20代社会人に薦めたい仕事上達術~会社の外で生の声を聴く~

2018 / 05 / 29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

天狼院書店「Esola池袋店」STYLE for Biz 店長 木村 保絵さん

少しでも日々の仕事が楽にしたい。

仕事がうまくこなしている社会人はどのようにスキルを身に着けているのでしょうか?
その疑問を解決するべくwizoom編集部は「本」だけではなく、その先にある「体験」までを提供する次世代書店『天狼院書店「Esola池袋店」STYLE for Biz』の店長・木村保絵(きむらやすえ)さんにお話しを伺ってきました!

木村保絵さん プロフィール
【出身】
北海道 函館市
【経歴】
大学卒業後、フィリピンでNGO団体に所属し2年間活動したのち、帰国。
地元・北海道で国際交流センター職員やラジオ局のパーソナリティの仕事を経て、2014年に上京。
知人会社での事務仕事を経て、現在は2018年4月に池袋にオープンした天狼院書店 「Esola池袋店」 STYLE for Biz」の店長を務めている。

ビジネスという戦場で戦う為に生の声を聴く

天狼院書店では「本」だけではなく、その先にある「体験」を提供している理由はなぜですか?

木村さん
天狼院書店では紙の書籍も大切にしていますが、さらに本を手にした思い描いた未来の自分により近づくために、体験を用意しています。私は社会人にとってビジネスは戦場だと思っています。戦場での戦い方や、負けそうになったときの対処法などはネットにたくさん書いていますが、そもそも誰が教えているものなのかが分からないですよね。ネットから本に置き換えたとき、著者がいるので情報源が明確にわかります。それを生の声で聞くと、説得力も増すので自分の心に響きますよね。
天狼院書店がオリジナルで作っている雑誌「READING LIFE」の2017年夏に発行した号で『「本」の再定義』という特集を組んでいるのですが、この中でも情報を得る為に、本の著者自身の声を聴くことも「本」であると再定義しています。

雑誌「READING LIFE」のページはこちら

会社で学べることは限られてくる

前職時代にご自身も天狼院書店のセミナーを受講されていたという木村さん。セミナー受講経験者、さらに現在は開催者としてのお話を伺ってみました。

セミナーに参加するようになったきっかけは何ですか?

木村さん
セミナー自体は社会人になってから受け始めました。私はとにかくコンプレックスが強く、周りの人が出来ていることが自分はできていないと、すごく自分自身に腹立たしくなってしまう性格です。そこをどうにか埋めたくてセミナーに参加するようになりました。とにかく他の人に負けたくないというのがありましたね。会社の上司に話を聞いて、解決することもできると思うのですが、歳の離れている上司には「自分で考えろ。」と言われました。自分でも「会社の中で自分が知りたいことをすべて学べることが出来るのか」と考えたとき、そうではないなと思ったので社外に学びにいくと言う風になりました。

セミナー自体、すごく頭のいい人が参加するイメージでなかなか踏み出せないのですが・・・

木村さん
あまりセミナーを受講するということに深く考えすぎなくてもいいと思います。
高校生の時など、受験の為に塾に行ったことがある人がいるとおもうのですが、その感覚と一緒だと思います。受験の為に点数が足りず、苦手を克服したいから塾に行きますよね。例えば、学校の授業では数学が苦手で塾に通うとします。わかりやすく面白い先生に出会うと数学が好きになって、好きが高じていつのまにか得意なものになっている。そういった点ではセミナーと塾は一緒ですね。社会人になると、仕事で忙しくなったり、疲れてしまったりすることが多くなると思います。それで塾に通っていた時の感覚を忘れてしまってセミナーに行くこと自体のハードルが自然と上がっているのではないのでしょうか。

自分に足りないものをお金で買える

セミナー受講費はどれぐらい掛かりましたか?

木村さん
セミナーは金額も種類も色々ありますが、私が参加したのは3,000円から5,000円のものが多かったです。中には10,000円や50,000円で本当に役立つものもありました。セミナーというものはモノを買うというものではないので見えないものにお金を消費することは怖いことだとは思います。スマートフォンに置き換えたときにスマートフォンに欲しいアプリがあるとお金を出して買う場合があると思います。それと同じで自分が欲しいスキル、足りないスキルをお金で出して買って、そのおかげで自分の毎日の仕事が楽になったらいいですよね。あまり重く構えなくていいと思いますが、どうしても足りないものを補うことにはお金がかかってくるので、それは将来への自己投資ですね。

モチベーションを保つためにも背伸びはしない

セミナーの選びかたのコツなどはありますか?

木村さん
まずは自分のレベルにあったセミナーを選ぶのが一番大事ですね。いきなり難しいことをやろうとすると、ついていけなくなったりして、やる気もなくなり、結局途中で投げ出してしまう可能性があります。その分お金も無駄になってしまうので、まずは無理せず自分のスキルにあったセミナーを受講することが大事だと思います。
セミナーを教えてくださる講師の方はブログやツイッターを更新していることが多いので、まずはそれを読んで、さらに興味を持ったら参加するという手順を踏むといいと思います。

新社会人におすすめする天狼院書店のセミナーを教えてください。

木村さん
おすすめするゼミは二つあります!
一つ目は、「ライティング・ゼミ」です。
(©天狼院書店)

木村さん
社会人にとって、メールや書類などといった文章で何かを伝えるという機会が増えてくると思います。書類があって言葉で説明できれば説得力も増すのですが、できない環境では文章だけで感情や想いを伝えなければいけないですよね。このセミナーでは4ヵ月かけて「自分をみつめ直す」「表現力・発信力を磨く」ということを基礎から行い、読まれる文章を書けるように講義や実践を通して身につけることができるので、若いうちから受講しておくと将来の為になると思います。私自身もこのセミナーを受講していました!

「天狼院ライティング・ゼミ」 紹介ページはこちら

木村さん
二つ目は、「『殺し屋のマーケティング』パーフェクトマーケティング講座』」です。
(©天狼院書店)

木村さん
これは「天狼院書店」のオーナーである三浦崇典の著書「殺し屋のマーケティング」から学ぶ、マーケティング講座です。著書の中で「7つのマーケティング・クリエーション」というものを紹介しているのですが、その論点を書く広義で詳しく解説しつつ、自身の仕事に明日から活かせるオリジナルのワークショップを各回、開催します。自身の仕事が、一目でわかるように視覚化できて、どこから手を付けるべきかを理解できるようになるもが最終的な目標です。新社会人の方で仕事の始め方がわからないという方には是非おすすめしたいです!

「殺し屋のマーケティング」パーフェクトマーケティング講座』 紹介ページはこちら

取材を終えて

セミナーではネットや本からは得られない、説得力があることをこの取材を通して感じました。セミナーを利用することで20代社会人にとって、必要な情報やスキルは自分から身につけていくことが大事ということがわかりました。まだまだ、仕事を上達させるためにいろいろな手法があると思います。今後も記事を通して、20代社会人の為になる仕事上達術をお届けしていきます。

【今回ご協力いただいたのは】
天狼院書店「Esola池袋店」STYLE for Biz 木村保絵さん
【店舗概要】
所在地 〒171-0021 東京都豊島区東池袋1-12-1 Esola池袋2F
電話 03-6914-0167
営業時間 10:30〜21:30
天狼院書店 公式サイトはこちら
天狼院書店「Esola池袋店」STYLE for Biz 公式ページはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP