【前編】時計販売のプロに聞いた!社会人になって初めての時計の選び方

2018 / 05 / 29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オンタイム渋谷ロフト店 松田 空さん

社会人になって初めて時計を選ぶ時ってどのような基準で選んでいいのか悩んでしまいませんか?
時計の選び方で失敗をしない為に、色や形はもちろん、デジタルとアナログの違いやネットと店舗で買うことの違いに至るまで聞いてきました。この度、お話を伺ったのは幅広い価格帯の腕時計を取り揃え種類の多さに定評があるオンタイム渋谷ロフト店の松田さんにお話を伺ってきました。

オンタイム渋谷ロフト店とは?

どれだけの種類の時計を取り扱っているのですか?

松田さん
ブランド数は73ブランド取り扱っていて、価格も1万円を切るものから20万や30万と少し高額なものもとりそろえています。渋谷という土地柄もあって老若男女、幅広い層の方がお店に足を運んでくれます。その中でも、20代の方が多く時計を探しに来られます。

他店と違ったサービスがありますか?

松田さん
当日の電池交換が出来ます。こちらで購入していただいた方には、「サービスカード」というものをお渡していて、初回の電池交換は無料で承っています。それ以外のサービスだと、修理のサービスが特徴的です。

ブランドの時計は、一度自社の工場にお送りしなくてはいけないので、通常は時間がかかってしまいます。しかし、こちらでは修理技能士資格を持ったものが常駐しているので店舗での修理が可能です。簡単な電池交換だと、どこでも出来たりもするのですが、こちらでは少し専門的な修理もお受けすることが出来るので安心してお渡しいただくことが出来ます。

修理にはどれくらいの費用がかかりますか?

松田さん
電池交換は1500円から交換できます。オーバーホールという時計内の機械を分解して、掃除して組み立てなおす作業も、国産のものだと9000円から承っています。車の車検と同じように、時計も長く使うのであれば3年か5年の間に一度は点検に出すといいです。もちろん点検も承っています。

時計に点検は必要ですか?

松田さん
長く使うのであれば点検は必要です。腕時計は精密機器なので、油が固まってしまったりすると動きが悪くなります。どこかに支障が出てきているかを発見する為にも、点検は必要です。最近だと磁気帯びっていう現象があるんです。

スマートフォンやPC、スピーカなど磁石を使っている機器の近くに腕時計を置いておくことことで、時計内部の機械が磁気を帯びて磁石のようになってしまう現象です。この磁気を帯びた状態になると時計内部の歯車がくっついてしまって動かなくなってしまい、時計の遅れが発生する原因になるのでそれを避けるためにも点検は必要になってくるかと思います。

もちろん、ご自身でできることもあります。デジタルのものだと静電気で回路がおかしくなってしまうこともありますので、出来るだけ避けたほうがいいでしょう。内部に関していうと衝撃が大きい動きゴルフなどのスポーツをする際は歯車がズレてしまうので、アナログの時計の場合は取るべきです。また、時計は精密機械なので、基本的には衝撃は下げたほうがいいです。

外部的ものだと体から出る皮脂や湿気で錆びてくることもあります。ステンレスはもともと錆びにくい素材ではありますが、家に帰って外すときに軽く拭いて上げるだけで寿命は格段に上がりますよ。

20代に向けた、時計の選び方

シーンによって時計を使い分けることが大切

松田さん
メンテナンスという部分でいうと、電池で動くものか機械で動くものかで大きく変わります。電池で動くものって回路が内部に入っていて、それがもし壊れてしまうと一式での交換になってしまいます。例えば5年ほど経って、修理に出そうとしても回路自体の部品が作られていないと、もう修理することは出来ないと思います。

一方で、機械式のものだと回路は一切使っていません。分解して固まってしまった油を排除してメンテナンスすることで、ほぼ一生使っていただけるかと思います。本当に長く使いたいのであれば機械式を選んでいただいた方がいいのかもしれません。機械式のものだとパーツがなくなっても、なくなったものだけ作ることが出来たりもするので、長く使って頂けます。とはいってもデジタルも素晴らしいですよ。磁気に強いし、ショック耐性に長けたものも多いですからね。用途に合わせて使い分けることが一番望ましいですね。他にも違いという点でいうと、時計業界で作っているものとファッション業界で作っているものは差があります。時計業界のものは職人が手作りで、壊れても直して使用するという考えが根付いているのでファッション業界が販売する時計よりも長く使って頂けると思います。

初めての購入は国産メーカーがおすすめ

松田さん
国産のものを使うことをおすすめしています。時計業界は歴史が長い所が多いのでそれだけ専門的な技術を持っていることも多いんですよ。国内のメーカーでいうとシチズンは100周年を迎えました。

スイスは時計産業が発達していたんですが、日本の時計メーカーがクォーツ(電池)式の時計を打ち出したことで大きく時計業界は変わりました。スイスの時計業界は日本の時計に脅威を覚えたそうです。

それくらい日本の時計はクオリティが高いものが多いのですが、あまり日本人が知らないことが残念です。海外ブランドが日本のものと同じようなものを作ろうとすると、価格が大きく跳ね上がってしまうことがあるんです。日本の時計メーカーがすごく値段を抑えて作っていることを日本人は知って、誇りに思って欲しいです。

店舗で実際に着けてみることが大切

松田さん
ネットでは、並行輸入品が多く販売されていて、安い価格で買うことは出来ます。しかし、並行輸入品で購入してしまうと、壊れたときのアフターケアが受けられないんですよ。もし受けられたとしても、修理に出した際に正規のお店で買った方と区別をされてしまい、修理代が倍近くかかってしまったりします。一番怖いのが、ネットで購入してしまうと偽物を購入してしまうことに繋がりかねないです。

私たちのようなプロでも、一目では見抜けないレベルで精巧に作られた偽物が出てきています。
店舗で買うことの一番の理由は、時計は実際につけてみないと、自分に似合うか似合わないのかが、わからないことです。例えば、肌の色や手首の太さは人それぞれで違いが大きいので、写真で見ていたイメージのみで購入をするのはとても危険だと思います。

取材を終えて

国産メーカーの性能の高さや、メンテナンスの必要性などと、自分が知らなかった事ばかりで驚きました。一度店舗へ行って、しっかりと自分に合ったものを探すことは大切なんですね。種類が多すぎて選ぶことに悩んだらスタッフに尋ねてみることも必要だと感じました。
後編では、どのようにして時計を選べば良いのかについて詳しく伺っていきます。

時計販売のプロに聞いた!社会人になって初めての時計の選び方(後編)

【今回ご協力いただいたのは】
オンタイム渋谷ロフト店 松田空さん
所在地 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町21-1 渋谷ロフト1F
電話 03-5458-3076
営業時間 10:00〜21:00
■修理工房併設の時計店オンタイム 公式ページはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP