【後編】転職支援のプロにきいた!20代の転職活動に必要なこととは?

2018 / 05 / 27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

パーソルキャリア株式会社 DODA編集長 大浦 征也さん

転職活動に興味はあるけれど実際に行動に移せていますか?転職活動の不安を少しでもクリアにするために転職支援のプロ、パーソルキャリア株式会社の大浦さんにお話を伺ってきました。後編では転職活動をする際に、注意すべきポイントや必要なことについて伺っていきます。

【プロフィール】
DODA編集長 大浦征也さん 

2002年、株式会社インテリジェンス(現社名:パーソルキャリア株式会社)入社。人材紹介事業に従事。法人営業として企業の採用支援、人事コンサルティング等を経験した後、キャリアアドバイザーに。転職希望者のキャリアカウンセリングやサポートに長年携わる。担当領域は多岐に渡り、これまでに支援した転職希望者は10,000人を超える。その後、DODAキャリアアドバイザーの総責任者の後、法人営業部隊も含めた地域拠点の総責任者などを歴任。2017年、DODA編集長に就任(現職)。そのほか、社外にてJHR(一般社団法人人材産業サービス協議会)キャリアチェンジプロジェクト、ワーキングメンバーにも名を連ねる。

転職をゴールにしてはいけない

どういった人が転職を成功させていますか?

大浦さん
転職を成功させることや、満足する転職先を探す、という考えの人はあまり転職活動は上手くいきません。つまり転職をゴールと考えることは、非常に危険です。

前向きになれる環境に飛び込むことが転職であって、大切なのはその選択が正解だったと思わせる入社後の働きぶりがが大切です。そういった意味でいうと、転職における成功も失敗も入った後が重要な訳であって、ベターな選択をしてベストな選択だったという結果を掴みとることが大切だと思います。

その感覚が無ければ、仮に誰もが知っている大企業に転職をしたとしても、成功とは言えないと思います。実際には、大手企業から名もなきベンチャー企業に転職し、年収も下がったけれど、充実した日々を過ごし、成功だったと言っている方はたくさんいます。

転職を決める時期の注意点

大浦さん
転職は今の仕事が満足している時にでも、働きたいと思える会社に出合った時にするのが、良いと思います。もちろん多くの場合はそうではなく、ネガティブな理由で今の仕事をやめる人は多いです。その時に気を付けたいのは、ネガティブな理由をクリアするだけの転職活動にならないようにすること。
幸せのハードルが低くなりすぎることに注意するということですね。しかし、ネガティブな理由がなくなることに加えて、やりたいことを探すという2つを同時に叶えようとするのはなかなか難しいです。

ネガティブではなくなったけれど、ポジティブでもないということで、また転職をすることを避ける為にも、今の仕事に満足はしているけれど、それを超えるような会社を見つけて転職している方が、結果的に納得のいく転職をしている人が多いです。

転職する活動をするにあたって必要なこと

2~3か月の時間

転職活動にはどれくらいの時間が必要ですか?

大浦さん
人によりますが、23か月の間で集中してやられる方が多いです。実際に20代によくあるパターンなのですが、活動の時間が取れない人が多いです。しかし、活動の時間をきちんと確保できるというのはポイントだと思います。

スカイプで面接してくれる会社や夜や週末に時間を割いてくれる会社もありますが、平日全く休みが取れない、夜も21時以降しか空いていない等の人は厳しいですね。時間が取れるかどうかは大切になってきます。

平日は仕事で休みが取れない人はどうしたらいいですか?

大浦さん
転職のことだけを考えるのであれば、辞めてから活動した方が、一定の合理性があります。しかし、自由になる時間がありすぎると、沢山受けて、迷って決め切れないということもあります。

限られた時間の中で決め切った方が納得のいく転職活動が出来るケースも多くありますよ。迷っている間に離職期間が3カ月、半年と空いていくと20代のうちは特に不利になることは間違いないです。すぐに決めきれる自信があるのであれば、仕事を辞めたほうが有利です。

自己認知力が必要

大浦さん
転職活動には、自己認知力は必要だと思います。自分が世の中からどう見られて、自分の何をウリにしたら評価に値するのか、ということのを出来るだけ正しく把握しておくことで転職は有利になります。
一般的に言うとリーダーシップや、プレゼンテーション力、地頭力のような論理思考は不変で、求められるスキルとしてはあげられます。しかし、私が見てきた人の中でいうと、自分の長所を理解している人の方が希望の会社に転職しやすい傾向があります。

転職マーケットでは自分らしさを正しく理解して、その会社に入ったら、価値貢献出来ることを正しく伝えられることが大切です。

取材を終えて

大浦さんのお話を伺ってネガティブな理由で転職することは決して悪いことではないけれど、同じことを繰り返さない為にも注意して転職をする必要があるように感じました。前向きな理由で転職をするためにも、今の仕事を一生懸命にこなすことが大切かもしれませんね。

【前編】転職支援のプロにきいた!20代の転職活動に必要なこととは?

【今回お話を伺ったのは】
パーソルキャリア株式会社 DODA編集長 大浦 征也さん
本社 〒100-6328 東京都千代田区丸の内2-4-1丸の内ビルディング27F
代表者 代表取締役 峯尾 太郎
電話番号 03-6213-9000
パーソルキャリア株式会社 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP