【あぁ、涼し。】ガラスのアクセサリーで、一歩先の透明感を手に入れよう。

2018 / 07 / 30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

HARIO株式会社 辻本真理(つじもとまり)さん 高橋真知子(たかはしまちこ)さん

ガラスメーカーとして、家庭用品を中心にガラス製品を製造しているHARIO株式会社。そのHARIOが展開するアクセサリーラインが「HARIO Lampwork Factory」。ガラス屋さんがつくるアクセサリーが夏にめっちゃ良さそう!と聞きつけ、三越前にオープンした話題のHARIO Lampwork Factory室町店に行ってきました!

涼しげなアクセサリーが本当におしゃれでインスタ映えしそう!人気の理由ってなんですか?

辻本さん
ガラスのアクセサリーはめったになく、珍しいので、人気があるのかもしれません。HARIOのガラスは耐熱ガラスといって、ビーカーやフラスコに用いられていた素材です。アルカリや酸に強く、加工がしやすいといった特徴があります。飴細工のように、ガラスの棒をねじったり伸ばしたりすることで、形を仕上げていきます。ガラスのアクセサリーは、ジュエリーほど肩ひじの張ったものではないので、手ごろな値段と手軽に使えることも人気の理由だと思います。

創業98年のガラスメーカー、HARIOってどんな会社?

辻本さん
もともとHARIOは、1921年からガラスメーカーとして、コーヒーや紅茶関連の製品を多く製造していました。コンセプトは「暮らしに夢を与える商品を作る」。枠にとらわれず、新しい使用方法や楽しみ方を世の中に提供することをモットーにしてきました。

ガラスメーカーがアクセサリーブランドを立ち上げたきっかけは何だったのですか?

辻本さん
きっかけは2011年の東日本大震災でした。HARIOの工場では、電気の力で釜を熱してガラス溶かしていたのですが、電力の供給が止まり、一部の釜を止めなければいけないことになりました。ガラスは常に熱を加えていないと固まってしまうので、釜を止めるのはメンテナンスのために計画的に行っており、急に釜を止めてしまうのは異例のことでした。会社としては大変な時期でしたが、そんなときだからこそ、HARIOが大切にしてきた「新しい価値の提供」というコンセプトに立ち返り、釜を止めて出たガラスの大きな塊を何とかできないか、と考えました。そこで出たアイデアが「ガラスのアクセサリーを作る」ということだったんです。

ガラスメーカーの原点を見つめなおす

震災がきっかけだったとは驚きです。アクセサリー作りをはじめられてみて、変化はありましたか?

辻本さん
ガラスメーカーとして、原点を見つめなおすきっかけになったことが、最も大きな変化です。当初はガラスの塊をくだいてアクセサリーにしていたのですが、それを加工することで、より多様な表現ができるようになりました。創業当時の、炎の力でガラス加工する手作業技術である「ランプワーク」をブランドネームに冠し、職人の手仕事技術の継承の場として2011年に大伝馬町でブランドをスタートさせました。ガラス工場は都心から離れた場所にあることが多く、若い担い手が少ないことが課題でした。そこで、若い人でも働きやすい都心に工房を構えることで、技術を継承していこうとしています。
辻本さん
現在、HARIO Lampwork Factoryの工房では、15名ほどのガラス職人が仕事をしていますが、ほとんどが20~30代の若い女性たちです。女性ならではの細やかさや根気強さを活かして、アクセサリーが作られています。
また、都心の工房以外にも、北海道や岩手、福島など全国の提携工房にガラス加工の技術を伝え、職人を育てています。また、地域の工房と提携することで、地域の活性や雇用創出、生産拠点の充実に取り組んでいます。

アクセサリーのこだわりについて教えてください。

辻本さん
HARIOでは、企画から製造、販売まで、ものづくりをすべて社内で完結しています。全てのアクセサリーを、ひとつひとつ手作りしているんですよ。デザインも社内で行っていますが、シンプルなデザインは、幅広い年代の方にご好評です。

ガラスって、どうしても割れやすそうで取り扱いが不安です…。

辻本さん
確かにそうですよね。私も、過去にアクセサリーを割ってしまったことがありました。Lampwork Factoryでは割れてしまったアクセサリーのお直しも行っています。それもHARIOの耐熱ガラスならではのメリットですね。

すべて一点もの。ガラスのアクセサリー

20代に人気のある商品を教えてください。

Water Dropsシリーズ


高橋さん
水滴をイメージしたシリーズです。熱したガラスをねじることで水玉のようなやさしいラインが生まれます。

HAW-R-002 ピアス アール
<価格>¥ 4,860(税込)

水引シリーズ


高橋さん
こちらは水引をモチーフにしたシリーズです。水引はおめでたい意味合いがあるので、お祝いのプレゼントにもぴったりです。

ピアス ミズヒキ
<価格>¥5,940(税込)
※室町店限定商品

フラワーモチーフ


高橋さん
ツバキや桜の大ぶりなフラワーモチーフも若い世代には人気があります。

HAP-TB-001 ピアス ツバキ C
<価格>¥ 6,480(税込)

高橋さん
ご紹介した商品以外にも、店舗ではガラスのアクセサリーを多数取り揃えています。カジュアルにもフォーマルにも、和装にも合うガラスのアクセサリーを自分らしく楽しんでみてください。また、近くの大伝馬町のギャラリーショップには、工房が併設されていて、ガラス作りの技術を目の前でご覧いただけます。そちらにもぜひ足を運んでくださいね。

取材を終えて

手作りならではの温かみがとても素敵なアクセサリーでした!ガラスアクセサリーの透明感で、夏の装いがぐっと涼しげになりそうですね!
辻本さん、高橋さん、ありがとうございました!

【今回お話を伺ったのは】
HARIO株式会社 マーケティング本部 企画広報本部 本部長 辻本真理さん
マーケティング本部 企画広報本部 高橋 真知子

HARIO Cafe & Lampwork Factory
所在地 東京都中央区日本橋室町1-12-15
営業時間 カフェ 11:00~19:00/ショップ 11:00~20:00
■HARIO Lampwork Factoryの公式サイトはこちら

PICK UP