【前編】文房具店が大事にしているのはモノを売ることではなく、人との繋がり。

2018 / 07 / 02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

株式会社ほたか カキモリ 代表取締役 広瀬 琢磨さん

皆さんは最近「書くこと」に触れていますか?デジタルが発達している中、再び手書きなどといったアナログなものを使う大事さが操されてきています。しかし手書きをするより、パソコンやスマホで文字を打ったほうが便利だと思いますよね。「手書き」の大事さはなんだろう。
東京・蔵前には「たのしく、書く人」コンセプトに、来るお客様に手書きの魅力を伝えている「カキモリ」というお店があります。どのような想いで、書くことを伝えようと思ったのか。そう思った編集部は、代表である広瀬 琢磨(ひろせ たくま)さんにお話をお伺いしてきました!

広瀬 琢磨さん プロフィール
【役職】
株式会社ほたか 代表取締役
【経歴】
1980年群馬県高崎市生まれ。大学卒業後、外資系の医療機器メーカーに就職。2006年、実家の家業が現在の株式会社ほたかを子会社化したことがきっかけで入社。2007年に代表取締役に就任。2010年に「たのしく、書く人」をコンセプトにした「カキモリ」を東京・蔵前にオープン。2017年11月、店舗をリニューアルし、現在に至る。

ネット販売にできないことは「手書きの魅力をつたえること」

カキモリをオープンしたきっかけを教えてください

広瀬さん
家業が祖父の代から文房具店を営んでいました。元々は群馬の会社だったのですが東京に進出しようという話になりました。私は外資系の医療機器メーカーで大学卒業後、新卒で入社して仕事をしていました。しかし、家業を継がなくてはいけないと思い、26歳の時に、今の会社に転職しました。その当時の会社は、役所などに文房具を卸すことをメインに事業をおこなっていたのですが、この事業も将来、ネット販売などにとって代わられてしまうだろうと感じていました。そこで、文房具を活かしつつこれから若い人に合う感覚は何であろうと考えたときに「書く」ということを残しておこうと思いました。それはネット販売では伝えることができないことだからこそ勝負できると考えたからです。

オープンをするにあたり苦労をしたことは何ですか?

広瀬さん
もともと前職では、医療機器ということもあって億単位の商材を扱っている営業をしていました。営業マンとして華やかな仕事から、一本100円のボールペンを売り、関わっている人も年配の方が多いという、真逆の職についたのでギャップはありました。そのギャップを受け入れているつもりでしたが、現実感はなかったです。入社して3ヵ月は「こんなはずじゃなかった」と思っていました(笑)。

逆に、前職を経験していて良かったことは?

広瀬さん
商売としては、前職で行っていたことを活かすことができていたのかなと思います。取引先のお客様とのコミュニケーションを大事にするということなど、関係性をつくるといった点では変わらなかったです。大阪で営業をしていた時期があったのですが、大阪の方は、人と人の関係をすごく大事にしている方が多かったです。多少値段が高くても、「お前だから買ってやる」というやりとりをしている中から、商売の本質を学びました。

若気の至りから直観で場所選んだ

蔵前という町を選んだ理由は何ですか?

広瀬さん
大きな要因としては、東京の東エリアが10年前に盛り上がっているということを知ったことがきっかけです。その中でも読んでいた雑誌の中で、「馬喰町」が盛り上がっているということを知って、当時は馬喰町あたりに出したいと思っていました。ただ店舗を出すには立地の関係上家賃が高くて諦めてしまいました。他によさそうなところがないか探したところ家賃も安く、東エリアという条件も当てはまった「蔵前」が出てきました。店舗選びをしているときに、直観的に「この地域は将来盛り上がる」と思いました。今思えば、その判断をよくできたなと思います(笑)。店のコンセプトを決める前から、蔵前で不動産を借りたのでオープンまでは相当焦りましたね。おそらく、この若いからこその勢いや、若気の至りがなく、慎重に店選びをしていたらこの町に出してなかったと思います。

若気の至りで店舗を決まるというのはすごいですね。今は、蔵前を選んでよかったと思いますか?

広瀬さん
今は蔵前を選んでよかったと思います。しかしオープンして最初の1~2年はとても集客に苦労して、すこし後悔はしていました(笑)。私自身、全くのよそもので来ているからこそ、地域に溶け込まなくてはいけないと感じ、自分から積極的に地域のイベントに参加しました。当時は空き家が多く静かな町でしたが、今は新しい店がどんどん増えていき、生まれ変わってきている町で、新しい動きを取り入れてくれる寛容な町です。しかし、下町気質なところがあるのできちんと自分から積極的に参加していかないと、良い意味でも悪い意味でも、ほっとかれてしまいます。そういった意味では地域と一緒に店を営んでいくことが大事になっています。

取材を終えて

前編では、カキモリが蔵前という町にオープンするまでの話をお伺いしました。店舗を出すにしても、ただ単に出すだけではなく人とのつながりが、商売をする上では大切になっているということがわかりました。後編では、人とのつながりを大事にしている「カキモリ」の販売スタイルについて迫っていきたいと思います!

【今回お話を伺ったのは】
株式会社ほたか カキモリ 代表取締役 広瀬琢磨さん
【店舗概要】
カキモリ蔵前
所在地 〒111-0055 東京都台東区三筋1-6-2
営業時間 11:00~19:00
定休日 月曜日(祝前日の場合はオープン)
カキモリ 公式サイトはこちら
カキモリ オンラインショップはこちら
カキモリ 公式ツイッターはこちら
カキモリ 公式インスタグラムはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP