パズル感覚で引き出しを整理できるツール「かたづけマス」の実力とは?

2018 / 05 / 29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

株式会社キングジム 広報室 井村 桃子さん

皆さんは自分のデスクの引き出し、どうやって収納していますか?物をそのまま入れていますか?それとも、何か仕切りなどを使っていますか?
引き出しの中ってついつい物を入れてしまって、気が付いたら物であふれかえってしまっていた…という経験をされたことのある方も少なくないかもしれません。
そんな方におすすめなグッズがあるんです!株式会社キングジム 広報室の井村さん、ファイリング研究室の矢次さんに引き出しの中をすっきり整理してくれるアイテム「かたづけマス」ご紹介していただきました!そして、実際に物をため込みがちな編集部が「かたづけマス」を使って引き出しを整理していきます。

引き出しの中の物はワンアクションで取り出せるようにしよう

矢次さん
デスク周りの収納は、基本的にワンアクションで物が取り出せる状態にしておくことがポイントです。あまりたくさん物を入れすぎてしまうと必要なものを必要な時に取り出すことができないので、引き出しを開けた時に何がどこにあるのかが一目でわかる状態にしておくことがポイントです。

井村さん
そこでおすすめなのが、こちらの「かたづけマス」です。ペンやハサミなどの定位置を作ることで散らかりやすい物をキレイに整理整頓できるブロックです。パズル感覚でブロックを物の形に合わせて差し込むことで、引き出し内の物の定位置を決めることができます。引き出しの中だけでなく、工具置き場の定位置やオフィスの共有物置き場でも使うことができますよ。

ツール整理ブロック「かたづけマス」
価格:1,980円+税
サイズ:
ベースシート/約300(W)×400(D)×5(H)mm
ブロックシート/約300(W)×300(D)×15(H)mm
ベース(1マス分)/約15(W)×15(D)×5(H)mm
ブロック(1マス分)/約15(W)×15(D)×15(H)mm
かたづけマス商品ページはこちら

実際にかたづけマスで引き出しの中を整理してみた!

こちらの引き出しを「かたづけマス」を使って整理していきます!箱などで仕切りを作っているものの、どこに何があるか一目では分からないので、つい物を探してしまいがちです。
かたづけマスの中には物の型を取るベースシートが1枚、型に合わせた仕切りを作るブロックシートが1枚。ベースシートのマスをくり抜くためのヘラと、くり抜いたベースのマスを収納する保管袋が入っています。

では、実際に引き出し収納を作っていきましょう!
まずは引き出しの中から、頻繁に使う物を必要最低限取り出します。今回はマスキングテープ、名刺入れ、名刺ホルダー、ペンケース、印鑑、朱肉、カッター、のりを選びました。
収納するものが決まったら、ベースシートの上に収納したいレイアウトで並べていきます。
ベースシートをよく見ると…
このようにマスがあります。このマスを使って仕切りを作っていくんですね!並べるときはこのマスを意識すると仕切りが作りやすいですよ。マスキングテープや朱肉など、物の形によってはマス目通りに収納することが難しい場合もあるのでパズル感覚でレイアウトを考えていきましょう。
レイアウトが決まったら、ベースシートのマスをくり抜いていきます。
くり抜きにくい部分は付属のヘラを使って、ベースシートの上に置いた物の周りのマスをどんどんくり抜いていきます。このくり抜いた部分が仕切りになるので、物と仕切りの間にある程度余裕があるようにマスをくり抜くことがポイントです。

ベースシートのくり抜きが終わりました!今回は収納する物の数が多いためくり抜いたマスの数が多いですね。
次に登場するのが、こちらのブロックシート。ベースシートよりも厚さがあります。

ここからはベースシートを引き出しの中に入れて作業をしていきます。ブロックシートからマスを取り出して、ベースシートのくり抜いた部分に差し込んでいきます。地道な作業が好きな編集部、黙々とマスをはめ込んでいきます。
仕切りが崩れてしまわないように、ブロックはしっかりと差し込むのがポイントです。これで仕切りができました!

必要最低限のものしか収納できないようになったので、余計なものを引き出しに入れることがなくなりますね。また、引き出しを開けただけでどこに何があるのかが一目でわかるので、必要なものをすぐに取り出せることができ、片付けも簡単になりました。
ベースシートのくり抜き部分が保管できるので、部署移動などの仕事環境が変わるタイミングなどいつでもレイアウトを変更することができます。

取材を終えて

物の位置をあらかじめ決めてしまうことで、物を取り出す、片付けるという作業がワンアクションで行うことができます。私は小さいころからついつい物を引き出しなどに入れてしまいがちで、必要ないものをずっと持ち続けてしまう性格でした。しかしこの「かたづけマス」を使うことで必要最低限のものだけをが引き出しの中にある状態を維持できそうです!
「気が付いたら物が増えていた」という方にぜひ使っていただきたいツールです!

【今回お話を伺ったのは】
株式会社キングジム ファイリング研究室 コンサルタント 矢次 信一郎(やじ しんいちろう)さん
株式会社キングジム 広報室 井村 桃子(いむら ももこ)さん
本社 〒101-0031 東京都千代田区東神田二丁目10番18号
創業 1927年
代表 宮本 彰
株式会社キングジム 公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP