人と会社をつなぐ~IT企業でテクノロジストを支える仕事~|チームラボのエンジニア採用について

2018 / 05 / 29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

チームラボ 採用担当 居軒沙紀子(いのきさきこ)さん

今、プロジェクションマッピングなどのイベントで注目を集めている「チームラボ」。クリエイティブ集団として様々なものを作り上げる会社ではどんなエンジニアが働いているのでしょうか?今回はチームラボエンジニアリングというチームラボのグループ会社で採用担当を務める居軒沙紀子さんにお話を伺いました。

居軒沙紀子(いのきさきこ)さんプロフィール
短大で英文科を卒業後、PR会社を経て2013年チームラボに入社。
新卒・インターン・中途採用、採用広報など採用担当として幅広く担当。
2017年からグループ会社「チームラボエンジニアリング」のWebエンジニア採用に専念。

未経験の積極採用+育成=実践的なエンジニアに

居軒さんのお仕事内容を教えてください

チームラボエンジニアリングでは、未経験の方を含めたWebエンジニアの積極採用をし、育成することを主に行っています。独自の教育プログラムを行うことで、「実践的なエンジニア」に成長させることを目的としている会社です。未経験の人や第二新卒と呼ばれる30歳くらいまで、1,2社くらいの経験をお持ちの若年層の方をメインで採用しています。
チームラボでは、最新のテクノロジーを活用したデジタルアートの開発、Webサービス開発や自社プロダクト開発など、さまざまな領域にまたがったプロジェクトがありますが、Webサービス開発のお仕事が拡大していることによる、Webエンジニア増員のため、第二新卒と呼ばれる若年層の方をメインで採用し、独自の教育プログラムを行うことで、「実践的なエンジニア」に成長させることを目的としている会社です。

これからを一緒に作りたい

居軒さんはこれからどのような人材を採用したいと考えていますか?

今までチームラボは経験や実績のある人、学生時代に実際に自分で何か作っていた人など、即戦力タイプを採用しています。これからは教育制度が整ったチームラボエンジニアリングで、「チーム・ラボで、ものづくりをしていく人材をさらに増やしたい」という想いがあります。
今、私が行っている採用の業務としては、現在プログラミングを学習していて、エンジニアになりたい方や、エンジニアとして、もっとスキルアップを目指したい方を対象に採用活動を行っています。
チームラボエンジニアリングを、より多くの人に知ってもらい、候補者の方と積極的に出会うために、自分たちで能動的に動いて、候補者の方とコミュニケーションを取れる機会を増やしています。最近は、スカウト型採用に力を入れています。データベースやSNSでグローバルに公開されている情報を見て、お声かけをしています。

気軽に話を聞きに来てほしい

居軒さんは採用でどのような工夫をしていますか?

スカウト型採用以外にも、採用イベントを定期的に開催しています。まず、気軽にオフィス見学をしてもらったり、話を聞きに来てもらうために「お茶会」という少人数制のイベントを、開催しています。実際の面接に関しては、オフィスに来てもらうことも魅力付けにはなるんですが、遠方にお住いの方や日中は仕事をされている方が多いので、まずはオンライン上で気軽に話す方法をとっています。選考の中で、必ず対面で話す時間は設けるのですが、移動の負担も少ないので、ビデオ通話でも行っています。

取材を終えて

急成長をしているチームラボのエンジニアは独自のプログラムから育成されていて、そこから素敵なWEBのお仕事に繋がっていたのだと知ることが出来ました!居軒さんのお仕事は、IT企業だからこそ抱える技術的な問題を採用・育成という面で支える、なくてはならない存在なのだと感じました。取材のご協力ありがとうございました!

【今回お話を伺ったのは】
チームラボ 採用担当 居軒沙紀子(いのきさきこ)さん
所在地 東京都文京区本郷1-11-6 東接本郷ビル5F
創業 2001年3月
代表 猪子 寿之
関連会社 チームラボエンジニアリング
チームラボキッズ
チームラボセールス
チームラボアーキテクツ
チームラボ株式会社の公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP