これは集めない訳にはいかない…。押すだけなのになんかカワイイ♡スタンプたちを紹介

2018 / 08 / 02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

株式会社こどものかお 山岡清美(やまおかきよみ)さん

ポンッと押すだけ、簡単なのに、手帳やギフトカードがぐっと工夫されているように見える!スタンプは万能で、今やどんなモノにも押せてしまいます!これを読んだら思わず買いたくなる。今回は株式会社こどものかおでスタンプアートの講師をなさっている、山岡清美さんにお話を聞いてきました!

「こどものかお」のはじまり

「こどものかお」はどのようにスタンプづくりを始めたのですか?

山岡さん
そもそも「こどものかお」はこども用の木のおもちゃを販売していた会社です。
そのほかに木でできたネームプレートなども販売していました。
今から30年ほど前に、創業者がスタンプを好きだったことから、木を使ったスタンプづくりを始めました。
スタンプの文化はアメリカから来ていて、日本は5年~10年遅れていると言われています。
アメリカではカードを送る文化がありますよね。今では日本も主流になってきましたが、向こうではスーパーにずらっと並ぶくらい一般的なんです。そんな文化がある中で、人と差をつけるために「スタンプアート」が出てきました。
私たちが初めの頃に手掛けていたスタンプの柄は「カントリー」といった種類でくまの柄や、アメリカチックな柄を、会社で自社商品として手掛けたり、輸入をしたりして販売していました。

商品の企画は自社のデザイナーの方が行っていたのですか?

山岡さん
今も変わらない部分なのですが、商品の企画は、営業、デザイナー、社内の意見をしっかり取り入れています。
展示会などに行って、その時代の流行を取り入れることも、積極的に行っています。

簡単に楽しめるのに奥が深い

「こどものかお」のこだわりを教えてください。

山岡さん
今ではスタンプは100円ショップでも買える時代ですよね。
ただその中でも、押しやすさにこだわって、スタンプの面と木の間にクッションとなるものを入れ、木を使って、持ちやすいように設計されています。

また、こどものかおで作っているスタンプは、すべて絵柄の形にラバーが切られています。これは角にインクが付かないようにするためで、切られているか、切られていないかで、綺麗にスタンプの柄が出るか変わります。
一つひとつに対してこだわりを持つことは、創業から守っていることです。

ズバリ!スタンプの魅力は何ですか?

山岡さん
たくさんありますが、スタンプの魅力は、メインにもなるし、他のクラフトのツールにもなるところですかね。
スタンプをカードに押してギフトカードのメインとなるようにも使えますし、別のクラフト・作品を作る際の脇役としての下絵や、装飾にすることもできます。

今はスタンプの種類も増えましたし、インクの品質もだいぶ向上して、紙だけでなく、Tシャツ・革、非吸収面と呼ばれるアクリル面などにも押すことができます。
インクを変えるだけで、楽しみ方が何倍にも増えると思います。

スタンプで手作りの世界

スタンプを楽しみたい!という方は何から始めればいいですか?

山岡さん
基本的にスタンプは、小さな子どもでも押せるので、自由に紙に押したり、インクを変えて布に押したりして楽しむことが出来ます。
もっと奥深く知りたい!という方には、ワークショップや教室に参加してもらう事をおすすめします。
スタンプを重ねるテクニックや、色使い、レイアウトを学ぶことができると思います!
後は初歩的なことも教えてくれるので、来ていただくと「子どもの頃に使っていたなあ」なんて感じて、思わず集めたくなってくると思います(笑)

スタンプの押し方のコツをぜひ教えてください!

山岡さん

①スタンプの柄が見えるようにしてインクを押す

皆さん、スタンプを持って、印鑑のように押してませんでしたか?
小さなスタンプはそういった押し方で大丈夫です!ただ、大きめのスタンプだとムラが出てしまいます。

②スタンプの持ち手を押さえて、もう片方の手でスタンプ全体をまんべんなく押す

意外と片手でポンと押している方が多いのではないでしょうか?
もちろん味を出すために、あえてそうするのもOKです!ただ、しっかり絵柄を出したいのであれば、この2点に気を付ければきれいに絵柄が出ると思います。

思わず集めたくなるスタンプたち

20代に人気の商品を紹介してください!

山岡さん
20代に人気な商品としては、浸透印といってインクが内蔵されていてそのまま押せるタイプがとても人気です。
小さいので何個も持ち歩けて、思わず他の種類も欲しくなると思います。
マッチの箱に入っている小さめのスタンプも人気で、ちょっと手帳に押したり、デスクにも置いておけるサイズなので、付箋に押して社員の方とのコミュニケーションとして使っていただいてもいいと思います。

また、今の時期にピッタリな夏を感じられるスタンプや、装飾のできるスパンコールは、20代の方におすすめです。

ちょっとしたギフトカードにひと工夫するだけでとても映えますし、人と差をつけることができると思いますよ。

人によって感じるもの、イメージも違うので、好きなスタンプを使って、どんどん世界を広げてほしいと思います。

取材を終えて

愛らしいデザインや実用的なスタンプまで、幅広く商品を展開しているこどものかお。私は小さい時に、年賀状で使ったのが懐かしくなり、「スタンプもインクもたくさん集めてたな~」なんて思いました。
20代に人気の、小さくて思わず集めたくなる浸透印タイプのスタンプや、ちょこっと押せるスタンプ。ミーハーとしては集めなければならないですね!!
取材のご協力ありがとうございました!

【今回お話を伺ったのは】
株式会社こどものかお 山岡清美さん
本社住所 東京都中野区東中野3-12-2
ショールーム スタンプリップル東中野店 東京都中野区東中野3-12-2
電話番号 03-3360-9806
こどものかおHPはこちら
こどものかおのツイッターはこちら
オンラインショップ「スタンピング」はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP