「ミヂカ・オトク・ベンリ」カーシェアサービスを活用しよう!

2018 / 07 / 18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

タイムズカープラス 広報担当 渡邉倫也さん 林 幸枝さん

車は便利で日常的に使いたいけれど、レンタカーほど長い時間は必要ないし、かといって自分の車を購入するのは経済的に厳しいと感じることはありませんか?そんな方々に朗報です。カーシェアリングサービスを活用すれば短い時間でも気軽に車を使えるそうです。便利なカーシェアリングについてこの度、タイムズカープラス広報担当の渡邉倫也さん、林幸枝さんにお話しを伺ってまいりました。

24時間365日いつでも使えるカーシェアリング

タイムズカープラスのサービス内容について詳しく教えてください。

林さん
車を貸し出すというサービスだとレンタカーがありますよね。レンタカーは店舗の営業時間がありますが、タイムズカープラスは24時間いつでも最短15分からご利用いただけますので、早朝や深夜の貸出・返却が可能です。また、貸出・返却手続きは車に会員カードをかざすだけで完了するため、対面手続きは必要ありません。より気軽にお使いいただけるよう、利用直前の予約を可能にしている他、利用開始時刻3分前までのキャンセル料を無料にするなどしています。

カーシェアリングサービスを始めた経緯を教えてください。

林さん
タイムズカープラスは2009年5月にスタートしました。1995年ごろ第一次EV(電気自動車)ブームが起きた時、「山手線内のタイムズ駐車場にEVをおき、エリア内の駐車場を好きに行き来できると便利だよね」という、創業者である先代の社長の構想が出発点になっています。

ひとり一人にあった使い方ができる

利用者は実際にどのようなに活用されていますか?

林さん
短時間利用が可能なため、普段使いをされる方が多く、例えば、お子様の送迎や普段の買い物などに利用されています。その他にも引っ越しやレジャーで使われる方もいます。移動手段以外にも、営業の方が外回りをしている時に、他人に聞かれたくない電話をしたり、内容を見られたくないパソコン作業をしたりするための空間として使われる方もいます。このような使い方は、当初想定していなかったので驚きましたが、会員様それぞれが自分にとって便利な使い方をされています。

日常生活に根差した使われ方が多い印象です。

林さん
普段使いをされている方が多いのですが、積極的にステーション数を増やし、現在では全国47都道府県に車を配備していることから、旅行先や出張先で使われる方も増えています。最寄りの駅まで電車で行き、そこから最終目的地まではカーシェアで移動をする、「レール&カーシェア」という使い方をされる方もいらっしゃいます。

全国展開でよりカーシェアリングを身近に

現在、ステーションは何か所あるのですか?

林さん
ステーションは全国に10,740か所あり、車両台数は21,814台です(2018年5月末時点)。1つのエリアに複数のステーションを点在させることで、あるステーションの車が使われていても、近くのステーションで別の車を借りることができ、利用しやすく身近に感じていただける環境を整備しています。また、1ステーションに1台のところもあれば、20台以上置いているところもあり、エリアの需要に合わせて車両を配備しています。

1 2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP