新入庁者が語る、国家公務員が持たれるイメージとのギャップとは?

2018 / 05 / 25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

金融庁 検査局 企画審査課 峯川 祐衣さん

皆さんは国家公務員と聞くとどんな人をイメージしますか?カッチリとした、ちょっとお堅いイメージを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。でも実際は民間企業と同じ、いや、それ以上に和やかな職場で、お互いの様子に常に気を配っていらっしゃる方が多いんです!
同じ新卒の国家公務員の方はどんな人がいるんだろう?どんな職場で働いていらっしゃるんだろう?ちょっと気になりますよね。今回は金融庁の新入庁者の方にお話をお伺いしてきました!

金融庁 検査局 企画審査課 峯川 祐衣(みねかわ ゆい)さん
入 庁:2018年4月
大 学:早稲田大学法学部(2009年入学)
大学院:早稲田大学大学院法務研究科法務専攻(2013年入学)
大学時代の所属サークル:法律サークル、バンドサークル(ドラム、キーボード担当)
趣味:食べ歩き(パンケーキ、レバーなど)、ピアノ

常にお互いの様子を意識して、困っているときはすぐに助ける

学生時代はどのように過ごしていましたか?

峯川さん
大学院時代は勉学に励んでいましたが、大学生時代はサークルなど自分のやりたいことに熱中していました。

オーストリア・ウィーンのレストランにて。

就職先に金融庁を選んだ理由は何ですか?

峯川さん
私の祖母が地方に住んでいたので田舎へ行く機会は頻繁にあり、学生時代から地域活性化に対する関心がありました。金融庁は、地域経済で重要な役割を果たす地域金融機関への働きがけ等を通して、地域経済の活性化に貢献しているため志望しました。あとは、実際に説明会等に参加してみて職場や人の雰囲気が自分に合っていると感じたことも志望を強めた理由の1つです。

就活の時期にこれをやっておけばよかったと思うことはありますか?

峯川さん
もっと色んな業界を見ておいても良かったと思います。
学生だからこそ企業も質問に答えてくれると思うので、業界を絞らずに色んな方の生の声を聞く機会を、もっと活用すればよかったと思います。

学生の頃に持っていた金融庁のイメージと、実際に働いてみて感じたことのギャップはありますか?

峯川さん
金融庁は、金融機関へ立ち入り検査等をするので厳しい人がいるイメージを持たれがちなのですが、実際は皆さん明るくてお話が上手な方が多いですよ。

そうなんですね!先輩社員の方ともコミュニケーションをとっているんですね。

峯川さん
私が入庁して驚いたことは、私の仕事を皆さんが見てくれていて、何か困っているときに周りの先輩方がアドバイスをくれたり、必要な書類をサッと出して助けてくれたりすることです!金融庁では色んな方々と連携して仕事をしていくので、お互いの状況を常に意識しながら仕事をしているんだという印象を持ちました。

経験を活かしながら、不安を楽しいに変える

今は不安と楽しさのどちらが大きいですか?

峯川さん
今は楽しさの方が大きいです。金融庁はマナー研修や各局の業務研修を実施した後、実務に入ります。私は今、実務を行っていますが、しばらくすると国家公務員全体の研修を受けることになります。入庁してすぐの頃は、国家公務員全体の研修の前に仕事をすることへの不安はありました。しかし、仕事を実際にやってみないと分からないことも沢山あるので、今は楽しみながら仕事をやっています。

仕事での不安点はどのように解消していますか?

峯川さん
実際に「自分にはできそうにない」と感じてしまう仕事を振られたりもしますが、そういったときは周りの先輩や同期に相談して不安を解消しています。
周りの人にすぐに相談や質問することのできる環境なので、とても助けられています。

今はどんなことをされているのですか?

峯川さん
現在は検査・監督のあり方の見直しを行っています。従来は金融機関への立ち入り検査をチェックリスト方式の検査マニュアルを用いて実施していたのですが、時代の変化を踏まえ、新しい検査・監督の考え方について整理しているところです。また、国際会議を傍聴させていただいたのですが、海外当局とどのように話し合いが行われているのかを生で見ることが出来て、貴重な体験となりました。

ワークライフバランスにもこだわりたい

今後「こういう人になりたい」といった理想の人物像はありますか?

峯川さん
バリバリ働きたいなとも思うのですが、女性というのもあって働く環境やライフスタイルも大事にしたいですね。職場には女性の働き方やワークライフバランスの制度が充実していますし、金融庁は他の省庁に比べても実際にそのような制度を利用している方も沢山います。

制度が省庁によって違うのですか?

峯川さん
基本的には同じ制度ですが、実際の利用率は省庁によって違うみたいです。私が金融庁へ入庁を決めた理由の一つとして、そういった制度を利用していらっしゃる方が多いこともあります。私の上司で、そのような制度を利用して実際に幼稚園のお迎えやお見送りをしている方がいますよ。

同じ新卒社員にメッセージをお願いします!

峯川さん
きっと、業界や職種によって不安なことや大変なことは違いますよね。私が心掛けていることは分からないことは分からないままにせず、周りにヘルプを求めること。新卒社員の今だからこそ、色んな知識や経験を吸収して、お互い頑張りましょう!

取材を終えて

国家公務員と聞くとなんだか固いイメージを抱いてしまいますよね。実際に峯川さんとお話をしていると職場の温かい雰囲気を感じることができました。不安なことや困っていることがあるときは周りの人に助けを求めて、誰かが困っているときは誰よりも早く助ける。こういった助け合いが素敵な人間関係や職場環境を生んでいるのだと感じました!

【今回お話を伺ったのは】
金融庁 検査局 企画審査課 峯川 祐衣(みねかわ ゆい)さん
所在地 東京都千代田区霞ヶ関3-2-1
金融庁ホームページはこちら
金融庁 採用情報ページはこちら
金融庁 フェイスブックページ(学生向け)はこちら
金融庁 採用担当ツイッターはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP