日本のアパレルブランド発。つくる人も笑顔になれるアイテムで広がるファッション×支援のかたちとは?

2018 / 05 / 25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

株式会社DOYA 代表取締役社長 銅治勇人(どうやゆうと)さん

今回お話を伺ったのは、株式会社DOYA、代表取締役社長の銅治勇人さん。同社が取り組む活動について取り上げます!

今注目の「エシカルファッション」

エシカルファッションとは?

「エシカル (ethical)」とは「道徳、倫理上の」という意味。「エシカルファッション」とは、つまり社会貢献や環境保全を考えたファッションのことです。気になるけど、ハードルが高そうだし、何から始めればいいのか分からない…。という方に、今回はつくる人も、買う人も笑顔になる!そんな日本発のブランドをご紹介します!

アフリカの伝統工芸やテキスタイルを洗練されたファッションに落とし込んで「AFRICA↔TOKYO」をアパレルでつなぐブランド「CLOUDY」。

今回は「CLOUDY」代表の銅治さんにブランドや製品を紹介していただきます!

好きなことに誇りをもって仕事を

製品が私たちの手に届くまでのストーリーを教えてください。

銅治さん
「CLOUDY」ではアフリカの伝統や特産品を取り入れた製品を作り、彼らが誇りをもって仕事ができるよう、好きなことを仕事にできるような取り組みを進めています。
アフリカの現地では自社縫製工場を立ち上げて、女性や障がい者の採用を積極的に行っています。現在では、約60人のスタッフがCLOUDYのものづくりを支えているんですよ。

商品のデザインを日本のスタッフが行い、それをアフリカで作ってもらっていますが、現地の工場で働くスタッフにも、得意・不得意があったり、一生懸命仕事をしてくれる人もそうじゃない人もいるんです。
アフリカの人って、同じものを作るのが苦手なタイプが多いのか、均一な製品として仕上げるのに苦労もあります。頼んでいた製品が日本に届いても「ぐにゃ」ってなっていたり(笑)またそれも楽しいんですけどね。「よくこのクオリティで納める度胸があったな~(笑)」なんてこともよくありますね。
でも、そこでルールや規則で縛るのではなく、根気強く指導することで、人材育成にもつながっていくと考えています。そうやって切磋琢磨することで、一本の軸が出来てくると思ってやっています。

ファッション×支援

ファッションでアフリカと日本をつないでいる「CLOUDY」ですが、私たちもつながれる方法ってありますか?

銅治さん
「CLOUDY」では、自社で運営するNPO、Doooooooo(ドゥ)を通して、売り上げの一部を雇用や教育の支援に還元しています。NPOでは「雇用・教育・健康」を軸に、過去に小学校を設立したり、500個以上のサッカーボールを送る活動を続けてきました。

例えば、ポーチがひとつ売れるごとに売上の10%を「雇用支援」に、Tシャツ1枚を買ってもらうと「給食10食分」がアフリカの子どもたちに届きます。

アフリカのお母さんが手作りで作っているアフリカンファブリックを使用したポーチです。鮮やかな色合いで個性が光るポーチは、持ち運びに便利なサイズ。<価格> 4,104円(税304円)

色鮮やかなアフリカンプリントはアフリカの民族衣装「キテンゲ」を使用しています。一部縫製をアフリカで行い、現地に雇用を提供。上質で着心地の良さを追求しています。<価格>4,860円(税360円)

支援や慈善活動についての考え方は人それぞれ。だけど、「あの団体なんかおもしろいよね」って言ってもらえるように活動しています!

オフィシャルサイトでDooooooooをもっと詳しく知る

おすすめアイテム

ひとつひとつの製品に想いが詰まっているんですね。おすすめのアイテムはありますか?


銅治さん
2018年SSの新作で、内側にアフリカの布地を使った「かごバッグ」や「クリアバッグ」を作りました。
「CLOUDY」のブランドの表現として、すべて現地で作る必要はないと考えているので、ブランドとしてかっこよく、みんなに受け入れられる商品を作っていきたいです。そういうところでは現地と日本、現地と中国、現地とほかの地域を組み合わせてもいいんじゃないかと思っています。

ガーナで職人が手作業で作ったカゴバッグ。 アフリカ生地を使用した巾着は結び目を自由自在に調整可能。<価格>12,960円(税960円)

ビニール素材を生かした円柱型のバッグに、アフリカンファブリック巾着を合わせたチューブ型バッグ。 巾着はお好きな柄をお選び頂けます。<価格>8,640円(税640円)

(クリアバッグ、写真左について)今年はビニール素材が流行っているので、流行りのなかで僕たちの「アフリカならではの部分」を表現するために生まれたバッグです。中の布地が取り外し可能で、選べるようになっているので、組み合わせによって10種類でも20種類でもパターンが出るようになっています。女性は選べるのが好きって聞いたので!
コンパクトで軽いので、浴衣に合わせたり、リゾートで使えたりと、いろいろなシーンに活用できるアイテムです。実は、アフリカのかごバッグが浴衣に合うのは、他の方に言われてはじめて気付いたんですけどね(笑)

すごくカラフルで素敵な製品がたくさんありますね!

銅治さん
アフリカのテキスタイル自体、ものすごくカラフルなものが多いんです。長くて暗い奴隷貿易の時代を経て、ハッピーな色や柄がアフリカのファッション文化に取り入れられてきた、という歴史があります。
それに、アフリカではものづくりが盛んで、手作業でものを作るという文化が根付いています。かごバッグはガーナの北部のボルガタンガという地域が有名な生産地で、そこのお母さんたちと一緒に作っていますし、ガラスの廃材を再利用したビーズは中部のコフォリドゥアという地域の特産品です。
僕たちは、普通のかごバッグを作りたい、というよりは「日本にないもの、アフリカならではのもの」をちゃんと使って作っていきたいと考えているので、その土地それぞれの伝統や特産にスポットライトをあて、良さを活かした製品作りを行っています。

どこで製品を買えますか?

銅治さん
現在は百貨店でのポップアップショップや、オンラインストアですね。FacebookやInstagramで情報を発信していますのでチェックしてみてください!

CLOUDYオンラインストアを見る

CLOUDYのFacebookを見る

CLOUDYのInstagramを見る

関連記事
アフリカとの出会い、22歳の僕はそこで見た光景に突き動かされた
日本のアパレルブランド発。つくる人も笑顔になれるアイテムで広がるファッション×支援のかたちとは?
【新卒必見】22歳でビジネスチャンスを掴んだ社長が教える。チャレンジをするために必要な5つのこと

取材を終えて

とにかく明るくてハッピー、かわいすぎるアイテムがいっぱいで思わず欲しくなっちゃいました!製品をつくる人も笑顔になれるものを持っていると、毎日がちょっと特別で素敵なものになりそうですね。また、支援の活動ってハードルが高いイメージでしたが、おしゃれしながら気軽に活動に参加できるのもいいですね!今のトレンドを取り入れつつ、人とは違う。そんなアイテムが「CLOUDY」で見つかるのではないでしょうか?

 

【今回お話を伺ったのは】
株式会社DOYA 代表取締役 銅治勇人さん
代表取締役社長 銅冶勇人
所在地 東京都渋谷区恵比寿1-16-26 協和ビル201
電話番号 03-6459-3946
創立 2015年1月15日
目的 1.アパレル製品及びアクセサリーの企画、製造、販売並びに輸出入
2.服飾雑貨及び日用雑貨の企画、製造、販売並びに輸出入
3.前各号に付帯関連する一切の事業
「CLOUDY」公式サイトはこちら
特定非営利活動法人Doooooooo 公式サイトはこちら

ライター・カメラマン/中村愛理(あいりーん)

奈良生まれ奈良育ち、カレーとお寺マニアな“WIZOOM編集部の母”、あいりーんです!
記事もカレーもピリッとスパイシーに。ちょっとパンチのある情報をお届けします!

【中村愛理(あいりーん)】の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

PICK UP