【転職の疑問】トラック運転手からグローブ職人になった理由

2018 / 05 / 27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東駒スポーツ用品株式会社 佐々木 一行さん

皆さんは転職と聞いてどういうイメージを持ちますか?
「スキルが身についた人がやることだから自分には関係ない」
「考えてはいるけれども仕方がわからない」
「若いときから転職を考えることはいいことなのか?」など・・・
そこで実際に転職経験のある方にお話を伺い、転職に対する不安や疑問を投げかけてインタビューを行いました!

今回は、東京都・墨田区にある野球グローブの製造販売を行っている「東駒スポーツ用品株式会社」の佐々木 一行(ささき かずゆき)さんにお話をお伺いしてきました。

佐々木一行さん プロフィール
【出身】東京都・豊島区
【経歴】
高校卒業後、野球専門のスポーツ用品店に就職。
22歳の夏、東駒スポーツ用品株式会社に入社し、現在は職人として野球グローブの販売、製造を行っている。

トラック運転手からグローブ職人へ転身

これまでの経歴を教えてください。

佐々木さん
高校卒業後、野球専門のスポーツ用品店に就職し、グローブやバットの販売や、道具の修理などを2年半経験しました。スポーツ用品で働いている時に結婚をしたのですが、家族との生活を充実させるために給料のいいところで働きたいとおもいました。その想いからどこで仕事をしようかと考えたときに、体力のあるうちに働けると思いトラック運転手という道を選びました。とにかく同世代よりも稼ぎたいという思いもあって、そこから比べたときにトラック運転手はすごい稼げましたね。しかし、2年ほど続けていくうちにこのまま歳をとって、続けることはできないだろうと思いました。トラックに乗っている際に聞いていたラジオから、東駒のグローブについて中継で紹介されていました。以前から東駒の事は知っていましたが、グラブを造る仕事があることを思い出し、自分にはコレしかないと思い立ちトラック会社を辞めました。

トラック運転手を辞めた後、どうしてグローブ職人の道を選んだのですか?

佐々木さん
小さい時から野球をしていて関わってきたし、スポーツ用品店を辞めた時もどこか未練があるということに気づきました。けど、自分はスポーツ用品店で働いていた時の経験から、接客や販売は向いていないと感じていて、次の仕事は黙々と作業をすることがしたいなと考えていました。そこで、小さい時からの自分を振り返った時、スポーツ用品店の野球コーナーに行ってもバットやスパイクではなく、グローブばかりを見ていたことを思い出しました。あと、ひもが切れたら直したりすることも面白かったですね。その経緯から一からグローブを作ってみたいと思い、今の会社に電話をして入社しました。

収入の多さ幸福度の高さ

前職と現職とどちらが充実していますか?

佐々木さん
今のほうが充実していますね。
スポーツ用品店で働いていた時とトラック運転手の時を比べると、トラック運転手の時のほうが稼いでたのですが、お金を持っている時と持ってない時と、自分の中での幸せの度合いが変わらなかったということに気づきました。運転手を辞めようとしたときに、毎日始発で通勤して終電で帰るという生活だったので、自分の中ではお金というよりも休みもあって、子供と一緒に過ごす時間もあるというような、普通の生活を欲してたのかなと思います。今はそれもできていますし、さらに自分のやりたいと思うことが出来ているのでそういった意味では充実していますね。

好きなことで仕事ができる幸せ

転職をする際に、不安はありませんでしたか?

佐々木さん
不安が全くなかった訳ではないですけど、そこまで重くは考えてなかったですね。ダメだった時にはその時考えればいいやという軽い感覚でした。今、考えるとすごく勢いだけでこの会社に入ったので世間知らずだったんだなと思います。しかし、歳をとるにつれて結婚したり、子供が出来たりすると考えなければいけないことも増えるとおもうので、自分の場合は結婚もして、子供もいましたけど若いうちに決断を早くして転職をしてよかったと思います。

佐々木さん
今の20代の若い人たちは、すごく考えているひとが多いと思います。給与や休み、福利厚生とか。自分が、この会社に転職しようとした時は「給料は出せないし、子供がいるならなおさらやめたほうがいい」と社長に言われました。その時「グローブが作れればいいから、お金のことは心配していないです。その代わり仕事が終わった後バイトをさせて下さい。」と言い返しましたね。ここでないと、自分が追い求めていたグローブは作れないと思ったし、なにより好きなことで仕事ができるなら幸せだと感じていたからです。

とにかくいろんな経験をしたほうがいい

転職を考えて悩んでいる、20代にメッセージをお願いします。

佐々木さん
とにかくいろんなことを経験したほうがいいと思います。前職と今のグローブ作りという仕事は業種としては関係ないけど、そこでの経験は今に生きていると思います。すべて自分がやってきたことは無駄ではないと感じていますね。転職をしようと考えたときに、深く考えても答えは出ないです。転職をして10年、20年たった時にわかることなのかなと。売り手市場と呼ばれている現代において、いろんな仕事があって転職することが障害にならないからこそ、自分の夢や目標を追い求めやすいから積極的にいろんなことをやったほうがいいと思います。ただ、「この会社が嫌だから」とか「あいつが嫌いだから」という理由で辞めると、今後もどこの会社に転職しても長続きしないのかなと思います。その為にも、転職する理由として、目標とか希望とかがあるようなの前向きなものだといいですね。

【今回お話を伺ったのは】
東駒スポーツ用品株式会社 佐々木一行さん
所在地 〒130-0015 東京都墨田区横綱2丁目4番2号
電話 03-3623-6235
営業時間 9:00〜18:00
営業日 月~土曜日(祝祭日を除く、但し第2・4土曜日休み)
東駒スポーツ用品株式会社 公式サイトはこちら
東駒スポーツ用品株式会社 フェイスブックページはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP