星座も小さくなり、本当の空で探しにくくなります。天井も高いため、客席と投影される星空の距離が広く、本物の星空さながらの、迫力あるプラネタリウムをお楽しみいただけます。

投影する機械にも特徴はありますか?

石山さん
当館に導入されているケイロンⅡという投影機は、1億4000万個を超える星を投影できるんです。2012年のリニューアル時に導入されたもので、機械と同時にスクリーンとシートを含めた内部を大きく改修工事を行いました。

©GOTO

1億4000万!?日本の人口より多いじゃないですか…。他にもこだわりがありそうですね!

石山さん
多摩六都科学館の投影プログラムでは、専門スタッフによる生解説があります。その日のお客様の客層や雰囲気にあわせて、話す内容はもちろん、BGMまで変えています。同じテーマでも解説する人間が変わると雰囲気も大きく変わるので、繰り返し見ても楽しめるというのが特徴です。

プログラムはどれくらいの頻度で変わりますか?

石山さん
プログラムは約2カ月ごとに変わります。7月21日からは、西武鉄道から秩父鉄道に乗り継いで、天の川を見に行くことを想定したプログラムを投影します。鉄道で旅をしているような気持ちで見ることができるので、乗り物好きなお子様はもちろん、大人でも十分に楽しんでいただけるプログラムです。

ご家族やカップルなど、幅広い層に楽しんでいただけそうですね。

石山さん
十分に満足して頂けると思います。多摩六都科学館は地域の小中学生の校外学習の場としても利用されているので、子ども向けの施設と思われてしまいがちですが、20代を含め大人でも十分楽しめるコンテンツが盛りだくさんです。

プラネタリウムのプログラムで20代におすすめなものはありますか?

石山さん
「全天88星座~光が語る天球の地図~」というプログラムもおすすめです。星座は全部で88個あり、こちらのプログラムでは、88星座を全て見ることができます。星座の絵は、東久留米市出身のアーティストによって新しい姿に生まれ変わっています。お盆限定のプログラムなので、短期間の上映にはなりますが、幻想的な空間を楽しむことができるのでおすすめです。

石山さん
その他に、多摩六都科学館ではプラネタリウムと同じドーム内で「大型映像」というプログラムを行っています。大型映像は基本的には映画のような雰囲気で楽しんでいただくものですが、ドームのスクリーン全面に映し出された迫力ある映像は圧巻です。ちょっとしたアトラクション感覚を味わうことができますよ。

科学館におしゃれなカフェがある!

プラネタリウム以外にも面白そうなコンテンツがあるんですね。

石山さん
月の重力を体感することができる展示もあり、常設展は大人でも新しい発見をすることができると思います。また、館内には地域の食材を使ったメニューを提供しているカフェも併設していますので、1日中楽しんでいただけるくらい、コンテンツは充実しています。

科学館は子ども向けのイメージがありました。

石山さん
科学館というとお子さま向けのイメージがありますよね。しかし最近では、デートや友達同士で足を運んでくださる方も増えてきています。プラネタリウムには、自由席ではありますが、ペアシートもございますので是非ご利用ください。また、当日お電話いただければ、プラネタリウムの空席状況をお伝えすることもできます。気軽にお問い合わせください。

取材を終えて

東京都内で世界最大級の星空が見られると聞いて取材させていただいたのですが、想像以上でした!プラネタリウムだけでなく、そのドームを使った大型映像や、常設展・カフェなど、一日中過ごすことが出来そうです!「科学館って子ども向けのものでしょ」と思っている方々、是非一度、多摩六都科学館へ行ってみてください。きっかけはプラネタリウムで行ったとしても、展示室では童心に返って、タイムスリップした気分になれるかもしれませんよ。

【今回お話を伺ったのは】
多摩六都科学館 パブリックリレーションズグループリーダー 石山 彩さん
【施設概要】
多摩六都科学館
所在地 〒188-0014 東京都西東京市芝久保町5-10-64
電話 042-469-6100
多摩六都科学館 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP