常にワクワクする「びっくり箱のような存在」になる~アフリカと日本を繋ぐ未来~

2018 / 05 / 23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

株式会社DOYA 代表取締役社長 銅冶勇人さん

株式会社DOYA・非営利活動法人「DOOOOOOOO」を運営している銅冶勇人さん。「CLOUDY」というファッションブランドを立ち上げ、アフリカでの雇用創出を目的とした自社縫製工場を運営し、アフリカ伝統の生地を使った商品を展開しています。そんな銅冶さんに自身や会社、チームについてのこれからを聞いてみました。

銅冶勇人 (どうやゆうと)さんプロフィール
1985年8月 東京生まれ
2008年3月 慶應義塾大学 経済学部卒業
2008年4月 ゴールドマン・サックス証券株式会社 金融法人営業部入社
2010年11月 特定非営利活動法人Dooooooooを創立
2014年11月  ゴールドマン・サックス証券会社 退職
2015年1月 株式会社DOYA 創立 代表取締役社長就任
2015年9月 アパレルブランド「CLOUDY」創立

アフリカに可能性を増やしたい

CLOUDYの未来展望を教えてください

今アフリカで雇用を作って、学校を作って、教育を作っていますが、世界を変えたいとか、アフリカを変えたいとかではなくて、出会った人たちに可能性を増やしてあげられるようなサポートをしたいと思ってます。

僕たちに”アフリカの国が”や”仕組みを作っていく”などの権限はなく、結論、可能性を提供していくだけです。ただそこには、10年後日本で働いてくれるアフリカ人がいたり、日本の大学に進学できる子どもも出てくるかもしれないという思いがあります。そしてその子どもたちがいつかアフリカにその経験を還元していくことができると思っています。僕たちはまたそこで人材の発掘が出来ればいいなと思っています。水道も通ってないようなところから日本で働いたり、大学に進学することは夢のような事かもしれないですが、決してそう遠い未来ではないと思います。きっかけと彼らの意欲さえあればできることだと思っていて、リアリティをもってライフモデルまで持って行きたいと考えています。

スポーツの分野でも

アフリカ人はすごく潜在能力が高いけれど、それをどうマネジメントしてステップアップするべきなのか、指導する人が今のアフリカにはいないんです。そこをサポートできれば、近い将来Jリーグで活躍する選手が出てくるかもしれないと思ってます。それを見た別の子どもたちがまた可能性を広げる要素になるとも思っています。

ブランドとして

大きくしていきたいという思いはあります。大きくしたいといってもブランドの売り上げを上げていく数値的なものなのか、ひとりでも多くの人に手に取ってもらうという意味合いなのか、いろんな意味があると思いますが…。

僕たちが運営する「CLOUDY」にしろ「DOOOOOOOO」にしろ僕たちのチームで考えた時、常に何をするのかわくわくする「びっくり箱」のような存在でありたいと思ってます。例えば、社員の中には孤児院とかそういった施設を作りたいと思ってる人もいるのですが、このような施設も人材不足などの問題があって、もっとこんな施設で働きたいと思えるような”表現”をしていかなければいけないと思っています。ただこの問題は、働いている人たちが努力すべき事なのかなとも思っています。僕たちが運営しているNPOも含めて、日本のNPOで働きたいって思う人達って少ないですよね。それこそ新卒で働きたいと思う方ってわずかだと思うんです。これもやっぱり”表現”が足りてないところだなと感じてます。課題点や問題はありますが、他の人と同じようなことをするのではなく自分達にしか出来ないことをしていって、可能性を提供していければと思います!口で言うことは簡単ですが…「僕たちは必ずやります!

女性心を知る

CLOUDYの商品を作る上で銅冶さんが普段気にしていることはありますか?

個人的には女性の自己啓発本や女性のファッション誌をすごく気にして読むようにしています。このブランドを立ち上げるってなったとき、バッグを作るにしろ、ポーチを作るにしろ実際に女性ものを身に付けたことがなかったから分からなかったんです。(笑)その時改めて女性がどんな気持ちでどんなニーズでバッグやポーチ、洋服を身に付けているのか、「女性心」が分かっていなかったなと痛感しました。

アフリカのお母さんが手作りで作っているアフリカンファブリックを使用したポーチです。鮮やかな色合いで個性が光るポーチは、持ち運びに便利なサイズ。
<価格> 4,104円(税304円)

僕たちが作っているポーチは100人の方にアンケートをとって作っていて大きさ、形、何をとっても市場調査がすごく大切だと思います。そこで女性がどんなことを考えて服やファッション雑貨を使っているのかを知るためにも女性が目にする自己啓発本やファッション誌を意識して読むようにしています。今、特に良いなと思っている本がミスインターナショナルの日本代表を育てる先生をやられていた方のお話なんですが、そこからわかることで女性の目線で女性にこんなことを言ったら自信がつく、こんな言葉をかけたらステップアップに繋がる、そんなことが書かれているんです。僕自身の意見になるのですが、こういった女性への言葉は男性が1番知っておくべきことなのかなと思うんです。日本人の男性って「愛してる」や「綺麗だね」などの感謝の言葉を口に出しにくいところがあると思うんです。僕も普段、社員に対して言えてない部分があるんですけど…(笑)ですがそうゆう部分こそ大切で、口に出して言うべきことだなとも思います。女性ものを扱う仕事だからこそ女性の気持ちを知ることを意識しています。

関連記事
アフリカとの出会い、22歳の僕はそこで見た光景に突き動かされた
常にワクワクする「びっくり箱のような存在」になる~アフリカと日本を繋ぐ未来~
【新卒必見】22歳でビジネスチャンスを掴んだ社長が教える。チャレンジをするために必要な5つのこと

取材を終えて

今行われている仕事がいつかどんな形でも社会に貢献していれば、という思いがとても伝わってきました。分からないことは意識して取り入れる!そんな小さなところから努力していき生まれた会社であり、生まれたブランドなのだと思いました。取材のご協力ありがとうございました!

【今回お話を伺ったのは】
株式会社 DOYA
代表取締役社長 銅冶勇人(どうやゆうと)さん
所在地 東京都渋谷区恵比寿1-16-26 協和ビル201
代表電話番号 03-6459-3946
創立 2015年1月15日
事業内容
1.アパレル製品及びアクセサリーの企画、製造、販売並びに 輸出入
2.服飾雑貨及び日用雑貨の企画、製造、販売並びに輸出入
3.前各号に付帯関連する一切の事業
「CLOUDY」公式サイトはこちら
特定非営利活動法人Doooooooo 公式サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP