WIZOOM編集部が本当に伝えたい、就活のためのアドバイス

2018 / 05 / 27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

WIZOOM編集部

これから就活をはじめる人や、今まさに就活中の人に向けて、ほんの少し前まで自分たちも就活生だったWIZOOM編集部からのメッセージをお届けします!今回は「マスダ」と「ひーちゃん」が就活にあたってのアドバイスを書いてみました!

社会人になって気づいた就活の意義(マスダ)

入社した後のイメージが湧く

就活の企業説明会は、複数の企業が一斉にあつまる合同説明会や、実際に会社に訪問する個別説明会の大きく2つに分かれると思います。そこで僕は、個別説明会を重点的に参加しました。その理由は、実際に企業に行くことで入社後のイメージが湧くと考えたからです。企業の本社などで開催される説明会では、その企業で働かれている社員の方のリアルな現場の様子を知ることができます。社員の方が廊下で歩いている際に同僚と楽しそうにお話をされている姿や、会議室で真剣にミーティングされている場面を見て、ほんの数時間ですが、自分とその会社の雰囲気があっているかどうかを確かめるいい機会になりました。

社会人になって思う、業界研究の大切さ

社会人になって、「就活生のときに業種を問わずもっと多くの企業説明会やオフィス見学に参加しておけばよかった」と少し後悔をしています。WIZOOMで記事の執筆をするにあたり、様々な業種の方に取材のお願いをしています。事前に取材させていただく業界について調べるのですが、就活しているときに、もっと業界研究をしておけば、より広い知識をもって取材先の方々とお話ができたと思います。就活をしているときから業界研究をしっかりしておくと、就活中だけではなく、社会人になってからも貴重な財産になるのではないのでしょうか。

とにかく就活生という「特権」を最大限に利用してほしい

就活の面接が解禁となって、いまより一層、企業に訪問することが増えると思います。そこで就活生という「特権」を十分に利用してほしいです。僕は、大学時代メディアについて学んでいたこともあり、今の仕事を選択しましたが、就活中に受けた企業はさまざまでした。飛行機が好きだったので航空会社や、野球をしていたのでプロ野球球団など、一つの軸に絞らずに、興味がある業界の企業説明会に行き、先輩社員の話などを伺いました。社会人になり、興味があるだけでは他社の詳しい業務内容を聞くことができないということを実感しています。今だからこそ、就活生の時に「特権」を利用して、いろんなことを吸収しておけばと後悔しているので、今この記事を読んでいる就活生の方には、「特権」を最大限に活用してほしいです。

メリハリは大切に

就職活動についてたくさん語りましたが、なによりも大事なのは自分自身のからだです。「やるときはやる」「休むときは休む」のメリハリをつけて今後の就職活動に励んでほしいなと思います!

就職活動は自分の可能性を見つけるチャンス(ひーちゃん)

試行錯誤、迷走した就職活動

皆さんは就職活動を意識しだして、自己分析や業界分析をしますよね。その中で自分に合った、自分が行きたい業界を絞っていくと思います。私はその「業界を絞ること」を最後までせずに就職活動を終えました。
私は京都にある大学の現代社会学部出身なのですが、これといって特別できることも知識もなく「どの業界に就職しようかなぁ」とひたすらに迷走していました。単純に自信がなかったのかと今は思っています。就職活動中も営業職や一般職、様々な業界や職種を受けていたのですが、そこで気づいたのが「私はいろんな業界や職種の人と仕事がしたいんだ」ということ。あれもこれもやりたい、知りたいと欲張った結果にたどり着いた答えです。
「業界や業種はある程度絞った方がいい」とは言われますが、私は必ずしもそれが正解とは思っていません。もちろん自分が何をしたいのかはっきりしている人はそれで十分だと思いますが「どんな仕事に就こう?」「自分には何ができるんだろう?」と悩んでいる人は、とりあえず気になる業界を受けてみてもいいと思います。私は就職活動を始めたころは事務職が向いていると思っていたのですが、事務職採用の面接や書類選考を通過することは1回もありませんでした。そこで思ったのが「もしかすると、社会人の方から見て、私は一般職よりも総合職の方が向いていると思われているのでは?」ということ。実際にその後商社の営業や総合職を受けたところ、内定をいただくことができました。

気持ちのフットワークを身につけておこう

私には特にできることや特別持っている知識はありません。これは今でもコンプレックスに感じることがあります。でも裏を返せば、これからの活動によってどこまでもスキルを身につけることができると思っています。
就職活動は関西圏と関東圏の両方で行い、週に1回日帰りで、1~2時間の面接のために往復5時間かけて東京に通っている時期もありました。ただひたすらに動き続け、就職活動を終える頃には「東京?すぐ行けるじゃん」という謎のフットワークの軽さが身についていました。学生の頃に比べてフットワークが軽くなった私は、色んなことに「とりあえずやってみよう」と思えるようになりました。気持ちのフットワークも軽くなったのかなと思っています。
社会人になって、先輩社員の方や他の企業の先輩方に「色んなことにチャレンジしよう」とアドバイスをいただくのですが、本当にその通りだと思っています。色んなことにチャレンジする、色んな所に行ってみるという気持ちを就職活動のうちから持っておくと社会人になってからの伸びしろも大きくなると思います。「自分には何ができるだろう」と悩んでいる人こそ、まずは色んな世界を見て自分の可能性を見つけてほしいです!

編集部から

いかがだったでしょうか?2人のアドバイスが少しでもお役に立てればうれしいです!就活生のみなさん、応援しています!
編集部の就活体験談を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP